Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

友だち・ワイン・弾む会話の似合う店~乃木坂「ラ・スフォリーナ」

乃木坂と六本木のちょうど真ん中。
表通りから入ったところに位置するお店なので、喧騒とは無関係。
もちろんギラギラした灯とも無関係。
だから、お店についたときに、店内から漏れる光にホッとできる。
都心にありながらこういう入りは、とってもアドバンテージだと思う。

第一印象から受けるカジュアル・フレンドリーな雰囲気。
それがず~っと最後まで続くのもこのお店の一つの特徴。
人によって印象は違うことは承知で、私の基準で表現すれば、身の丈に合った感を楽しめるお店と感じ、一歩お店に足を踏み入れた時からリラックスして過ごせる空気をまとっているお店です。
お店の方に過度なサービスは期待しない、時に「すいませ~ん」があってもかえってカジュアルでいい、そういう距離感。

イタリアワインに定評のあるお店なので、かなりリーズナブルにイタリアワインのバラエティを楽しむことができるこちらには、同性の友人同士、比較的大人数で訪れるのが正解ではないでしょうか。
会話を弾ませながら、一本また一本とリストからオーダーしながら、時にリスト外のおすすめを楽しませてもらう。
そのワインを挟んでまた会話が弾む。
そういうリズム感。
IMG_3797.jpg

そんなお店に訪問した1月のある日、いただいたのは、以下のお皿たち。
真鯛のカルパチョ
IMG_3791.jpg

大麦とオマールのサラダ
IMG_3792.jpg

ビーツのスープにラビオリ
IMG_3793.jpg

牛ロースと
IMG_3794.jpg

プリン
IMG_3799.jpg

IMG_3795.jpg
本日も楽しい時間をありがとうございます。
これで私の分のお会計(ワインを飲んだ量に応じて臨機応変に按分)は11,200円。
お財布にも優しい、おいしい時間でした。
ご一緒した皆様、楽しい時間を共有いただきありがとうございました。
お店の方にもありがとうございました。

ラ スフォリーナイタリアン / 乃木坂駅六本木駅青山一丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

PageTop

2017.7.9(日) イタリアンランチの会 in 代々木上原【満席】

久しぶりにランチ企画です。代々木上原のリストランテにて日曜日のランチを企画しています。こじんまりとしたお店なので、席数は4席に限定させていただきました。抽選になってしまった場合には申し訳ございませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

日時:7月9日(日) 12時00分~2時間程度

場所:代々木上原某所

料金:お任せコース4,000円(税金・サービス料10%別途)に各自飲み物代、ランチの平均価格は8,000円台と思われます

募集締切:7月5日(水)夕方

募集席数:4席

ご希望の方は、サイドバーのメールフォームでお申し込みください。
ご質問等も同様に受け付けております。
メールのお名前の欄には氏名をご記入お願いいたします。

続きを読む

PageTop

世界中のワインに出会える~神泉「遠藤利三郎商店」

世界中のすべてのワインが好き
迷いなくそう言える私にとって、こちらは大変魅力的なお店
世界中のワインがほぼ偏りなくそろっており、ワインリストを見ても、壁一面に並んだワインを見ても、とにかくワクワクが止まらない

そろえているワインの大半は、手に届きやすい価額帯
比較的しっかり飲んで楽しんでも、1万円以内で収めることも可能
そうであれば、気兼ねなく誘える人もぐっと増えるというもの
複数種類のワインをボトルで開けて、それらのバラエティを楽しみながら「おいしいね」と笑いあう
そんな時間は、私にとってかけがえのない時間なのです

9月某日、暦の上では秋ですが、まだまだ夏の真っ盛りを思わせる頃
開店時刻と同時に予約をしたお店に向かって、渋谷駅から坂道をテクテク
汗ばんでいく自分を感じながら、頭の中に描くのはキリリと爽やかな泡
こんな日は、強めの泡と酸を楽しみながら会をスタートしよう、と心に決めて開店数分前にお店を訪問
開店時間きっかりまで外で待って、時間に入店
押上に比べるとこじんまりとした印象の店内です

本日集まったのはワイン好きの女性6名
6名集まりましたので、今回の会場はお店全体を見渡せる2階のお席
個室ではないのですが、開放感のある個室のような感覚で使えるのがうれしい席
事前に予約した一番リーズナブルなコースに合わせて、人数分のワインを楽しみました

いただいたのは以下の品々

アミューズはキュウリとホタテの冷製
IMG_3495.jpg

オードブルの盛り合わせ
IMG_3496.jpg

カラフルトマトのタルト
IMG_3497.jpg

ムール貝とあさりの白ワイン蒸し
IMG_3498.jpg

栗豚の炭火焼き
IMG_3499.jpg

鶏もものペンネ、トマトソース
IMG_3500.jpg

そしてチーズ
IMG_3501.jpg

人数分のワインを開けましたので、この日のお会計は飲んだ量に応じた臨機応変(適当?)で、8500円~11000円程度。
それでもやっぱりリーズナブルです。

最近増えているこの系のお店。
走りはやっぱり、同店の押上本店だった気がします。

本日も楽しい時間をありがとうございます。
とっても堪能した素敵な時間でした。

神泉 遠藤利三郎商店ビストロ / 神泉駅駒場東大前駅池尻大橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7





PageTop

意外性、遊び心~中目黒「クラフタル」

中目黒川沿い、駅から徒歩約5分
意外と界隈には知られた店が密集するこのあたり
桜の季節でなくとも、そこそこ賑わっている休日のディナータイム
集まっていただいた女性の皆様と、ネオフレンチをいただきに、こちらのお店を訪問しました

斬新なお皿が出てきたときの「わ~」とか「すご~い」の合唱が楽しいお店だから、基本は全員がそろってのスタート
なので、一人30分ほど遅刻者が出てしまったことをお詫びしたり、(なぜか)お詫びされたりで、本日のシャンパーニュ(9,000円)をいただきつつ、コースは、残念ながら30分遅れのスタート
改めてこの場で、お詫びを申し上げます。ご迷惑をおかけしました。

まずアミューズは、梨のソーダにスープを加え、石鍋には生ハムのエキスにかき氷
絶対に言葉だけで想像することは難しいお皿でスタート
このお店のキャラクターがスタートから炸裂といった感じでしょうか
IMG_3314.jpg

続いてはカリフラワーのパウダーを添えたつぶ貝、オクラ、海に見立てた緑のスープはキュウリのエキス
IMG_3315.jpg

ガリシアの手長だこのコンフィ、パプリカとガーリックを添えて、チップスはジャガイモ、ソースは卵とアンチョビだそうです
(写真なし)

パンはガリシア風の揚げパン
(写真なし)

カボチャ、マンゴーソース、花ズッキーニに白身のフリット、かぼちゃの種
(写真なし)

ハタ、アオリイカのレアにプラスアルファ、ソースはするめいかとオリーブオイル、炭化したナスとローリエを詰めて
ブリオッシュにイカ墨と黒オリーブ
IMG_3318.jpg

夏鹿のローストのソースは、レモンタイムオイルとウイキョウとペルーノを煮詰めたソース
ウイキョウと香味野菜のソース
IMG_3319.jpg

シカ肉ラグーソースにフォワグラ、巨峰のパイ包み
IMG_3321.jpg

飲んでいるワインはこちら
IMG_3322.jpg

モッツァレラのようなチーズに、ヨーグルトとバジル、レモンバジルのフリットでカプレーゼ風味
IMG_3323.jpg

紅茶のブリュレ、白桃のコンポート、桃のムースなど
IMG_3324.jpg

想像を超えた食材の組み合わせや調理方法、演出の仕方に、驚き飽きるくらいに「へぇ~」を連発した約3時間
ネオフレンチらしい遊び心満載のお皿たち
そして、今風ともいえる肩の力を抜いて楽しめる一見カジュアルな感じの内装
比較的さっぱりめのサービス

食通の友人たちとワイワイお皿に向き合うのが一番向いている使い方かしら?
そんな感想を抱いた初訪問

本日もありがとうございました。

クラフタルモダンフレンチ / 中目黒駅代官山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


PageTop

2017.6.9(金) 上質イタリアワインディナーの会 in 麻布十番【満席】

またまたイタリア続きで恐縮です。麻布十番のヴィニタリアにていつもよりやや上質のイタリアワインを楽しみつつのディナーイベントを企画いたしました。チョイスの価格帯は下記を参考にしてください。

日時:6月9日(金) 19時30分~3時間程度

場所:麻布十番「カーザ・ヴィニタリア」

料金:コースの場合は7,500円、アラカルトの場合もだいたいそのくらいで、通常のボトルの平均価格7千円程度ではなく1万台中盤のワインをオーダーしつつシェアして楽しみたいと思います。価格の総額は2万円程度になることを想定しております。

続きを読む

PageTop

気持ちの良すぎるBYO~代官山「アデニア」

代官山と渋谷のちょうど真ん中あたり。
少しお散歩を兼ねてなら、中目黒からも十分徒歩圏内。
そんなお店の前に立った時に感じたのは、ほっとした気持ちとわくわくした気持ち。
何度も前を通っては、いつか一度訪問したいな、と思い続けていたお店が目の前にあったことの嬉しさ。
まだ足を踏み込んでもいないのに、またひとつリピートしたいお店を見つけられたような予感を感じたのは、店構えが私の感性に訴えてくるものだけでなく、事前のお電話での対応が、とっても温かかったため。
実際にその接客も非常に心地よく、初訪問の日は昨年の6月で、その後、その際の同行者とともに、翌年の2月にもお店を訪問させていただきました。
そしてまた近日中に訪問の予約があるのもうれしいこと。

オーダーしたのは、過去2回とも6,000円のコース。
食べきれないほどの量が出てくるだけでなく、一つ一つがしっかりおいしいビストロ大皿料理。
メインの肉の種類を選ぶほかは、皆様の好き嫌いをお伝えしたうえでのお任せ。
スパークリングを含む飲み放題コースもついており、さらにワインの持ち込みもOK。
抜栓料もサービス料はとらないのに、嫌な顔どころか「うちはワイン会の利用が多いのですよ」と笑顔でサーヴいただけてしまう心地よさ。
ワイン好き、BYO好きなら、絶対にリピーターになってしまうこと間違いなしのこちらのお店で、初回及び2回目に味わったお料理は、以下の通り。

また次回もどうぞよろしくお願いいたします。

(2016年6月の訪問)
アミューズとしてフムス
シーザーサラダ
ワラサのカルパッチョ
パテ
キハダマグロのグリル、白ワインソース
オーストラリア牛のサーロイン
スペインの豚さんのロティ
イチゴソルベ

(2017年2月)
アミューズはブランダード
テリーヌ・カンパーニュ
クレソンサラダ(きのこのソテーが下に、上にはスパイスエッグ)
ワラサのカルパチョ
真鯛のポワレ、レモンとサフランのソース
ラムのもも肉のロティ
IMG_3091.jpg
IMG_3092.jpg
IMG_3095.jpg
IMG_3097.jpg
IMG_3099.jpg
IMG_3100.jpg
IMG_3101.jpg
IMG_3104.jpg
IMG_3102.jpg
IMG_3106.jpg
IMG_3109.jpg
IMG_3110.jpg
IMG_3107.jpg
IMG_3845.jpg
IMG_3848 (2)
IMG_3846.jpg
IMG_3847 (2)
IMG_3851.jpg
IMG_3854.jpg

アデニアビストロ / 渋谷駅神泉駅代官山駅

夜総合点★★★★ 4.1


PageTop

満席 2017.5.6(土) トスカーナディナーの会 in 恵比寿

イタリア続きで恐縮です。恵比寿のトスカーナ料理とワインを楽しむイタリアンにて、ディナーイベントを企画いたしました。バラエティに富んだトスカーナワインとともに、力強いトスカーナ料理を楽しみませんか?
日時:5月6日(土) 19時00分~3時間程度
場所:恵比寿「トスカネリア」
料金:6,000円(税・コペルト込)のコース料理をオーダー済みです。これに各人の飲み物を加えた金額。おおむね12000円程度になることが多いお店です。

続きを読む

PageTop

カーブドッチの真ん中に~新潟「ガーデンレストラン」

新潟の地にナパバレーを作りたい。
そんな構想で作られたこの場所を訪問した日。
カーブドッチワイナリーのお隣、エリアのど真ん中にあるこちらのレストランに夕食、翌日のランチと2回訪問。
まったく飽きることなく楽しめたのは、カーブドッチ内の各ワイナリーのワインを、複数種類グラスで楽しめることがうれしかったから。
そして、それらのマリアージュが実に楽しかったから。
最後に、場所にあぐらをかかない温かいサービスがうれしかったから。
もちろん、お食事も平均以上の味で、笑顔になれました。

まずは、夕食から。
マリアージュコースをオーダー。
エンドウ豆のスープと桜のブランマンジェとサクラマスのスモークには、フェルミエの2014ケルナーを。
IMG_3043.jpg

地鶏と春野菜のコンポゼ、ホワイトバルサミコとマスタードのソースには、ル・サンクの2014シャルドネを。
IMG_3045.jpg

白身魚とタケノコのソテーに若葉の香りをつけて、にはカーブドッチ2014シャルドネを。
IMG_3044.jpg

北海道産ワインラムのローストには、2013Bijouメルローとプチベルドを。
写真失念のため、お口直しの写真ですいません。
IMG_3046.jpg

スペシャルマリアージュとしてBijou2013のカベルネソーヴィニオン(90%)とプチベルド(10%)のワインも。
IMG_3048.jpg

チーズをいただいた後は、春イチゴのデザートを。
IMG_3050.jpg

そんな夕食に続く翌日のランチタイムも続けて。
ペアリングランチ、ということで、ワイナリー見学の後にいただいたものは以下の通り。

ブランドブランのスパークリングにサラダ
IMG_3051.jpg

この地に何故か合うアルバリーニョのさわやかなワインに合わせて鳥のスモークとマリネ
IMG_3052.jpg

サーロインステーキには少し高価格帯のBijouのカベルネソーヴィニオンを
IMG_3053.jpg

これにデザート
IMG_3055.jpg

この砂質土場がリアスバイシャスの地と似ているのかしら?
色々な要素があるのでしょうが、日本生まれのアルバリーニョがあること自体、この地に来て初めて知りました。そしてその美味しさに惚れて、昨日に引き続き本日もアルバリーニョ(^^)
IMG_3054.jpg

東京で見かけることはまずないので、この地を訪問する方は現地で飲んでも良し、お土産に買っても良し、ぜひ一度トライしてみていただくことをお勧めします。
まだまだ価格は張りますが、そんなワインを消費しながら応援して、生産量を揚げていくことに一役買えたら、こんなにうれしいことはありません。
これからもず~っと応援していきたい場所を訪れた貴重な二日間。
彩を添えてくださる思い出をありがとうございました。

カーブドッチその他 / 巻)

夜総合点★★★★ 4.1

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。