Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

2013.6.29(土) 日本料理ディナーの会 in 麻布十番【満席】

麻布十番の日本料理店にて、土曜日のディナーの会を企画いたしました。
個室で日本の味を堪能しませんか?

日時:6月29日(土) 19時00分~3時間程度

場所:麻布十番の日本料理(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:11550円のコース
※各人の頼まれたお飲み物あるいは飲まれる量によって会計金額は変わります。
※お会計の目安ですが、ビール及び日本酒で楽しむ場合は、平均的に15,000円程度と見込まれます。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

まさにワインビストロ、人気は消えない~恵比寿「ラ・ピッチョリー・ド・ルル」

レストラン選びとワインが切り離せなくなって、もう何年の月日が流れたのでしょう。
その間ず~っとワインビストロとして人気を維持してきたのがこちらのお店。
喫煙OKというポリシーにずっと敬遠してきたのですが、ようやく訪問することにしたのは、やっぱりどうしても一度は訪れてみたい気持ちが勝ったから。

この日お席をいただいたのは、ダイニングエリアとは少し離れた半個室的な空間。
だから結果として、全席喫煙可の影響はまったくなし。
こんなお席があるのだったら、この日のようにグループで訪問するほうがずっとずっと楽しめるような気がします。
まずは、予想外の嬉しい好感触から会はスタート。

さすがワインビストロだけあって、多数のグラスワインに加えて、デキャンタの存在。
各お皿にワインを合わせる形で、アラカルトを楽しむことが出来ました。
特定地方に偏らないワインの品揃えにも感心しつつ、いただいたのは、以下のお皿たち。

伊達鶏のパテ
P1010808.jpg

続きを読む

PageTop

2013.6.16(日) イタリアン(早め)ディナーの会 in 麻布十番【残席1】


麻布十番のリストランテにて、日曜日の早めディナー(遅めランチ)の会を企画いたしました。
日の暮れゆく時間帯をご一緒しませんか?

日時:6月16日(日) 14時30分~3時間程度

場所:麻布十番のリストランテ(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:7500円のコース
※各人の頼まれたお飲み物あるいは飲まれる量によって会計金額は変わります。
※お会計の目安ですが、ワインを3杯いただく場合、およそ12,000円弱となります。

続きを読む

PageTop

記憶の続きを求めて~銀座「エスキス」

すでに多数の固定ファンを抱える銀座のエスキスさん。
シェフもソムリエさんも…そしてサービスの皆さんも、そうそうたる星付きレストランから集結してOpenしたのがこちらのお店。
ご出身のお店の時代からの固定ファンはもちろん、新たに獲得したファンもきっと多数…
オープン後、間もなく1年を迎えるこの日も、周囲にはたくさんのリピートのお客様がいらっしゃるように見えました。

ランチタイムは、シャンパーニュ1グラス付きのコースが一万円。
まずは、シャンパーニュと共にカダイフを巻いた才巻き海老からスタートです
P1010799.jpg

ほんまぐろにトマトのジュレ、キャビアやアスパラも見えます
P1010800.jpg

続きを読む

PageTop

本当の本当~代官山「メゾン ポール・ボキューズ」

日本のあちこちに出現しているボキューズさんのお店。
その総本山と言えばこちらになるのかしら???
だとしたら一度は訪れてみなくては!
そんな想いを抱いたのは、ずっとずっと前のこと。
ですが、週末に入っているたくさんのWedding予約に阻まれて、その想いは叶わぬまま…
ようやく予約が出来る週末を発見できたのが、2013年年始の頃。
長年の想いを叶えるべく、楽しみに初ランチにお邪魔してまいりました。

ランチとはいえ、ワインを適度に(?)楽しむのが私なりの休日スタイル。
シャンパーニュの後は、ここ数日はまっているローヌのワインをチョイスして、ボトルで楽しませていただきました。
リーズナブルなワインの価格に、こちらのお店の品揃えの多彩を垣間見ながらのスタートです。
P1010793.jpg

続きを読む

PageTop

南フランスの香りを求めて~明治神宮前「レストラン・アイ」

このお店のことはオープン直後から聞いていて、「いつかは」と思いつつも、なかなか足が向かないまま時は過ぎ…
そういえば!と思い出したのは、あるイベントの開催を知った時。

ニースから一時帰国中の松嶋シェフのお料理に、ローヌギャングたちのワインを合わせる…そんな特別なディナータイムを過ごす機会を頂き、わくわくとお店を訪ねたのはまだ寒い冬のある日。
イベント前のワインテイスティングで、適度にリラックスして…お仕事モードの自分を脱ぎ捨てて…
スタンバイOK !で味わったのは以下のお皿とワインたち

ウフ・ポシェ トリュフのソースに合わせるのは、シェフのお名前KEISUKEがつけられたヴィオニエの白ワイン
P1010782.jpg

フォワグラのプロヴァンス風ヌガー仕立て、カマルグ塩、季節の花と共に
これに合わせたのは、クレレット等の地ブドウで作る白ワイン
シャトーモンフォションのコート・ド・ローヌComtesse Madeleine 2010です
P1010783.jpg

続きを読む

PageTop