Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

駅近のニューオープン小皿イタリアン~恵比寿『ATRIO CUCCINA TACUBO』

Ariaのあるビルの1階、カフェからトラットリアに生まれ変わったのがこちらのお店。
P1030398(1).jpg

プレオープンの翌日、オープン初日にお邪魔してまいりました。
Ariaは、ちょっとした記念日に、こちらは普段使いで、とコンセプトを聞かせていただきましたが、5500円(コペルト500円別、税サ込)で小皿12皿とメイン料理が味わえるコース1本勝負のこちらのお店。
お皿の出し方を順不同とするなど、コストや手間を省いてCPにこだわったお店です。

ワインのボトルは5,500円と7,500円の均一価格。
かなり絞ったラインナップですが、イタリアの南から北まで満遍なくリストにONされていますので、その時の気分でチョイスすることも可能。
この日は、スパークリングをグラスでいただいた後、白は南から、赤は北から選択。
白ワインは若干酸化のニュアンスがあるものの、土着ぶどうの面白さを味わわせてくれる1本。
赤はネッビオーロらしい酸と香りが楽しい1本。
お皿の傾向に合わせて選ばれているワインですから、軽快な印象のワインです。

さて、お料理を振り返りますと…
・ サンダニエーレ産 生ハムとピオーネ
P1030404(1).jpg

・ 瞬間燻製をしたかつおのカルパッチョ、下にはグリル野菜をバルサミコで和えたもの。
P1030403(1).jpg

・ コロコロ野菜のバーニャカウダ。これと決めた農園から仕入れたお野菜を使っているそうです。
P1030402(1).jpg

・ Bio野菜のサラダ、たっぷりのハーブを添えて。こちらもやはりこだわりの農園さんから仕入れたものだそう。
P1030405(1).jpg

・ 中勢以で熟成させた但馬牛のタルタル 上にはペコリーノチーズがかかっています。
P1030406(1).jpg

・ 色々なきのこのセモリナ粉のフリット
P1030407(1).jpg

・ 3種のトリッパのトマト煮込みはとても優しいお味。トマトの甘さが際立ちます。
P1030408(1).jpg

・ ズワイガニのアランチーニ香草風味、小さなライスコロッケのイメージで。
P1030409(1).jpg

・ 釧路産 秋刀魚のベッカフィーコ、いわゆる香草パン粉焼だそう。
P1030410(1).jpg

・ 鯖となす・スカモルツァチーズのグラタン、トマトソースが美味しいアクセント
P1030411(1).jpg

・ サルディーニャ産のカラスミと野生えのきのスパゲッティ、味付けの主役はオリーブオイルです。
P1030412(1).jpg

・ シャラン鴨の煮込みで和えたタリアテッレ、パスタは自家製です。
P1030413(1).jpg

・ 本日のメインは山伏豚のロースト。赤ワインビネガーを使ったソースでさっぱりと仕上げてあるので、ネッビオーロの酸がとても良く合います。
P1030414(1).jpg

小皿とはいえ少食の私には12皿はかなりのボリューム。
パスタ2品のポーションをかなり落としていただいてなんとかメインまで完食。
たくさん召し上がれる女性でしたら、ポーションそのままでちょうど満腹くらいのボリュームだと思います。

そして・・・別腹のデザートはこちら。
P1030416(1).jpg

生のハーブティーを合わせてしっかり堪能。
P1030417(1).jpg

普段使いとおっしゃる通り、この日のお会計は1万円未満。
確かに、4階Ariaよりお財布に優しいお店です。
Ariaのようなワインリストのバラエティは楽しめないけれど、それは使うシーンが違うのですから当然かな、と思います。

おひとり様で訪問すれば、席間隔の広い大きなテーブルを使わせていただけるそう。
「いつでもお気軽に」のコンセプト。
恵比寿の街にはとてもよく似合います。
普段着感覚のちょっと贅沢な夜、一人でゆっくり楽しみたいとき、ふらりと立ち寄れるお店であって欲しいな。
ゆっくりした時間を過ごしたこの日、そんな想いを抱いて帰途に着きました。

追伸:いただいたバラのお花は2週間ももちました!ありがとうございます。

Atrio Cucina Tacubo イタリアン / 恵比寿駅代官山駅中目黒駅

夜総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)