Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

余裕って多分こういうこと~赤坂見附「TAKAZAWA」

お任せコースというプレゼンテーション
それは、自分を信じることからしか生まれないもの
まだ見ぬお客様の嗜好もわからなければ、顔色をうかがうこともできない中
来店に備えて丁寧な準備が始まっていく

これまでにいただいたたくさんの称賛の声
これまでに積み上げてきた経験の重み
それを信じて、お客様のところに飛び込んでいくのがお任せコースという名のプレゼンテーションだとすれば…
今まで全く別世界の人だと思っていたシェフという立場の皆様に、とても親近感を感じられるような気がするのは私だけではないと思うの

こちら、TAKAZAWAさん
赤坂見附の目立たない場所にあるけれど
その独創性、人気の高さで多くの人をひきつけてやまないお店
私にはもったいなさすぎるお店だからずっと遠慮していたのだけど、少し席数を増やしたことが背中を押してくれて、9月のとあるディナーに初訪問
私にとってはもったいなさすぎる時間の始まりです

いただいたお料理は以下の品々

モッツアレラチーズにオリーブオイルをかけて

トマトとかぼちゃの一皿

スモークと共に現れたのは、白いトウモロコシのプリンにベーコンのスープ

ラタトゥイユ

野菜パフェ~カプレーゼスタイル~
トマトのスープにパルメザンチーズのクリームと黒キャベツを添えて

ホタテのパスタにウニ

マツタケはそば粉のラヴィオリ仕立てで

秋鮭~海の親子丼~は、サフランライスにのりを混ぜて

クエ~キノコのクラムチャウダー~

越乃紅という豚に栗の香りのインスピレーション

夏野菜の冷たいアレンジは、ナスとトマトのグラニテ

カマンベールに見えるチーズケーキと桃、マヌカハニーのアイスを添えて

お任せコースという名のコース
それはシェフが自分を信じてお客様に提供するもの

お客様のレストランという空間に対する嗜好
ともにいただくアルコールに対する嗜好
サービスに対する嗜好
そのすべてが未知の中で、自分を信じて提供するプレゼンテーション

この日、そのプレゼンテーションのすべてに感じた余裕
ベストと思うものを提供しました、どうお感じになるかはわかりませんが、楽しんでいただけたのなら光栄です
そういう余裕

本当の余裕って多分こういうこと
好き嫌いはともかく確立された存在が認められるということ
所詮、人の好き嫌いをコントロールすることは不可能なのだから、それでいい

自分のベストを尽くすことで積み上げていく経験の先に
私にも余裕が生まれる日が訪れますように
そんな願いと共に贅沢な時間を振り返ってみました

TAKAZAWAフレンチ / 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)