Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

小さなお店のカウンターで~銀座『天冨良 いわ井』

界隈には和食の有名どころがちらほら。
そんな銀座の路地裏に存在するのが『天冨良 いわ井』。
てんぷら屋さんの訪問はめったにない私ですが、機会が巡って来たのは2月のとある休日のこと。
お店の常連さんに連れて来ていただき、小さなお店のカウンターへ。
お店の規模からすればとても大きな人数での訪問。

お店の予備知識ゼロで訪問したこの日。
まさかカウンターをグループ利用する状況が待っていようとは思いもよらず。
(でも天ぷら=カウンターって常識的な構図ですよね…^^;)
珍しい経験にややおどおどしつつ天ぷら&シャンパーニュのマリアージュを楽しんでまいりました。
P1030875(1).jpg

まずは無難にアンリオと合わせたのは子持ちやりいかのお通し。
ゆずの風味がとても爽やかです。

海老の頭をカリッといただいた後…
P1030877(1).jpg

海老2尾をひとつは塩で、ひとつは天つゆでいただきます。
シャンパーニュはあまり詳しくない私にはちょっともったいないシャンパーニュ(2000年の某メゾンのブラン・ド・ブラン)をいただきつつ、しいたけの天ぷら。
笠の部分に海老を敷いて、過剰な油の吸い込みを防止している技ありの一品。
P1030880(1).jpg

くわいの天ぷらは、95年のアンリオと合わせて。
P1030883(1).jpg

多数で訪問すると、シチュエーションに合わせてボトルを開けられるところが嬉しい。
途中燗酒も織り交ぜつつ、シャンパーニュを存分に楽しみます。

ふきのとうの天ぷらの後は、あなごの天ぷら。
P1030885(1).jpg

そして、からしの風味がついた香のもの。
P1030886(1).jpg

最後のかきあげは白いご飯と別々でいただきました。
P1030888(1).jpg

お店には立派なセラーに立派なワイン。
最近はワイン&天ぷらを楽しめるお店も増えているのかしら?
中華料理、和食といったジャンルでもワインを見かけることが多い今日この頃です。

こちらの天ぷらはとても軽やかな仕上がり。
泡と合わせていただくお昼の天ぷら。
なかなかいいものだな、と思います。
事前に抱いていた「重そう」などというイメージのかけらも感じなかったお昼時。
天ぷらの食後感が意外とヘルシーなことに気付いた2月のある日でした。

天冨良 いわ井 天ぷら / 銀座駅日比谷駅有楽町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)