Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

野に伏し山に伏す~神楽坂「ラ・トゥーエル」

野に伏し山に伏す:道中で艱難(かんなん)辛苦するたとえ

2015年の10月某日、念願かなってこちらのお店を初訪問。
大きなアクシデントに見舞われ訪問がかなわなかった初回の分まで大いに楽しまなきゃ!と思っての訪問に、快く付き合ってくださった素敵な女性たちと共にまずは、シャンパーニュで乾杯!

最初からデザート???と思わせる楽しい演出のアミューズは、抹茶レモングラスのアイスとセップのクッキーとフォワグラ
こうして集まってくださる女性たちに、私ができることは本当に少ないので、レストランという空間に大いに助けていただいてもらえていることに感謝
自然と場が温かくなるのは、こういう微笑ましい一皿があってこそ

野菜のテリーヌと秋刀魚のマリネ、使っているのはオマールエビの出汁を使ったコンソメだそうです

ヒラスズキのポワレ、アンチョビ風味のブールブランソース

シャラン鴨のロティ、ジュのソース

アヴァンデセールはキャラメルムースにパッションソース

フルムダンベールのクレームブリュレと赤ピーマンとフランボワーズのソルベ

ようやくの初訪問を終えて思うのは、改めて1回1回のお食事会は奇跡だということ。
それぞれの人生があって、それぞれに大変な時期を乗り越えて、そこでこうして皆が集える場が持てるということ自体、それは、とても有難いことだということ。

ときに誰かの言葉が誰かの琴線に触れ、この場がそれぞれの思い出の中でまた戻りたい場所となることが奇跡のような素敵なこと
色々あるけれど、人生のほんのひと時、そんな場所を提供できることにちょっとした自己満足と大いなる感謝の気持ちを感じたラ・トゥーエルさんでのひと時。
お店の方にも、ありがとうございました。
そして、集まってくださった皆様にもありがとうございました。

ラ・トゥーエルフレンチ / 神楽坂駅牛込神楽坂駅飯田橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。