Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

ほんわかフランス食堂~牛込柳町『ル・デッサン』

あまり馴染みのない牛込柳町駅。
その駅のほぼ真上に存在するのがこちらのお店。
12人も入ればいっぱいになってしまうそのお店は、ご夫婦で経営していらっしゃる小さなお店。
気軽に立ち寄れそうな雰囲気を持ったお店ですが、人気店のため特にランチは予約必須。
12月のとある休日、約1か月前に入れた予約を楽しみに初訪問。
奥様の笑顔に迎えられて約1時間半のランチタイムを堪能してまいりました。

ランチは2種類。
メインが一皿か二皿かの違い。
この日オーダーしたのはメイン一皿のコース。
その価格なんと1950円。
サービス料もなし、ですから、皆さんおっしゃる通りとてもリーズナブル!

そんなCPに敏感なのはやっぱり女性。
この日店内を埋め尽くしたのは全員女性。
狭いお店の中で耳に入ってしまう会話から判断するに…お客様の過半数は主婦の方。

まずはロワールのソーヴィニオン・ブランとともに味わったのは帆立のムース。
P1030691(1).jpg

上にかかっているのは酸味のさわやかなトマトのジュレ。
添えられた可愛らしいお野菜にも酸味が効いているので、ワインの酸味とフィットします。
ワインをいただいているお客様がほとんどいらっしゃらないことをとてももったいなく感じてしまうほど。

次いで、シラーとカベルネ・ソーヴィニオンから作られる南ローヌのワインをオーダーし、合わせたのは(順番が逆…?^^)鴨のコンフィ。
P1030692(1).jpg

わかりづらいかもしれませんが、とても大きなポーションで供されたこちらのお皿。
コースの価格を考えると本当に嬉しい限り!

デザートも嬉しい盛り合わせ。
P1030693(1).jpg

ココナツのソルベ、マンゴーのソルベ、バナナアイスといった3種のアイスの中で特に◎はココナツのソルベ。
そのコクが濃厚でとても味わい深いもの。

個人的にご夫婦で経営されるお店には独特のあたたかさがあると思っています。
二人で協力し合って…という姿勢がとても好ましく見えます。
美味しいお食事、ワイン以外にも形のない温かいものをいただける。
そんな感覚を覚えることも珍しくありません。
そんなお店で、この日も楽しいひと時を過ごさせていただきました。
これからもたくさんのファンの気持ちを温め続けてほしいな。
そう思いながらお店を後にできることも、お店のサービスのひとつ。
少なくとも私にとってはそれも立派なサービス。

12月の寒い日、ご夫婦の温かさがにじみ出たお店で過ごすランチタイム。
そういう温かさのかけらでも私にあれば・・・なんて思わなくもないけれど、
それはお食事とは関係のないお話。
流れてゆく時の中でどんな時も助け合える関係って素敵だな、私の目にはそう見えました。

ル・デッサン フレンチ / 牛込柳町駅若松河田駅早稲田駅(メトロ)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)