Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本当の本当~代官山「メゾン ポール・ボキューズ」

日本のあちこちに出現しているボキューズさんのお店。
その総本山と言えばこちらになるのかしら???
だとしたら一度は訪れてみなくては!
そんな想いを抱いたのは、ずっとずっと前のこと。
ですが、週末に入っているたくさんのWedding予約に阻まれて、その想いは叶わぬまま…
ようやく予約が出来る週末を発見できたのが、2013年年始の頃。
長年の想いを叶えるべく、楽しみに初ランチにお邪魔してまいりました。

ランチとはいえ、ワインを適度に(?)楽しむのが私なりの休日スタイル。
シャンパーニュの後は、ここ数日はまっているローヌのワインをチョイスして、ボトルで楽しませていただきました。
リーズナブルなワインの価格に、こちらのお店の品揃えの多彩を垣間見ながらのスタートです。
P1010793.jpg

ワインに合わせて、いただいたのは以下のお皿たち
アミューズは、ホワイトアスパラガスのスープとかにのムース
P1010791.jpg

鴨のフォワグラのソテー ビーツのピューレ柑橘の香り
胡桃とピサンリ・ブランシュのサラダと一緒に
P1010792.jpg

舌平目と小エビのムニエル ほうれん草のソバージュ添え
ノワイリー酒のジューソース
P1010794.jpg

ホロホロ鶏モモ肉の薄いパート包み焼き
じゃがいものコンフィー ベーコン風味のレンズ豆のブレゼと共に
P1010795.jpg

私のデザートはチョコレートを変更していただき、こんな感じに
P1010796.jpg

さて…恐らくは、ランチタイムの一般客が集中した(のかもしれない)この日。
普段は結婚式で多くの方をさばいているはず、と思われるのですが、サービスの皆さんは「あれあれ?」というほどに、てんやわんやの大騒ぎ。
このクラスのレストランで、手酌ワインも悲しいけれど、テーブルにいらしていただくのも難しいのだから仕方がないのかしら。

1人1人のゲストに向き合うサービス。
本当に本当のサービスはそうだとは思うのだけれど、お台所事情を考えれば、ランチタイムにそれを求めてはいけないのかもしれません。
なかなか得難いサービスだからこそ、そういうお店が貴重なのかもしれません。
私にとって大切なのは、お連れしたゲストを喜ばせてくれるお店。
お店を選んだ私ではなく、お連れしたゲストにきちんと向き合ってくれること。
とある休日のランチタイム、そんな想いを感じながら。

メゾン ポール・ボキューズフレンチ / 代官山駅中目黒駅神泉駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。