Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

陽気な酒場~目黒「ビストロ・ジル」

目黒駅至近、かなり古めの商業ビルの地下に最近??Openしたこちらのお店。
少なくとも私が気づいたのはこの日が初めて。
良く訪問させていただくワインバーがお休みのため、急きょこちらのお店を捜し、お邪魔させていただいたのです。

訪れたのは日曜日の夜。
男女比半々、20代から50代までの様々な層のお客様で満席の店内。
とっても人気店のよう。

豪快に注いでいただけるグラスワインをオーダーしつつ楽しんだのは以下のお皿たち。
肉サラダ

エビとアンチョビの餃子

ポテトフライ

鴨のコンフィ

牛ほほ肉のワイン煮込み(No Photo)

お料理もさることながら、こちらのお店の売りは、私的には割安なワインだと思うのです。
たまたま見つけたお店でしたが、使い勝手の良い掘り出し物だったみたいです。
ラッキーでした。

大衆ビストロ ジルビストロ / 目黒駅不動前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


スポンサーサイト

PageTop

2014.9.26(金) 創作フレンチディナーの会 in 赤坂【満席】

赤坂の10席限定の有名創作フレンチにて、ディナー会を企画いたしました。
お値段なりに素敵な夜が楽しめるような気がしています。
興味のある方は是非ご一緒しませんか?

日時:9月26日(金) 19時半~3時間程度

場所:赤坂のレストラン(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:24,000円のお任せコース 
※サービス料と税金は別途。飲み物は自由です。ワインをお皿に合わせてほどほどに楽しんだ場合のお会計は4万円台後半~5万円程度と聞いております。
お店のお休みの関係で約2週間前からキャンセル料がかかります(コース代全額)のでご注意ください。

募集席数:3名まで

募集締切:9月12日(金)夕方

ご希望の方は、サイドバーのメールフォームでお申し込みください。
ご質問等も同様に受け付けております。
メールのお名前の欄には氏名をご記入お願いいたします。

お申し込みは告知日より3日後の8月28日の夕方まではすべて同着として取り扱わせていただき、申込者が多数の場合には抽選としたいと思います。
忙しい皆様がしょっちゅうHPをチェックしなくてもよいように先着順とはせず、このようなルールとさせていただいております。
また、その時点で空席のある場合には、その後のお申し込みは順次先着順で受け付けたいと思います。

また、初参加の方には、参加が確定した段階で連絡先の電話番号もいただいております。
(当日連絡が必要になった場合等、緊急の場合以外は使用いたしません。)

なお、「WWN(Working Women's Net)とは」のページを読まれていない方は是非ご一読をお願いいたします。またFAQも参考にどうぞ。
ご参加お待ちしております。

PageTop

その上質感は不変でした~銀座「アロマフレスカ」

こちらのお店が麻布十番から銀座に移転したころ
値上げされたコース料金と、それとは相反して低下したサービスについて、批判的なレビューがそれなりに残されたことがありました
そんなレビューに触れるうちに、銀座初訪問の機会は遠のき
気が付けば、いつか行きたい、という気持ちさえ忘れた頃、お隣のサーラ・アマービレを訪問する機会がありました
そちらで受けた印象は「やっぱりさすがと見直しました」という大変な好印象
そこで…こちらアロマフレスカを思い出し、遅ればせの銀座初訪問となったのは5月下旬のディナータイム
久しぶりの訪問ですから、オーダーは、もちろんアロマフレスカコース

カデルボスコのNVフランチャコルタをボトルでオーダーし、まずはアユを使ったアミューズからスタート

焼きタラバガニのインサラータ

アナゴの香草蒸し フレッシュトマトの香り

生うにと赤茄子のカペリーニ

毛ガニとラディッキオのスパゲティ

ジャガイモを詰めたラヴィオリ、バジリコ風味

太刀魚とハマグリ、ホワイトアスパラガスのココット焼き

本当に目が覚めるほどの酸味の柑橘のシャーベット

和牛のビステッカと野菜のココット

デザートに選んだのはパイナップル

最初から最後まで、やや過剰なほど(?)のサービス精神で接してくださるお店の方々
消費税増税の影響もあって、当時よりはややコースの値段設定は上がっていたかもしれませんけれど・・・
上質のワインを泡・白・赤とボトルで楽しみ、サービスに包まれたこの日のお会計は
一人おおよそ3万円
決して「リーズナブル」とは言えないけれど…でも、内容とサービスと空間を考えたらどうかしら??
他の同等クラスの価格帯のお店と比べたらどうかしら??

私の答えは、さすがアロマフレスカであり、ぜひこれからも再訪したいお店
ちょくちょくの再訪は難しいとは思いますが、忘れないうちに是非また一度
麻布十番も良かったけれど、銀座も素敵
是非二の足を踏んでいる皆様にもお勧めしたい素敵な夜をありがとうございます。

アロマフレスカイタリアン / 銀座一丁目駅銀座駅有楽町駅

夜総合点★★★★ 4.1

PageTop

再訪のディナータイム~白金高輪「コート・ドール」

こちらのお店を訪問し、まずはお手軽なランチコースをいただいたのは、かれこれ5年位前のこと

でも真価をはかるなら、アラカルトで楽しんでこそ、ランチタイムより圧倒的にディナータイム

訪問後すぐにいただいたその言葉をようやく確認しに再訪
5月のディナータイム、満席御礼のこちらのお店に、少し遅めの時間帯に足を運ばせていただきました

お店に着いたのは、いくつかのテーブルですでにデザートが始まっている時間帯
遅すぎる予約時間だったかしら?と心配しましたが、私たちの後にも数組のお客様が見えられ、しっかり皿数をオーダーされていたので、多分それは杞憂
アラカルトで、満席にもかかわからず、テンポよくお皿が出てきますので、ディナーの2回転も可能な感じ
ただ、夜が更けると、サービスの方はひとり、またひとりと奥に下がってしまいますので、追加のオーダーのタイミングは難しくなってしまいます
同時刻の予約の方が周囲に集められて着席しますので、お店を追い立てられるような雰囲気はまったくないので、ゆっくり楽しめるだけに残念

グラスシャンパーニュからスタートしたこの日はニコラ・ジョリー、クロ・ド・ラ・クレ・ド・セランの濃厚な白(アルコール度数15%)のボトルとともに以下のお皿を楽しみました

赤ピーマンのムース

アナゴとホタテのテリーヌにピクルスを添えて

野菜の蒸し焼き、コリアンダー風味

ヤガラのローストにパプリカソース

ニュージーランド産仔羊のローストにカポナータ

最後はデザートではなくチーズの盛り合わせ

サービス陣に年配の方が多いこちらのお店
常連さんにとっては、安心の「いつもながら」の素敵なサービスが待っているお店なのかな、と感じます

ヤガラの美味しさに心をホカホカさせて帰途に着いたのは、入店からまだたった2時間後
まだまだコート・ドールの真価がわかる私ではないけれど
そのうち機会があればまた訪問してみたいと思います
本日はありがとうございました。

PageTop

面白さと美味しさと斬新であるということ~要町「81」

劇場型のレストランの一つと言えばわかりやすいでしょうか?
一斉スタートで一皿一皿に込めた発想や楽しみ方を提案いただきながらお食事を楽するのが、こちらのスタイル
劇場の幕開け直前、いったんお店の入り口をクローズし
皆が一つの空間に集まって、シェフ、お皿、ワインに集中力を傾けるように仕掛けられ、お食事はスタート

ワインを一皿一皿に合わせて、お値段は確か1万5千円程度
細い急な階段を降りてすぐに広がる小さな簡素な空間は
この日19時に幕開けしました

まずは一斉に写真をどうぞ

かの有名なスペインの本家を知らないうえに
スペイン料理に詳しいわけでもない私

ですので、私の印象は正しいのかどうか分かりませんが…
それぞれのお皿には、面白い組み合わせや食感を楽しんでいただきたいという気持ちが込められていて
それを受けるシェフが何より楽しんでいる気持が伝わる感じ

お客様に求められるのはお皿の中の美味しさを発見する努力
当然に斬新なお皿が出るはずという期待の上にある努力
時に何かが足りないと感じたり、何かが犠牲にされているような気がしても
斬新であることが最大のプライオリティなのかな、と理解をする

こちらのお店の面白さや美味しさや斬新さはそんな気持ちの中で生まれてくるように感じたこの日
だから、それぞれのお皿に対して私は語る言葉を持ちませんが、新鮮な経験であったのは確か
私がレストランに訪問する際の動機とは違うものがそこにはあったけれど
こういうレストランもあるのだな、と思った5月のディナータイム

いろんなレストランがある
改めて思った初夏の日のこと

81創作料理 / 要町駅椎名町駅池袋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

PageTop

2014.9.12(金) ビストロの会 in 渋谷 【残席1】

渋谷と代官山の中間点にあるビストロにて、ディナー会を企画いたしました。
魚料理に定評のあるビストロでカジュアルなフライデーナイトを楽しみませんか。

日時:9月12日(金) 19時半~3時間程度

場所:渋谷と代官山の中間地点のビストロ(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:5400円のシェフお任せコース 
※飲み物は自由です。デザートは上記に含まれておりません。コース料理とした場合、平均的なアルコール込の料金は1万2千円程度になることが多いようです。

募集席数:6名まで

募集締切:9月8日(月)夕方

ご希望の方は、サイドバーのメールフォームでお申し込みください。
ご質問等も同様に受け付けております。
メールのお名前の欄には氏名をご記入お願いいたします。

お申し込みは告知日より3日後の8月5日の夕方まではすべて同着として取り扱わせていただき、申込者が多数の場合には抽選としたいと思います。
忙しい皆様がしょっちゅうHPをチェックしなくてもよいように先着順とはせず、このようなルールとさせていただいております。
また、その時点で空席のある場合には、その後のお申し込みは順次先着順で受け付けたいと思います。

また、初参加の方には、参加が確定した段階で連絡先の電話番号もいただいております。
(当日連絡が必要になった場合等、緊急の場合以外は使用いたしません。)

なお、「WWN(Working Women's Net)とは」のページを読まれていない方は是非ご一読をお願いいたします。またFAQも参考にどうぞ。
ご参加お待ちしております。

PageTop

散歩と緑とピザランチ~祐天寺「ボッコンディビーノ」

気持ちの良い新緑の季節の休日ランチ
単にワインを片手にピザでも良いけれど
少しお散歩をして緑の中を歩いて…
いつもの行動範囲を少し広げてから、新しいお店にトライしたい

5月のとある休日ランチ
こちらにうかがったのは、そんなシチュエーションで

最寄駅のどこからも近くはないけれど
それは気持ちのいい散歩道を楽しむため、と心得ての訪問
さらに寄り道をして、日本一有名なパン屋さんのお向かいで、毎朝のコーヒー豆を調達してからお店に訪問

当日予約で席をいただいたため、本日のランチは少し遅めの時間帯
スペインでいえばシエスタの時間近く
休日でなければ、お店がそろそろCloseを考える時間帯

まずはスパークリングワインでのどを潤し
サラダとチーズシュー

ピエモンテのシャルドネを2杯目のグラスに選んで
マルゲリータ

ゆっくり楽しんだランチタイムを〆たのはパンナコッタ

お店を後にしたのは、そろそろおやつの時間という頃
少しほろ酔で歩く初夏の道もまた楽しく
モチモチのピッツァの食感の余韻を楽しみながら、お店をゆるゆると後にしました
本日はありがとうございました。

ボッコンディビーノイタリアン / 祐天寺駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

PageTop

繰り返し楽しみたい~恵比寿「アーティショー」

5月のとあるディナータイム、評判の良いこちらのお店で開催したワイン会
WEBサイトの言葉通り、予約の時から本当に気持ちよくBYOを受けてくださったお店の方
電話の応対から予想は出来たけど、訪問時は、なおいっそうのおもてなしの心を感じるサービスでディナータイムを楽しみました
なお、BYOは1本2,000円
本数が多い場合には持込フリーの固定コース料金もあるようです。
一人一人の負担が1本分以上の持ち込み料を超えることがありません
とてもうれしいことです

ワインの温度にも気を配っていただきつつ、楽しんだのは以下のお皿たち

フォワグラのフランと牛テール添え

ホワイトアスパラのソテーとますのマリネ

姫ホタテの香草バター

牛ロースがメイン

季節が変わるごと、お気に入りのワインを持ち込んで繰り返し繰り返し楽しんでいきたいお店を見つけたこの日
同席くださった皆様の感想も同じで、後日何度か「もう一度行きたいお店」としてアーティショーの名前が上がりました
是非また近いうちにお邪魔させていただきます
ありがとうございました。

アーティショーフレンチ / 恵比寿駅広尾駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

PageTop

いつかまた~六本木一丁目「TAKASHI」

六本木一丁目から坂を上っていくと、意外なほど静かなエリアが広がります
一部は住宅として、一部はビジネスユースで使われている多くのマンションが立ち並ぶ中
あら・・・?こんなところに?
という場所に存在しているのがこちらのクッチーナ
周囲にレストランがあるわけでもなく、人通りが多いわけでもなく
それなのに、お店にはほぼ満席のお客様
一つ一つのテーブル間隔がしっかり取られていることと、周囲がとても静かなことから、店内にいると郊外の一軒家レストランにいるような気分に…
この日は、持込させていただいたワインを女子会で楽しませていただきました(持込料は1本、2,000円)

前菜の盛り合わせには、イサキのカルパッチョ、3種のチーズムース、ホタテの桜スモーク、グリーンアスパラのポタージュ、有機野菜のサラダ、菜の花のフラン

パスタは2種でサーモンとからすみの冷製カッペリーニ ウニのクリームソース

サクラエボとアスパラのファルファッレ ミモザ仕立て

メインは豚ばら肉のブラッドオレンジ煮込み

デザートの盛り合わせ(ゆずシャーベット、かぼちゃプリン、ストロベリームース)

いつかきっとまた来よう
そう思ったのは、持込料を明示してワインの持込を歓迎してくださることだけでなく
そんな姿勢が看板だけではなかったこと
当日もおもてなしの心で迎えてくださり、ワインを大切に扱って、きっちりサーヴをしてくださったことがとてもうれしかったからです

いつだって持ち込むワインにはそれぞれにストーリーがあり
そのストーリーと共に大切に味わいたいからこその持ち込みです
その思いを尊重してくださることが嬉しくて、いつかきっとまた…と

まるで一軒家レストランの静かで広々とした空間に、集った皆様の心地よい笑いが響いた、とある休日のディナーのお話です

TAKASHIイタリアン / 六本木一丁目駅六本木駅神谷町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9

PageTop