Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

住宅街で集客力!~学芸大学『碑文谷テラス』

学芸大学、都立大学、西小山…どこの駅から歩いても15分前後かかる場所に『碑文谷テラス』。
サレジオ教会の真向かいで、ガラス張りの涼しげな外観と周囲の緑が目を引くお店。

7月の休日。
たまたま近くに用事があったため、こちらを訪問。
不便な立地にあるお店は「思いがけない掘り出し物を見つけた」という気分にさせてくれるもの。
けれど意外なほど後から後から訪れるお客様。
11時半OPENの30分後、お店には7割程度のお客様。

いらっしゃるのは、20代~70代?のお客様。
楽しそうにブランチを楽しむ光景が、なんとなく「外国」を連想させます。
天井が高く明るいお店。
そこに集うたくさんの家族の姿。
そんな光景は、どことなく私の中の西海岸又はハワイのイメージ。
お客様はお近くにお住まいの方々がほとんど。
それはカジュアルな服装や犬を連れているところからうかがえます。

平日はランチコースがあるそうですが、休日はアラカルトのみ。
この日は、グラス白ワインと共に、以下のお皿をシェアしました。
(ニース風サラダ:揚げごぼう、葉っぱの下にレバーがコロコロ。食べかけ写真ですいません。)
P1030076(1).jpg

(シェーブルチーズとフルーツトマト:お好みでヨーグルトをかけていただきます。シンプルな味が好きな方であればヨーグルトをかけないでも十分美味しくいただけます。)
P1030075(1).jpg

(ガーリックトースト2切れのついたミネストローネ)

これらにバゲットをオーダーして楽しんだこの日のブランチ。
メニューには、何種類かのパスタ、ピザも。
私たちはいただきませんでしたが、多くのテーブルではパスタ又はピザをオーダーされていました。

グラスワインの品揃えは赤白各1種のみ。
スパークリングのグラスはなし。
けれどボトルワインにはある程度の選択肢がありますし、カクテル類も比較的豊富に揃っています。
アルコールと言えばワイン、という馬鹿のひとつ覚えの私には淋しい品揃えですが、飲める方とご一緒するのであればボトルワイン(またはシャンパーニュのハーフボトル)をオーダーすればよいだけのこと。

意外な立地。
なのに人気。
しっかり地域に溶け込んで、地域の皆さんに愛されているのですね。

個人的にはこの近くに懐かしい思い出があります。
20年以上前の話ですが、お食事と共に呼び起こされたのはそんな懐かしい記憶と気持ち。
懐かしさにひととき童心を思い出したお昼時。
それだけで、なんだか肩の力がふっと抜けました。
そして、しばらく無理のない自然体でいられそうだな、と。
なんて単純な私なのかしら…と思うけれど。

そんなわけで、個人的にはとっても素敵なブランチを堪能(^^)。
我ながらおめでたい人だなぁとは思いますが…。

碑文谷テラス イタリアン / 都立大学駅
★★★★ 4.0

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)