Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

ありがとう~表参道「ラ・ロシェル南青山店」

グルメサイトのレストラン検索で何度もお見かけしたこちらのお店。
けれど、これまで私の心をあまりキャッチしなかったのは、いくつかの支店の存在のせい。
こちら南青山店のほか、渋谷店、溜池山王店など同じ名前が付いたお店の存在がもたらすのは、良く言えば安心感。
けれど…私が無知なせいかもしれませんが、それぞれのお店に個性を感じることが難しくなってしまい…あえて訪問する機会を作らずに、ここまで来てしまいました。

そんなお店に訪問するきっかけは、例によって提案から。
レストランで過ごす時間は、日によって、お皿によって、そして、ご一緒する人によって大きく彩りを変えるもの。
私と過ごすディナーの時間、そんな提案をいただいたから。

教会と同じ敷地内にあるこちらのお店。
数少ない土日の営業日には、かつてこちらのレストランで挙式をなさった大勢の新婚さんたち。
記念日の1日を本当に大切そうに過ごす皆さまの中に混じって、何でもない普通の1日を記念日のように大切に過ごそうとお店に足を踏み入れました。

肩の凝らない程度にドレスアップして向かった表参道。
楽しい時間の始まりは、コーナーのテーブル席で。
口の中でほろほろと溶けて行くような優しい味わいのお皿たち。
そこに秘めた精緻な構成は、残念ながら今の私にはハイレベル過ぎて理解できません。
けれど入門者の私でも、包み込むような優しさに素直に嬉しさを感じられるお皿たち。
出会ったのはそんなお皿たちでした。

十分素敵なレストランを、とても素敵なレストランに変えたのは、見せていただいたワインリスト。
見つめているうちにあっという間に時間が過ぎたそのリスト。
ワインがないフレンチなんて…と、つい言ってしまいたくなるほど私好み。

とても素敵なレストランを、必ず再訪するレストランに変えたのは、そんな私の楽しみ方を本当に喜んで下さった方々の存在。
この日選んだワインは、乾杯のシャンパーニュの後に、珍しくボルドー。
世界中のすべてのワインを愛しているけれど、こういうお店でいただくボルドー、ブルゴーニュにはやはり特別な魅力を感じます。
P1040176(1).jpg

いただいたコースは12,600円(サ10%別途)。
出てきたのは以下のお皿たち。

最初のアミューズ
P1040173(1).jpg

P1040174(1).jpg

エクルビス&スナップエンドウ豆のブイヨンにフレッシュ・アマンドを入れて
P1040175(1).jpg

編み笠茸とアスパラガスにエスカルゴのフライをアンサンブルにして
P1040177(1).jpg

ヒラメを二つの味覚に変化させて
P1040178(1).jpg

鴨さんの写真は省略して・・・
フロマージュで残るワインを
P1040181(1).jpg

お口直しのデザートの後にパイナップルと抹茶(だったかな?)のアイス
P1040183(1).jpg

レモンのパルファンに3種のハーブ
P1040184(1).jpg

楽しい時間はあっという間。
一瞬で過ぎ去った4時間は、こちらのレストランに魅了された何よりの証拠。
絶対に再訪するレストランが、再訪予定ありのレストランに変わったのは、そんな時の流れを感じた時。
ワインが好きです。
ワインを囲みながらゆっくり過ごすひと時が好きです。
そんな時間が心地良ければ、そこは私にとって再訪確実なレストランです。

だから、タイトルは「ありがとう」。
次のお約束なしには帰れない、そんなお店に出会ったのは、とても久しぶりのこと。
この空間に私というパーツを当てはめて下さったその嬉しい想像力。
永遠なんてものは存在しないから、幸せな時間には一生懸命向き合っていたい。
そんな時間を過ごしました。

ラ・ロシェル 南青山フレンチ / 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅

夜総合点★★★★ 4.5

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)