FC2ブログ
 

Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

力強い優しいまなざしに迎えられて~渋谷『プルミエ・フェブリエ』

東急本店にいたる1歩手前のビルの2階。
小さなビルの入り口と、渋谷の街並みからはちょっと想像できない落ち着いたビストロ『プルミエ・フェブリエ』。

相変わらず混雑した渋谷の街並は苦手なのですが、交通至便であることは事実。
大人が楽しめるお店がなかなか見つけづらいイメージはすでに過去のものとなりつつあるけれど、自分から積極的に渋谷を選ぶことはありません。
この日の訪問もひょんなきっかけ。
初訪問で訪れたのは、渋谷の年齢層よりはっきりと高めをターゲットにしたお店。
木の質感が心地よい小さなビストロです。

フルコースはとても無理だけど、少しずつシェアしながら軽めにフレンチをいただきたい夜、ビストロ系のお店はとても重宝します。
各自の食欲に応じてお皿をシェアすることができるから。
この日もそのようなリクエストで選んでいただいたこちらのお店。
お料理を4皿とシャンパーニュ(ハーフボトル)、赤ワインをオーダーし、(私は)軽めのディナーを楽しみました。

こちらのお料理の価格帯はおおむね1皿2000円前後、そしてワインの価格帯は5000円弱が中心。
1万円台前半までに抑えたワインはフランス、イタリアはもちろん新世界まで。
お料理に合わせた価格帯のワインが幅広いラインナップから選べるところにとても好感が持てます。

(まずは、シャンパーニュ(モエ)とともに付き出し)
P1020544(1).jpg

(ほどなく、カジキマグロのニース風サラダ。野菜のメニューはそれほど多くありませんが、これはそのひとつ。)
P1020545(1).jpg

この日選んだのは、イタリアはアンティノリ社のサンジョベーゼ中心のワイン(約6,000円)。
アンティノリ社といえば、ティニャネロ、ソライアなど革新的なスーパータスカンを作った歴史のある会社と聞いたような聞かないような…
この冒険的な会社のワイン、イタリアらしい果実味がとても素敵です。

(鴨もも肉のコンフィーとリヨネーズポテト~ワインとの相性も◎)
P1020547(1).jpg

(いただいたお皿のうち一番印象に残ったパテ・ド・カンパーニュ)
P1020548(1).jpg

旺盛とは言い難い食欲を抱えて訪問したこの日。
最後のほうのこちらのお皿があっという間に完食ということは…とっても美味しかったことの証拠でしょう(^^)。
時間が経つほどに素敵な香りを放つワインとともに美味しくいただきました。

(まだ残るワインと共にチーズの5種盛り合わせ)
P1020549(1).jpg

お会計の頃、店内を見渡せば6~7割入りのお客様。
見つけづらい場所にあるお店ですからちょっと意外(失礼…)です。
大半は30代、40代の方。
ですが、中に小さな可愛らしいお客様も一人。
大人しくお店の中に収まっており、まったく気が付きませんでしたが…
興醒めなんてことは全くなく、家族連れもなんだかいいなあ、と好感をもって眺められる雰囲気がありました。

フロアは基本的に一人体制。
こちらのお店のオーナーでしょうか。
最初から最後まで力強く優しいまなざしがとても印象的。
お店を後にする時もとても力強く優しい笑顔で「本日は本当にありがとうございます。」と。
負けない強いまなざし(あくまで酔っぱらいの本人基準…)と心からの応援を込めて「楽しいひと時をどうもありがとうございます。」と返させていただきました。
いつかまた。

フレンチビストロ プルミエ・フェブリエ (フレンチ / 神泉、渋谷)
★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)