FC2ブログ
 

Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

順番が逆ですが…~青山『IL TEATRINO da SALONE』

5月某日、OPENしたばかりの青山『IL TEATRINO da SALONE』を訪問しました。
横浜のSALONEファンなら一度は早めに訪問したいこちらのお店。
横浜へはかなり前にランチにうかがっただけの私ですから、「順番が逆?」と思いながらの訪問です。
ちょっと申し訳ない気分もあり…でもやっぱりとても楽しみな気分でもあり。

翌月に横浜へのディナー訪問を予定していますが、このレビュー時点ではディナーは未訪。
そのため、比較を前提としたレビューはできません。
多くのSALONEファンの方、ごめんなさい。

最寄駅を問われると難しいこちらのお店。
お散歩好きな私であれば、広尾駅からも渋谷駅からも程よい距離ではありますが、一般的にはタクシー利用が一番便利。
そんな場所にOPENしたお店。

地下へ下る階段。
これから行く店を知らなければ割烹料理屋さんへ行くのかしら?
そんな気分にさせてくれます。
階段を降りるとそこにあるのはちょっとした待合スペース。
正面に描かれた絵の印象が割烹料理屋ではないな、と教えてくれます。

お店に入ると道は二つに分かれます。
ひとつは8席のみのカウンターへ通じる道。
もう一つは…内緒。
まずは、カウンターで「劇場」体験を楽しんでくださいというのがお店の主張。
なんだかとてもワクワクします。

奥行きのあるカウンター。
そして、ゆったりしたソファが作りだす一人分のスペースが広いカウンター。
腰をかけて見上げるコンクリートの質感を上手に使った壁。
素敵な内装ですが、コンクリートから連想するカジュアルな雰囲気は全くありません。
内装とライティングが作りだす艶っぽくエレガントな雰囲気。
ゆったりしたソファに体を預ければ、軽く麻酔をかけられたような気分。

店内を見渡すと、大人のカップルばかり。
それがとてもお店の雰囲気に合っています。
ここは「大人」と形容するのがふさわしい方のためのカウンターかもしれません。

そんなお店でいただくのは、8500円(サ10%別)のコース。
毎月変わるコース料理。
本日はSALONE時代の樋口シェフのスペシャリテばかりを集めた構成だそう。
ワインは、その時々のタイミングでお皿に合わせていただきます。
(女性には?それとも私には?)ボリュームたっぷりのコース。
途中からややポーションを落としていただいていますので、写真はその点を注意してご覧ください。

(これからここでショーが始まります)
P1020758(1).jpg

(マグロのタルターラ:グラスの中も外もキラキラしているのがとても綺麗。こんなところにも始まりのワクワク感があります)
P1020759(1).jpg

(白身魚のブレザオラ:塩漬けにした黒鯛を使用)
P1020760(1).jpg

(タコとチェーチ:チェーチはひよこ豆のペースト。2004年のマルヴァジアとあわせていただきます。マルヴァジアで辛口を飲んだことはあったかしら?と思いつつ)
P1020761(1).jpg

(金目鯛のインパナータ:パン粉を付けてオーブンで焼くので油の使用はなし。ヘルシーなお料理の下はカポナータです。これにあわせたのはシチリアのカタラット。単一品種でいただくのははじめてのワインです。)
P1020762(1).jpg

(ルンゲッティ、ウニとそら豆:ウニのカルボナーラと言うと伝わりますか?大好きなお皿を二つ上げるとすればこれがそのひとつ。でも…イタリアンはお腹にたまるので私にとって完食は厳しいジャンル。美味しいからこそ、半分をお隣様にプレゼント?ごめんなさい。なお、合わせたのは2001年フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州のリボラジャレッロ)
P1020763(1).jpg

(カルチョーフィのトルテッリ、スティンコのラグー:バターソース、アーモンドの風味がアクセントになってるこのお皿も、本日の大好きなお皿の一つです。トスカーナ州のベルメンティーノは初めてですが、考えてみればトスカーナと言えどフランスよりは結構南。ベルメンティーノもあるんですよね)
P1020764(1).jpg

(小さめに出していただいたのは、仔羊のストゥファート:7時間の真空調理を施したお肉に添えたのは、シロップ漬けにしたりんごとマスタードのソースです。トスカーナのテーブルワインとあわせていただきます。)
P1020765(1).jpg

(この後、追加でチーズをいただきます。初めての訪問ですから、色々見てみたい気持ちが勝って。)
P1020766(1).jpg

(最後のデザートはとてもかわいらしく、帽子を外して撮影。カンノーリのプロポスタ)
P1020768(1).jpg

劇場体験をたっぷり楽しませていただいた3時間。
最後のお客様だったので、比較的ゆっくりお店の方とお話も。
その時間に感じるのはお店の皆さんの熱い想い。
これからどんどん進化していくことは間違いのないお店という確信を得られるほどに。

あっという間に予約困難なお店になってしまうでしょうから、次回の訪問はしばらく先かもしれません。
エレガントなお店なのに、爆発的なエネルギーを感じる。
そんな不思議なお店。
これからの大いなる発展をお祈りしております!
翌月の横浜への訪問が一層楽しみになった5月の夜でした☆

IL TEATRINO DA SALONE (イタリアン / 広尾、表参道)
★★★★ 4.0

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)