Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

2度目の正直に~東京『オー・グー・ドゥ・ジュール・ヌーヴェルエール』

12月の休日、女性同士でランチ訪問。
こちらにうかがうのは初めてではないけれど、レビューは初めて。

前回もとても美味しいと感じたようにも思うのですが、いかんせん記憶がとてもかすか。
それはご一緒した方々とのおしゃべりに集中しすぎたため。
という訳で個人的にこの日の訪問は、念願の再訪。
美味しかったというかすかな記憶を確かな記憶に変えたくて。
ご一緒いただいたのはいつも私のモチベーションを上げて下さる女性たち。

この日も満席の店内。
ビックリしたのは全てのテーブルのお客様が女性だったこと。
「女性が多いな」と感じることの多いランチタイムですが、全員女性だったのはこれが初めてかもしれません。
女子高のようなノリでやや賑やかな店内。
いつもとはちょっと違う風景ですが、なんだかとっても楽しい気分!

オーダーしたのは3800円のプリフィックスコース。
追加料金のお皿もありませんし、サービス料もなし。
本当に3800円ぽっきりのお得な価格設定。

まずはピエール・ジモネのブラン・ド・ブランで乾杯し、アミューズはシャラン産鴨の胸肉のカルパッチョ、ソースはマンゴーソースで。
P1030641(1).jpg

前菜はサーモンの軽い燻製、白ワサビのソースが軽快な刺激を加え、上の細いキュウリが爽やかなアクセントを与えている一皿です。
P1030642(1).jpg

合わせたワインはアルザスのビオ。
幾種かのぶどう品種が白ワインに厚みを与えてくれるから、それぞれの好みでオーダーしたバラバラの前菜にもそれなりにフィットしてくれるのが嬉しい。

ついで本日のお肉料理。
P1030643(1).jpg

豚足と豚肉を細かく刻んだものをパート・フィロで包んで焼き上げたもの。
かなり濃厚なこちらのお皿にはミディアムとフルのちょうど中間くらいのグラスワイン(メルロー主体)が合います。

アヴァンデセールのティラミスはチョコレートパウダーをヘーゼルナッツパウダーに変更していただき、この通り。
P1030644(1).jpg

デザートに選んだのはゆずのクリームブリュレ。
P1030645(1).jpg

上に乗ったのはトンカ豆の入ったバニラアイスクリームです。
香りはとってもスパイシー&爽やかですがお味はとっても濃厚。
メイン一皿のコースでも十分満腹!なのです。

最後にごあいさついただいたシェフは前回と同じく、とても優しい印象を与える方。
お客様の要望にとことん応えちゃおうとしてしまうから、色々大変なこともあるのだろうな、と拝察いたします。

最近、朝が早いので、フレンチと言えばランチがお気に入り。
こちらのランチは大人気で予約がとても難しそうですが…可能であればふらりと独りで来たいもの。
カウンターでゆっくりと過ごすお一人様のランチタイム。
そんな時間も優しく流れて、日々の疲れを癒してくれそうです。
また近いうちに訪問できたら幸せだな。
そんな食後の感想に包まれたとても満足なランチタイムでした。

オー・グー・ドゥ・ジュール・ヌーヴェルエール フレンチ / 大手町駅東京駅二重橋前駅

昼総合点★★★★ 4.5

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)