Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

赤坂『赤坂砂場』~お蕎麦入門編☆22

12月のとある日、14時頃の溜池山王。
中途半端な時間の短いランチタイムなら…やっぱりお蕎麦屋さん?
ということで付近を検索。
真っ先に飛び込んできたのがこちらのお店。
パークタワーから歩いて10分弱。
大都会の真ん中にちんまり存在する赤坂砂場さんを初訪問してまいりました。

古びた外観のわりには綺麗な店内。
虎ノ門の「大坂屋 砂場」さんと同じく、古びた雰囲気を維持した新しいお店なのかしら?などと考えつつ案内されたのは小上がり。
自分で選ぶなら絶対にテーブルですが、14時という時間にもかかわらず満席の店内。
席のわがままは言えません。
こんなに有名なお店なのに、こんなにこじんまり。
きっとこちらは常時満席のお店なのだろうな、と想像します。

オーダーしたのは親子南蛮。
冬ですから温かいお蕎麦が気になります。

「大変長らくお待たせいたしました」と言われつつもほどなく出てきたお蕎麦。
それは、卵の感覚が独特のお蕎麦。
P1030640(1).jpg

たっぷりのねぎ、かしわ…そして、高温で長い間温められたと思われる卵。
ふんわり、ではなく、つゆに溶け込むほどに細かい分子に細分化された、そんな表現が似合う卵。
十分に溶いた溶き卵を、熱いつゆの中でたっぷり泳がせた、そんな感じかもしれません。

お蕎麦を研究する!というのなら、本当はもりのほうが良いのでしょうが、自分の好みには逆らえません。
今日のオーダーですと、残念ながら初心者の私にはお蕎麦の個性をしっかり捕まえることはできません。
けれど、蕎麦湯とともに最後の1滴まで飲みほしたそばつゆの美味しさは存分に堪能(^^)。
あちこちに存在する「砂場」。
そこに共通項があるのかないのかはまだわかりませんが、次はいくつか砂場系を回ってみようかしら?
楽しみながら、まずは経験をたくさん積まないと、ですね♪

室町 砂場 赤坂店そば(蕎麦) / 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

昼総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。