Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

カーブドッチの真ん中に~新潟「ガーデンレストラン」

新潟の地にナパバレーを作りたい。
そんな構想で作られたこの場所を訪問した日。
カーブドッチワイナリーのお隣、エリアのど真ん中にあるこちらのレストランに夕食、翌日のランチと2回訪問。
まったく飽きることなく楽しめたのは、カーブドッチ内の各ワイナリーのワインを、複数種類グラスで楽しめることがうれしかったから。
そして、それらのマリアージュが実に楽しかったから。
最後に、場所にあぐらをかかない温かいサービスがうれしかったから。
もちろん、お食事も平均以上の味で、笑顔になれました。

まずは、夕食から。
マリアージュコースをオーダー。
エンドウ豆のスープと桜のブランマンジェとサクラマスのスモークには、フェルミエの2014ケルナーを。
IMG_3043.jpg

地鶏と春野菜のコンポゼ、ホワイトバルサミコとマスタードのソースには、ル・サンクの2014シャルドネを。
IMG_3045.jpg

白身魚とタケノコのソテーに若葉の香りをつけて、にはカーブドッチ2014シャルドネを。
IMG_3044.jpg

北海道産ワインラムのローストには、2013Bijouメルローとプチベルドを。
写真失念のため、お口直しの写真ですいません。
IMG_3046.jpg

スペシャルマリアージュとしてBijou2013のカベルネソーヴィニオン(90%)とプチベルド(10%)のワインも。
IMG_3048.jpg

チーズをいただいた後は、春イチゴのデザートを。
IMG_3050.jpg

そんな夕食に続く翌日のランチタイムも続けて。
ペアリングランチ、ということで、ワイナリー見学の後にいただいたものは以下の通り。

ブランドブランのスパークリングにサラダ
IMG_3051.jpg

この地に何故か合うアルバリーニョのさわやかなワインに合わせて鳥のスモークとマリネ
IMG_3052.jpg

サーロインステーキには少し高価格帯のBijouのカベルネソーヴィニオンを
IMG_3053.jpg

これにデザート
IMG_3055.jpg

この砂質土場がリアスバイシャスの地と似ているのかしら?
色々な要素があるのでしょうが、日本生まれのアルバリーニョがあること自体、この地に来て初めて知りました。そしてその美味しさに惚れて、昨日に引き続き本日もアルバリーニョ(^^)
IMG_3054.jpg

東京で見かけることはまずないので、この地を訪問する方は現地で飲んでも良し、お土産に買っても良し、ぜひ一度トライしてみていただくことをお勧めします。
まだまだ価格は張りますが、そんなワインを消費しながら応援して、生産量を揚げていくことに一役買えたら、こんなにうれしいことはありません。
これからもず~っと応援していきたい場所を訪れた貴重な二日間。
彩を添えてくださる思い出をありがとうございました。

カーブドッチその他 / 巻)

夜総合点★★★★ 4.1

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)