Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

露出抑えめ隠れ家イタリアン~学芸大学「Pontevita」

今年の4月7日、学芸大学にオープンした隠れ家的なイタリアン。
賑わうエリアからはちょっと外れていて、そのエントランスがちょっと引っ込んでいるせいで、お店の前に着いて初めてその存在に気付きます。
商売的にはもしかしたらとても厳しい立地なのかもしれないけれど、たまたまお店の前を通りかかれば「あら?こんなところに可愛らしいお店が!」と、ちょっとした発見に嬉しくなれてしまう効果が。
そんな露出抑えめのお店のエントランスは、白い木の印象がとても可愛らしく、女性一人でふらり、という訪問もきっとあり。
抵抗なく入れてしまうのです。
というわけで(?)思わぬ発見に縁を感じ、4月のとある平日、お一人様でカウンター体験を楽しんでまいりました。

まずはスパークリング600円をいただきつつ、メニュー選び。
初訪問ですから、お店のお勧めの味を堪能したいな、と、お任せコースをオーダーしました。
お任せコースは3800円~。
その日使用する食材によって価格が変動するそうです。
この日の私のコースは4,300円でした。

まずは自家製のフォカッチャとTigreのバゲット。
P1040048(1).jpg

5席あるカウンターを独り占めしてのお食事のスタートは、前菜の盛り合わせ。
カプレーゼ、真鯛とカブといんげん、タコとセロリのマリネ、です。
P1040049(1).jpg

カウンター以外にテーブル席も。
2人テーブルが7つあるからMAXは14人利用でしょうか。
その他にカウンター席が5つ。
住宅街の1軒として私がイメージするのはちょうどこのくらいの広さ。
多分それが私にとって心地良さを感じさせる広さなのかもしれません。

21時前後にちらほら入店されるお客様で、本日のお客様は7割の入り。
露出の少なさを考えると、ちょっとびっくりです。

焼きリゾットの上にやりいかのソテーを乗せて。
P1040050(1).jpg

チリのシャルドネ700円をオーダーし、樽の香りを楽しみながら…刻んだふきのとう、揚げた白魚を唐辛子風味でいただくパスタを。
P1040051(1).jpg

ヒラスズキのポワレの下にはポロねぎのピューレ、添えてあるのはラタトュイユ。
P1040052(1).jpg

最後のデザートは盛り合わせ。
ティラミス、パッションソースのかかったパンナコッタ、ヨーグルトのソルベ。
コースに付いているドリンクは、カモミールティーをチョイスしました。
P1040053(1).jpg

終始笑顔が絶えなかったフロア担当の女性の接客。
新しいお店ならではの清潔感。
比較的広いカウンターの居心地。
いすのクッションがちょうど良かったこと。
忙しくなってきたお店でそれらのよかったことを伝えることはできませんでしたが、きっと誰かが伝えてくれるかな、と。
隠れ家的に現れた新しいお店。
これから近所の皆さまに愛される過程で、いっぱいの笑顔を集めてくれるような気がしました。

Pontevita(ポンテヴィータ) イタリアン / 学芸大学駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。