Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

女性の損得~接待編

ちまたには「女性だから損」と言われる場面があります。
逆に、「女性は得だよな」と言われる場面もあります。
どの場面でそう感じるか、は人それぞれだと思いますが、女性ゆえの損得はやっぱりあるよな、というのが私の実感です。

その一つが接待。
私の働く環境は圧倒的に男性社会。
だから接待のお席は、する場合もされる場合も男性比率が高いのが特徴です。
私以外に女性がいるお席のほうが珍しいから、肩身が狭い…?というと、実はそんなことはないのです。

ちやほやされる年齢はとっくに過ぎているけれど、その席の中でやはり私は異質な存在。
男性ならば、「普通はこう振舞う」「普通はこの程度気を効かせる」等、神経をすり減らすことも多いと聞く接待。
それは、接待の場に比較対象の男性が存在するから生じる問題。
その点私は違います。
比較対象がいない私は、のびのびと自然体で過ごすことを許される(ように勘違い?)思えることが得なのです。
男性よりずっと自然に接待の場に入っていける。
そんな恩恵を受けているのです。


だから決して接待でも繕いません。
それがかえって誠実だと思いますし、経験上、そのほうがずっとその場の雰囲気がよくなることを知っています。
接待⇒気疲れ、とならないのは女の特権(多分…)!
周囲の男性を見ていると、お食事会と同じ気持ちで接待に行ける私は、申し訳ないくらい楽。
だからせめて心から楽しんで場の雰囲気を明るくしたいな、と思います。
それで周囲の男性の苦労をほんの少しだけでも少なくできたら…申し訳ない気持ちもちょっとは小さくなる気がします。
だから今日もいつものままの私で。
繕わないお席を楽しみに、行ってきま~すっ!

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)