Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

広尾の人気イタリアン~広尾「ポンテ デル ピアット」

オープンから大分時間が経った3月のある日、ワインを楽しむ女性たちとのランチ会でお邪魔したこちらのお店
ACCAを懐かしむ気持ちや学芸大学のイグレックを懐かしむ気持ちが同時に到来
めまぐるしく変わる東京レストラン事情
新しいお店とはいっても、それを動かす人や、それを営む場所にはそれぞれ歴史があって、そのすべてが合算されて新しいお店が作られていく
一つ一つがここに新しく独立しているのではなく、ちょっとずつ絡み合って影響し合って成り立って行く
そんな風に感じた再会の場所と人

ランチタイムはとてもお手頃に楽しめるこちらのお店で、本日楽しんだランチコースの品々は以下の通り
アミューズ
スープは、ホタテガイのソテーと生ハム、カリフラワーのクレマ
イノシシのラグーソース カヴァテッリ
牛タンのフリット リボリータ添え
マスカルポーネクリームのミルフィーユ、バナナアイス添え

常に4を超える高評価の人気イタリアン
広尾の地に、しっかり定着しつつあるように見えます
ランチタイムのお得感しか味わっていませんが、そのお得感は本当に素晴らしいもの
食べて、飲んで、のこの日のお会計は、10000円未満
まずはランチタイムでお店を知って、ディナーへの足がかりを確認できるって、とても嬉しいこと
お久しぶりと共に、新しいお店を体験させていただきました

ポンテ デル ピアットイタリアン / 広尾駅恵比寿駅

昼総合点★★★★ 4.1

PageTop

あえてワインをお勧めしたい~渋谷「goo ITALIANO」

1月某日のディナータイム。
お邪魔したのは、とても混み合う土曜日の早い時間。
大学生又は卒業直後と思われる男女の大きなグループが一つ、店内中央の大部分を占めて楽しく盛り上がっていたある日のこと。
それだけ聞くと、うるさそうで嫌だわ…と思ってしまいそうだけど…
その賑やかしさに、眉をしかめることは一瞬もなく、逆に何度か微笑ましい視線を送らせていただいた理由は、
20%がそのグループのキャラクターゆえ
残りの80%はお店の底抜けに明るいカジュアルな雰囲気と接客のおかげ

この日は、お店の方と事前相談の上、定額でコースを組んでいただき、お気に入りのワインを持ち込ませていただいての女子会利用。
ごった返す店内にもかかわらず、的確なタイミングでサービスをしていただき、短い時間を利用しながらサービス方とワインのおしゃべり。
カジュアルなお店なのに、驚くほどワインの知識をお持ちのお店の方に、持ち込んだ1本1本のワインの物語をごくごく短時間の範囲でシェアさせていただきました
そんな風にお世話になったこちらのお店。
だから
ワイングラスがとってもカジュアルなものだったり、多少店内の声のボリュームが大きかったとしても、ワインを明るく楽しめる。
人にお勧めするとしたら、ぜひワインと共にをお勧めしたいレストランです。
お店のワインも、こういうサービスの方々が認めるものであれば、きっと楽しいと思うのです。

お店のスパークリングを味わった後、オーストリアの白ワイン、長野の赤ワイン、ボルドーの赤ワイン、オーストラリアの半甘口ワインと共に味わったお皿は以下の通り。
前菜盛り合わせ

サラダ

フライドポテト

チキンロースト

ラザニア

パスタ

本日も楽しい時間をご一緒した皆様とお店の方に、ありがとうございます!
下手の横好き的なワイン好き。
それは、こういう時間の積み重ねが、くれたもの。

goo ITALIANO渋谷イタリアン / 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

PageTop

上質なおもてなし~外苑前「アカーチェ」

2015年1月某日、ず~っと古くからあるお店といっても過言でない「アカーチェ」にようやくの初訪問。
気になり始めてから優に5年以上の年月がたってしまったのは、きっとずっとそこにあってくれるはず、という安心感。
行ったこともないのに、そんな気持ちを感じていたから。

会ったこともないけれど、そこにあるはずの温かいマダムのおもてなしを確信し、食べたこともないけれど、少量多皿のコース料理が絶対に満足させてくれることを確信しての初訪問。
お店に足を踏み入れた時に少しだけ感じたセピア色がかったような空気を感じたのは、ここが十分に時間をかけて熟成された場所になっていたから。
なじんだ内装が感じさせた印象。
改めて、遅くなった初訪問を反省。

こちらの空間は、たとえて言うならば、お世話になった目上の方のうちに訪問するような安堵感を感じさせてくれる場所。
包み込んでくれる温かい空気と、応援してもらえるような優しいまなざしが、適度な距離感で見守ってくれている感じ。

グラスのスパークリングからスタートしたこの日のお料理は、以下の品々

サーモンのマリネ、カルパッチョ仕立て

パルマ産プロシュートと柿

ポルチーニ茸のポタージュ

オマール海老のポルペット里芋のフリコ添え

からすみのスパゲッティ アーリオアーリオ風

自家製キタッラ キノコのラグー

トリッパの煮込み ミント風味(スペシャリテ)

バニラのジェラートが入ったフルーツのスープ

それぞれのお料理のタイミングでグラスワインを3~4杯いただき、この日のお会計は一万円台後半。
帰り際「また絶対に来ますね」
そんな言葉を言わずにはいられなくなるのは、多くの方に聞いた通り。

ここにあるのは上質なおもてなし。
昔から私のことを見守っていてくれた信頼できる年上の方の家庭にお邪魔した時に感じられる印象。
そんなイメージが、こちらのお店で受けた印象に一番ぴったりきます。

また行きます。
本当に。
そんな初訪問。

アカーチェイタリアン / 外苑前駅乃木坂駅表参道駅

夜総合点★★★★ 4.1

PageTop

感性で言葉をつかまえて~恵比寿「デラ・コリーナ」

2014年11月、寒くなり始めた季節の中、坂道を急いで登りながら向かった先は、恵比寿のデラ・コリーナさん
週末のこの日、7時を回った時間から店内はすでにかなりの賑わい
店内の女子比率7割超が効いていたせいなのか、お店の構造上音が反響しやすいせいなのか、お店の中央テーブルにお席をいただいた私たちを取り巻くすべてのテーブルから「盛り上がっています!」の楽しげな雰囲気(と声)
お店の名前には「リストランテ」とありますが、その響きにあるようなかしこまった雰囲気よりも、「トラットリア」的な賑わいが始まったばかりの週末を感じさせてくれるとても明るいお店
お料理やワインの説明をなさってくださるお店の方の明るい雰囲気も楽しげな、肩の力を抜いて楽しめるリラックスした雰囲気がただようお店です

本日は、お店既定の持込料とともにワインを持ち込ませていただいてのワイン会
やや多めの人数に嫌な顔一つしないで受け入れてくださったお店の方
ありがとうございます。

大きなテーブルの端と端との会話は難しいけれど、賑やかな雰囲気の中で好きなワインを楽しみたいときにはぴったりのお店
そんなお店でいただいたのは、以下のお皿たち

イギリスのスパークリングに合わせて会はスタート、お皿はとうもろこしのスープから

前菜の盛り合わせ(生ハム、サラミ、あんきものテリーヌなど)

鹿肉のラグーソースパスタ

お魚のメイン

デザート

週末はまだ始まったばかり
一週間お疲れ様と笑顔で週末をスタートできたのは、このお店の持つパワーが手伝ってくれたせいかもしれません

リストランテ デラ コリーナイタリアン / 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6

PageTop

眺望とフレンドリーなサービスとたっぷりのお皿たち~汐留「BICE」

とある平日のランチタイム。
思いもかけずに贅沢な時間を過ごさせていただいたのは、汐留のBICEさんで。
味と眺望とサービスの3点セットが揃ったこちらのお店で、以下のお皿と共に。

BICEコース、3,240円の最初の一皿は、ホタテのカルパッチョに野菜のカポナータを添えて、ソースはホワイトバルサミコ

ヒラメのラグーソースをスパゲッティで

骨付きラムラックのロースト、季節野菜とマスタードのソース

盛り合わせのドルチェはパンナコッタ、ラズベリーソルベ、トウモロコシケーキ

意外とビジネスランチのコースで苦手食材のヒアリングをしてくれるお店は少ないという実感がありますが、こちらではきちんと、最初に苦手食材を聞いてくださいます。
ですので好き嫌いの多い方とのビジネスランチでも、迷うことなくコースをお願いして過ごすことができるところがとてもうれしい。

お客様が大勢いらっしゃるランチタイムで100点満点のサービスというのはなかなか難しいですが、その部分は少し寛容になってもよいんじゃないかしらと思わせてくださる、リーズナブルなビジネスランチ。

抜ける景色の向こうに、心が晴れていく瞬間を感じたら、景色もサービスの一つと思うことができます。
スタックしている関係や局面を打破してくれる。
そんなきっかけを作ってくれれば、お邪魔した甲斐もあるというもの。
本日はありがとうございます。

ビーチェ 東京イタリアン / 汐留駅築地市場駅新橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


PageTop