Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

明るい赤い空間で~六本木「ラトリエ・ド・ロブション」

ヒルズの中にあるカウンターだけのフレンチレストラン。
カウンターだけ、というとこじんまりとした家庭的な雰囲気を想像するとすれば、こちらには全く当てはまりません。
ガラス張りの空間は横に長く、長いカウンターにずらりと並ぶお客様がいて、いくつかある背の高いテーブルを囲むグループのお客様がいて。
お店の半分ほどのスペースは、調理スペースとなっていて、それが見た目にとても贅沢。

恵比寿とは全く違う。
けれど、お店の内装の色遣いはやっぱりロブションを感じるもので。
グラスワインのトップにあるブルーノ・パイアールに、あ~やっぱりロブションだわ、なんて。

そんなラトリエへの訪問は、1月のとある平日。
ランチマダム、有閑(?)マダムに混じっていただいたのは、デザートなしの2950円(サービス料10%別)のコース。
NZのカジュアルなカーヴィニオンブランのグラスと共に味わったお皿は以下の通り。
アミューズブーシュはポークリエット
P1010761.jpg

パンはこんな感じ
P1010762.jpg

地鶏卵とナスとトマトのコンポート
P1010763.jpg

和牛のプレゼ
P1010764.jpg

併設されたブーランジェリから出される(と思われる)美味しいロブションのパン。
それだけでも頬笑みがこぼれてしまう幸せランチ。

やや慌ただしくなるお昼のピーク時を過ぎれば接客もお店の中も落ち着きます。
是非訪問するならやや遅めのお昼時に。
2時半ラストオーダーという嬉しい営業時間を、落ち着いたランチの味方にして楽しんでいただきたいと思います。

本日はありがとうございました。

ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションフレンチ / 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)