Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

たくさんの記憶の匂い~外苑前「リストランテホンダ」

ゆっくりゆっくり歩を進める老夫婦。
一歩ずつ、しっかりと。
でも、転ばないように。

そんな姿を見ていると、二人には十分な時間が流れたことがわかるのだけど、きっとそれはとっても温かい時間だったのではないかしら。
なぜなら、二人の周りに、ほんのり温かいオーラをお見受けしたから。

二人が十分な時間をかけてゆっくりと座るのは、入口に比較的近いお席。
セオリーとかそういうことではなく、この席はお店が用意した、このお二人にとっての特等席。
「いつもありがとうございます。」お店の方の言葉まで、少しだけゆっくりしたテンポになったのは、多分そういうこと。
サービスって、受け取る相手に応じて変えればいいものだと思うの。

6月のある休日のランチタイム。
幸運にも当日予約でお席をいただいたのは、外苑前の「リストランテホンダ」さん。
初夏のランチは、スプマンテからスタート。
そんなお食事の途中で見かけたのが上記の風景です。
まずは、アミューズの後に新玉ねぎの冷製スープとジェラート
ホタルイカとコリアンダーの香りが爽やかなこちらのお皿
P1010211.jpg

お替わりワインをいただきながら(ベルメンティーノです)
P1010212.jpg

続くプリモピアットは、桜エビとイカスミのニョケッティ。
ニョケッティってちょっと肥大化したお米みたいなパスタなのですが、初めてのトライかもしれません。
P1010213.jpg

そして、人生初めてのネッビオーロのロゼ。
P1010215.jpg

このワインが感動的なくらい美味しくて・・・
こんなにロゼが美味しいと感じたことは、人生で初めてですし、何気なく訪れたお店でそんなワインに出会えた幸運にも感謝しちゃう!
こちらのロゼをいただきに、恐らくまた近いうちにうかがいます。
興味を持った何人かの友人と共に絶対に確実にうかがいます!
そのくらい、衝撃のロゼ。

そして、セコンドピアットは沖縄サーモンのミキュイ、さやえんどうのソースです
P1010214.jpg

デザートはパスのため、上記のお皿のボリュームが他の方よりちょっと多かったそうです。

こんな食事の合間にも、ちらりちらりと私の視線は冒頭の素敵な老夫婦に。
二人で過ごす「いつも」のお店。
そんなルールを作るまでに、色々なところに二人でお出かけしたのでしょうね、なんて想像しながら。

私の歩みが、とてもゆっくりになる頃、私はどんな時間を過ごしているのかしら?
「あれはいつだったかしら、人生で一番美味しいロゼワインに出会ったのは」
誰かとそんなたわいのない話をしながら、どこか遠い未来で笑っている自分がいるような気がしたのは・・・、とても幸せな光景を見せていただいたからだと思うわ。

リストランテ・ホンダイタリアン / 外苑前駅表参道駅青山一丁目駅

昼総合点★★★★ 4.5

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)