Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

笑みの溢れる店内で~恵比寿『サリュー』

最後に訪問したのは恐らく3年近く前のこと。
一緒にうかがった後輩の「ワインを少々いただいても1万円未満で収まるお店」の言葉通りリーズナブルなお店でしたが、お値段のわりにとても印象が良かったと記憶しています。
いつかフレンチを色々めぐった後、また訪問したいな、と思ったお店でした。

8月のとある平日の夜。
思ったよりも早く仕事が終了したので、思いついてふらりと一人で訪問。
女性ばかりの店内にびっくりしながら、お店に入り…いただいた席は3年前と同じ席。
とても懐かしい気持ちでメニューを拝見させていただきました。

連日の飲酒をプチ反省し、控えめにワインをいただきながら味わったお料理は以下の通り。
(オレンジピーマンのムース、冷製野菜とスモークサーモン添え:ムースの甘味とソースの酸味のコンビネーションが素敵なお皿。とてもクリーミーな優しいお味なのですが、夏らしいさっぱりとした印象も併せ持っています。この色合い、女性ばかりの店内に非常にフィットします☆)
P1030133(1).jpg

(フランス産うずらのロースト、茸のソテーと人参添え:ポーションが大きめのお店なので、こちらはポーションを落としていただいたお皿。ソースに非常にコクがありますので、十分に火を入れたうずらが合うのかしら?好き好きだとは思いますが、しっかりしたソースであればこの弾力も素敵かな、と。)
P1030134(1).jpg

(コーヒーとともに味わったデザートはあんずとくるみのチーズケーキ。濃厚なチーズの風味とウォッシュチーズっぽい外観がフロマージュ欲を刺激します。もう少しワインをいただく日であれば間違いなく、デセールではなくフロマージュを選んでいたことでしょう)
P1030135(1).jpg

笑顔を絶やさないサービスの方々と女性ばかりの各テーブルから溢れる笑み。
南フランスっぽいお店の内装にたくさんの笑みがこだまする店内は、お一人様の淋しさなど微塵も感じさせないもの。
「またどうぞ」とお見送りいただいたシェフにもやっぱり柔らかな笑み。
3年前の記憶通り、やっぱり素敵なお店です。

前回訪問時のおしゃべりのテーマは確か「女性が働き続けること」。
まだ結婚相手に巡り会っていなかった後輩にとって、当時最大の悩みは未来が見えないことへの不安。
「家庭」「仕事」「その他」…漠然とした不安感が日々の生活に影を差していたように思います。
そんな後輩も間もなくお母さん。

彼女と再び「女性が働き続けること」をテーマにお話しする機会はないような気がしますが…
これからもきっと私は働き続けるんだろうな。
働いているからこそレストランが楽しいの~、とか言いながら…(^^;。

サリュー フレンチ / 恵比寿駅広尾駅代官山駅

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)