Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

野菜をいっぱい召し上がれ~奥沢『ラ・フィーユ』

奥沢には、人口に比べてたくさんのワイン処があると思っています。
フレンチ、イタリアンそしてワインバーなど。
美味しいワインとお食事を楽しめるお店がこれだけある街も珍しい。
そんな疑問はかねてから。
その疑問にひとつ答えを見つけたこの日。
きっかけとなったのが「ラ・フィーユ」さんの訪問でした。

食べログで入手したチケット。
6100円(サ10%別)のコースが半額でいただけるチケットを使って、2月某日ディナータイムに初訪問。

奥沢駅徒歩5分強。
お店に向かう間にもイタリアン、フレンチ、ワインと炭火焼…たくさんのワイン処を通り過ぎます。
フランス国旗が目に入る頃、発見したのはちょっと面白いワインショップ。
少数精鋭の品揃えが光るお店ですが、人通りもあまり見込めない場所にあるのはちょっと不思議。
と…よく見ればワインショップの裏手には有名なワインスクール。
「!!!」
ワイン好きの集う街奥沢だからこそたくさんのワイン処♪
納得です。

これから向かう「ラ・フィーユ」のオーナーシェフも通うというそのワインショップで少し時間をつぶした後、ようやくお店へ。
1階はキッチンと6人テーブルのみの小さなスペース。
2階に案内されすでに半分ほど埋まった店内の席につきます。

すっきりしたスティルワインがいただきたかったこの日。
まずは若いアルザスのリースリングで酸味を存分に楽しみます。
そんなワインを片手に選んだメニューは以下の通り。

まずはアミューズ、サーモンのムース。
P1030921(1).jpg

休日のディナータイムは家族連れのお客様がたくさん。
年配のお客様も多いのは、地元で愛されている証拠でしょう。

かにみそを使ったコールスローみたいなお皿(正式名は・・・失念なのです)。
あまりマヨネーズは好きではないのですが、コールスローだけは別。
HPにも出ていたこちらのお皿。
最初から気になる一品でしたので。
P1030922(1).jpg

目鯛のブイヤベース風味。下にはナスが隠れています。
P1030923(1).jpg

南仏の赤ワインをいただきながら、お肉は鴨の胸肉です。
P1030924(1).jpg

一皿のポーションがとても良心的なこちらのお店。
ぜひゆっくり時間の取れる日に訪問することをお勧めします。
ゆっくりいただかないと、途中でギブしてしまいそう。
それほどのポーションですから。

デザートはベリーのソースのブランマンジェ。
P1030925(1).jpg

本日は50%オフチケットを使用したため、コース料金はサービス料込で3350円。
いただいたのはプリフィックスコースですから、食材の原価カットや名ばかりの50%オフとは違い、お店に申し訳なくなるような充実のお食事です。

大好きな野菜がたくさん使用されたフレンチ。
地元に愛されている住宅街のフレンチ。
野菜をいっぱい食べたくなった時、お友達の家を訪ねる気分で訪問してみたいお店です。

ラ・フィーユ フレンチ / 奥沢駅緑が丘駅自由が丘駅

夜総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。