Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

絵の中の風景のような~目黒「Lubero」

古い日本を描いた絵には、写真にはない温かさがあります。
そこにあるのが同じ風景でも、写真より絵の方が温かく見えるのは、人の手が加わる時間が長いからなのかしら?
6月のある日、ふらりと1人で訪れたのは、古民家を活用したお店。
カフェ?雑貨屋さん?そう思ったのは、やっぱりそこに手作りの温かさを感じたから。
昔々の風景に混じったような不思議な感覚。
写真ではない、絵画的な匂い。
テーブルではこんなかわいらしいお出迎え。
P1010225.jpg

まずはアミューズとして大山地鶏モモ肉を使った一皿。
P1010226.jpg

合わせていただくワインは、イタリア古代品種のチビディン。
フリウリのワインだそう。
ワイン好きを楽しませてくれるこんなスタートに、かつてアーリアで味わった素敵なワインを思い出しながら。

フラッターチーズのカプレーゼ
P1010229.jpg

デザートにしても行けちゃうくらい、口当たりの柔らかなチーズ。
こちらに合わせるのは、フィアーノ。
イタリアワインって面白い、そう思わせてくれた想い出のあるワイン。

続いては、黒トリュフ・ソースの温野菜、ビスマルク風
P1010231.jpg

綺麗なソアヴェとフランスブルゴーニュの古酒と共に。
P1010230.jpg

まさか古民家で(笑)出会えるとは思わなかったワインの数々。
その最後を飾るワインにも、やっぱり大いなる意外性。

仕事では、時に人の温度を忘れてしまうほどの繁忙に見舞われます。
金属的な冷たさに支配された気分になることもたまには…
そんな気分になった時には、こんな場所もいいかもしれない。
昔々、まだ時間の流れがゆっくりだった時代…その香りを残す建物の中で、人の温度を取り戻しながら、ゆっくり素敵なワインをいただくリセットの時間を楽しみました。

Ristorantino Luberoイタリアン / 目黒駅白金台駅五反田駅

夜総合点★★★★ 4.0


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)