Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

秋がとても楽しみです~五反田『BONHOMIE』

目の前にある有名なパン屋さんにお邪魔した時には気付かなかったけれど、真新しそうな白い外壁が爽やかな五反田『BONHOMIE』。
ボノミーと読むそうです。
今年7月にOPENしたこちらのお店は、五反田ではちょっと珍しく(?)ちゃんとしたフレンチが楽しめるお店。
価格的に考えるとビストロ、と呼ぶのが正しいのかもしれませんが、落ち着いた内装を知った今、あえて「レストラン」と呼びたくなるお店。

前日のガッツリ系ビストロの影響が懸念されたこの日。
訪問直前にようやく空腹を感じ始めたのは本当に幸運。
リーズナブルなお皿は、どのお皿もとてもしっかりしたポーション。
400円で食べ放題となるバゲット(カイザーさんのものだそうです)とポテトグラタンの存在も考慮すると空腹状態の訪問以外マナー違反に感じてしまうお店だからです。
P1030249(1).jpg

そんなお店には、いかにもビストロ風な良質カジュアルワインが揃います。
この日は4000円台でニュジーランドはデルタヴィンヤードのピノノワールをオーダー。
同じものを4000円きっかりで出すお店も知っていますが、それはお得な部類。
恐らくすべてのワインが標準的な価格付けの範囲内で構成されているように思えます。

1本をちびりちびりといただきながら味わったお皿たちをご紹介すると以下の通り。
いつものことではありますが、おしゃべりに夢中になってうっかり食い散らかし写真になっているものもいくつか・・・すいません・・・

(アミューズとして供されるパルメザンチーズをまぶしたラスク、止められない止まらない…のスナック感覚)
P1030247(1).jpg

(豚肉のテリーヌと自家製ピクルス:濃ゆいお味にビストロの元気を感じます)
P1030248(1).jpg

(手長エビのカダイフ包み、サラダ仕立て:パリ、サクっを味わった後、しっとりと表現できるようなエビに到達。美味しい。)
P1030250(1).jpg

(ハモのムニエルとジロール茸のソテー、赤ワインソース。これより少し前のシーズン、日本料理でよく見かけるハモですが、こんな調理方法でいただくのは初めて。独創的なだけでなく、ちゃんと美味しいが伴っている素敵なお皿です。最後余韻に軽い苦みを感じるのが絶妙のアクセントだと思うのですが、それはジロール茸から来ているようです。)
P1030251(1).jpg

(ホロホロ鶏のロースト、インカの目覚めのソテー添え。こちらは柔らかいお肉の甘さとインカの目覚めの甘さ。異種の甘さを楽しみながらいただくお皿。)
P1030252(1).jpg

あまりの満腹にデザートもチーズもパスして、残るワインのみを堪能。
落ち着いた内装が、ワインだけの時間も非常に快適にさせてくれる嬉しいお店です。
いかにもビストロ…というお店では、お料理が終わると早く席を空けてあげないといけないかしら?と感じてしまう小心者の私。
大好きなマホガニーブラウンのテーブルが、ワインだけでも平気みたい…という気分にさせてくれるのです。

帰りにお見送りいただいたまだお若いシェフとスタッフの皆さま。
どんどん人気が出てきて、気軽にうかがうことは難しくなるんだろうな…そんな予感のするお店でまたお会いできるのはいつの日かしら?
願わくばもう一回くらいふらりと寄れるといいけれど。
出来れば食材の豊富な秋ごろに。

五反田という意外な立地に現れた素敵なお店。
普段着感覚でお邪魔できる落ち着いた「レストラン」でした。

BONHOMIE フレンチ / 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

夜総合点★★★★ 4.5

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)