Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

心のヴェールを脱ぐのなら~西麻布「コントワールミサゴ」

ワインを囲むお食事会は、一種のヒューマンケミストリーの場。
何かのご縁があって同じテーブルを囲むのですから、心のヴェールを脱いで会話を交わせば、きっとどこかに共感や、気付きがあって…
あ~、コミュニケーションの醍醐味ってこういうことだよな、と思える瞬間があるように思うのです。

年齢も職業も違う女性同士、心のヴェールを脱ぐのなら、カジュアル過ぎない、ドレッシー過ぎない洋服を身にまとって、それにピッタリのお店で集まるのはどうでしょう。
お店の雰囲気に合わせて、やや濃いめのコース構成、やや多めのポーション、そして、やや明るめのワインたちに合わせ…
きっと飛び切り話の弾む瞬間が約束されるのではないかしら。

こちら、南青山にある「コントワールミサゴ」さん。
金曜日の日を除けば、どちらの最寄駅からもタクシーで行くのが一番早い。
そんな場所にお店はあります。
近くまで行けば、はっきり確認できる看板。
恐らく迷うことはないかな、と思います。

2階の扉を開けたとたん、「ようこそ」の笑顔で迎えて下さる男性スタッフと女性スタッフ(マダム?)。
店内に足を踏み入れれば、シェフの笑顔。
お客様を最大限歓迎したい、そういう心意気がとても気持ちの良いお店です。

そんなお店のテーブル席にお席をいただき、シェフのお勧めコースをオーダー。
まずは、クレマン・ド・ブルゴーニュで乾杯しながら、いただいたのは以下のお皿たち。
ワカサギとたらの芽のフリット
P1010765.jpg

サンセールをいただきつつ、サクラマスと芽キャベツのゼリー寄せ
P1010766.jpg

ムルソーと共に鹿のベーコンとジャガイモのピューレ
P1010767.jpg

広域のブルゴーニュ赤と共に、ごぼうのポタージュ
P1010768.jpg
P1010769.jpg

オーストラリアのシラーズをいただきつつ和牛とフォワグラのハンバーグ
P1010769.jpg

デザートは、モンブランとアールグレーのアイス
P1010770.jpg

一つ一つのお皿にバラエティに富んだはっきりとしたお味。
一つ一つがしっかりとしたポーション。
男性でも女性でも楽しめそうなお店には、女性同士のグループ、カップル、そしてお子様連れのファミリーの方が集います。
お料理だけを見れば男性っぽい感じのするお店ですが、女性の厚い支持が確認できます。

心のベールを脱ぐのなら、こんなお店ではどうでしょう?
今一歩近づいた会話を楽しみたい夜、行ってみたくなるお店です。

コントワール ミサゴフレンチ / 広尾駅表参道駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)