Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

引き上げ湯葉を楽しみながら~銀座『梅の花』

10月のある日、およそ10名のお席を設けてこちらを訪問。
銀座2丁目、並木通り沿いのビルの5階に位置する『梅の花』。
湯葉、豆腐⇒ヘルシー、という発想からずっと行きたかったチェーン店ですが、訪れたのはこれが初めて。
幹事を任された役得?で、行きたかったお店をチョイス。
オーダーしたのは、極~きわみ~のコース。
通常5600円のところ今なら4800円、と勧められたからです。

まずは、3段重ねになった小鉢たち。
P1030332(1).jpg

季節のおひたしや、湯葉煮がお上品に最初からテーブルにセッティングされています。
生ビール、ハウスワイン等をいただきながら、テーブル中央の豆乳鍋が湯葉を作る音(コトコトコトという軽く煮立つ音)を聞きます。

茶碗蒸し、お造りと出てくる頃には、引上げ湯葉タイムもスタート。
P1030333(1).jpg

ちょっと目を離すとすぐに新しい湯葉ができているので、お酒をついで回ったり、湯葉を引き上げたりでちょっと手元が忙しい私です。

こちらはかにしゅうまい。
P1030334(1).jpg

おしのぎは、レンコンが入った大根もちのように感じたのですが、一体これはなんだったのでしょう?(ワインサーヴ中の出来ごとにつき、説明を逃した気がします。)
P1030335(1).jpg

生麩田楽と揚げ豆腐。
P1030336(1).jpg

メイン料理は冷製のアワビのジュレがけを選びました。
P1030337(1).jpg

マツタケご飯とお椀、香のもの。

最後のデザートは栗の渋皮アイスをチョイス。
P1030338(1).jpg

湯葉や豆腐がたくさん顔を出すこちらのコース。
食べれば食べるほどヘルシーな気がします。
そんなのは誤解とはわかっていても、嬉しいものなのです。

こちらのお店には、3000円(ハウスワイン)~1万円台までのワインが15種類ほど揃います。
メインの選択にもよりますが、コースの終盤まで白ワインで楽しめるので、赤ワインは4種のみの品揃え。残りはすべて白、又は泡です。
お店の中は個室がほとんど(全部?)。
小道に見立てた廊下の左右に自動扉の障子戸が並びます。
ちょっとした接待やあまり人目につきたくないお席にも対応できそうな内装です。

ご一緒した皆様に、楽しい3時間をありがとうございます、とご挨拶して帰途へ。
翌日いただいたメールには…「次回はお好きなフレンチで大丈夫ですよ、我々付いていくだけですから、どうぞお好きなジャンルで」と。
…次回も幹事確定…了解しましたっ!

梅の花 銀座並木通店豆腐料理・湯葉料理 / 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)