Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

ラクに勝ち続ける働き方

こちらは本の名前。
ワークライフバランスで有名な小室淑恵さんの一番最近の著書です。
美容室に行く時、読むべき手近な本はないかしら・・・?
と書店に立ち寄った際に見つけた本です。

それにしても、とても刺激的なこのタイトル。
いつもだったら絶対に目に留まらない系統なのですが、今回は別。
最近、小室さんの講演を聞く機会があり、そのプレゼンテーション能力の高さにとても感銘を受けたことがきっかけだったのです。

いつもなら、「ラクに勝ち続けられる~???そんなうまい話があるわけないじゃない」で終わりになってしまいます。
が、ご本人の講演を聞いていた私には、なんとなく言いたいことが想像でき、決して「楽して丸儲け」的な本でないことがわかっていたからなのです。

集中力、効率を最大限に高めてメリハリのある生活を提唱するこちらの本。
小室さんの推進する8時間できっちり仕事を終える、という生活にはちょっと遠い感もある私の生活ですが、でも待てよ、と思います。

朝はかなり早く出勤し、夜もそれなりに遅くまで会社にいる生活。
休日も会社に出ていることが珍しくない生活。
けれど…どこまでが仕事?どこまでが勉強?どこまでが自己研鑽?と問われれば、それぞれを区分することは非常に難しいのが今の立場です。
その意味で考えれば、会社に滞在する時間こそ長いものの、小室さんの提唱するワークライフバランス、実は私は率先して実践しているのじゃないかしら?とも思うのです。

仕事とプライベートが混然一体となった生活。
メリハリとは違うけれど、私のひとつの憧れでもあります。
それは前向きに生きようと思った場合、それぞれを区分して考えるのが非常に煩雑だからでもあるのです。
それぞれの要素がそれぞれを高め合えるような関係を作れている生活ならば、それはそれで正のスパイラルになっているのではないかしら?そんなバランスもありなのではないかしら?

一見ワークライフバランスから遠くにありそうな生活の中で、本質は実はとても近くにいるんじゃないかな、と思えたことがこの本を読み終わっての収穫。
心の中でしっかりバランスを取りながら、自分と周囲の成長を促していけるような、そんな出来た女性を目指したいな、と(^^)。

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)