Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日常に、上質のくつろぎを~広尾「ビストロ・アンクゥー」

広尾駅と天現寺交差点の間、広尾駅からほど近い場所にあるのが、こちらのお店。
自然派ワインが置いてあること、朝から晩まで営業していること、とても温かい接客が待っているらしきこと…
それが、訪問前に知っていたお店に関する情報。
どうやらとても使いやすいお店らしい…ならば行ってみたいわ、と初訪問を果たしたのは1月のとても寒い日のこと。
駅から数分の徒歩の後に包まれたお店の空気。
予想した通り、ほんわかと温かさを感じる空気感。
それを嬉しく思いながら、その日のディナーはスタートしました。

厳選されたカルトメニューには、和のエッセンスあり、野菜の主張あり、フレンチらしいお肉の特徴もあり。
その中から、この日選んだのは以下のメニュー。
たまたま居合わせたお客様ともかなりのメニューが重複していたことを考えると、この日のオーダーは王道だったのかもしれません。

ロワールの白ワインをいただきつつ、アナゴと豚足のレンコン餅巻き、大根とワサビのソース
P1000933.jpg

見かけよりずっとハードボイルド(?)なこちらのお皿。
ソースにはしっかりと大根とワサビのニュアンス。
ソースだけ食べるとツーンと鼻に来るほどなのに、合わせていただくとぴったりマッチする、センスの感じられる一皿。

次いで、名物の?季節野菜のサラダ
P1000934.jpg

メインに選んだのは、牛バラ肉、プーレノワールと季節野菜のポトフ
P1000935.jpg

全体的にヘルシーなまとめ方をしたこの日。
野菜の美味しさと自家製パンの美味しさが上品なワインととてもよく合います。

デザートはクリームブリュレ
P1000936.jpg

同じ時間帯にお店を楽しんでいたお客様の半数はリピーターの方。
時折聞こえる会話から推測すると、リピートの理由に、魅惑的なワインの品揃えとオーナーソムリエさんとの会話が上げられるように思えます。
私にとっては、それに加えて野菜のクオリティも。
体が喜ぶ、そう表現できるお皿が嬉しいです。

お店の名前通り、お一人様でふらりと1杯、という使い方も似合うお店。
一方で、魅力的なメニューをたくさんいただきたいから、大勢で訪問したいわ、とも思うお店。
つまりはとっても使い勝手の良いお店。
日常の中に、上質なひと時をとり入れたくなったら、是非また再訪してみたい。
体になじむワインとお皿とが、日々のストレスをさらりと流してくれる。
そんな効果が実感できるお店です。

ビストロアンクゥーフレンチ / 広尾駅

夜総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。