Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

ワインラバーの集まる場所~赤坂「Celebuorg」

赤坂と赤坂見附の中間点、どちらかというと赤坂よりのビルに入っているワインバー。
フレンチと表示されているお店案内もあるかもしれません。
以前から気になっていたこちらのお店に初訪問したのは、カナダワインのイベントディナーという機会を知ったから。
フレンチによく訪れる方々をあえて、フレンチ好きとワイン好きの2種類に大別するとすれば、後者のほうに受けが良いこちらのお店。
その理由は、素敵なワインを見つけたら、全力でそれにお料理を合わせに行こうとするオーナーの気質が訪れるお客様にも伝わるからなのかもしれません。

この日も、最初に決まったのはワイン。
それに合わせていただいたのは以下のお料理たち。

シャンパーニュ方式のスパークリングでお迎えの後、ナイアガラ・アルザスタイプのリースリングには白イカ、根セロリをヨーグルトでサラダ仕立てに

同じくナイアガラからシュナンブランを。品種ゆえにやや甘みを感じつつ、ホールバンチの苦みも合わせて楽しみつつ、いただいたのはオマールエビのミキュイ

ナイアガラからピノノワール。とても優しい味わいに合わせたのは、帆立貝のロティ、濃縮ピノノワールとカカオの香りを添えて。

オカナガンバレーのもう少し凝縮したピノノワールとナイアガラのカベルネフランの違いを楽しみつつ、ブラックペッパー風味の牛のグリエ

途中でオカナガンバレーのシラーも登場。
カナダにシラーがあること自体、初めて知りました。

最後は、サービスでレチョートが…合わせたのは、ソテーした白桃にグラスミエルと胡麻のチュイル

カナダの二大産地(ブリティッシュコロンビア州のオカナガンバレーとオンタリオ州ナイアガラ)のワインを楽しんだ今宵。
恵比寿のカナダワイン専門店の主菜ディナーでした。
その後の2次会や後日会などでお世話になったこともあり、すっかりカナダワインが私の日常の選択肢に組み込まれた今日この頃。
ワインは人をつなぐお酒。
国境を越えて知らない世界を運んでくれる醍醐味もまた、人を介して運ばれるもの。
本日はありがとうございます。
素敵なお料理とワインの組み合わせを心から楽しみました。

セレブールフレンチ / 赤坂見附駅赤坂駅永田町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)