Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

路地裏の陽だまり~銀座「オザミ・デ・ヴァン」

ともすると碁盤の目のように綺麗に道が走っているように思える銀座の街。
とても便利なのに、どこかツンと澄ましている印象は、あまりにも綺麗に交差した道にも原因があるのではないかしら。
けれど、よく見ると、その道に数ヶ所だけイレギュラーがあって、銀座2丁目とは思えぬ細い路地裏に、銀座2丁目とは思えない陽だまりのような場所があります。

コース料理が楽しいお店ですが、フレンチレストランというよりはビストロ。
素晴らしく分厚いワインリストも非常にフレンドリーな品揃え。
お店の中に足を踏み入れれば、決して広くない間隔で並べられたテーブルから漂う暖かさ。
このお店のカジュアル感は、グループ利用のお客様が多いことからも、多くの人に好意的に受け止められていることがうかがえます。
私もこの日はグループ利用。
もしかするとパリの路地裏の食堂ってこんな感じなのかしら???

この日いただいたのは、プリフィックスコース。
セップ茸のポタージュを加え、若干追加料金のお皿もオーダー。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

2011.3.28(木) 日本料理ディナー in 神保町【満席】

神保町にある日本料理店にて、木曜日のディナーの会を企画いたしました。
たまには日本料理で日本酒(ワインもあります)で楽しい夜を過ごしたいと思います。

日時:3月28日(木) 19時00分~3時間程度

場所:神保町の日本料理店(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:9500円のお任せコース
※各人の頼まれたお飲み物あるいは飲まれる量によって会計金額は変わります。
※お会計の目安ですが、ビールを1杯、日本酒を2つほど楽しんだ場合で1万3000円程度とイメージしていただければよろしいかと思います。

続きを読む

PageTop

ビジネスランチの好適店~日比谷「ボワ・ド・ブローニュ」

日比谷公園内の松本楼。
とても有名なお店の3階は、フレンチレストラン「ボワ・ド・ブローニュ」さん。
お店の名前を「松本楼」と覚えている方も多いけれど、1階、2階より、ちょっとだけ(いえ、かなり?)かしこまったレストランなんです。

そんなお店のダイニングのランチタイム。
ちょっとだけ改まった風のビジネスランチが多数展開されていて…
フレンチレストランのランチタイムとしては、かなり男性が多いお店ではないかしら?というのが私の印象です。

そんなお店への訪問は、忘年ランチを兼ねたビジネスランチで。
女性だけの訪問ですから、平日限定のお得なレディースセットを楽しみます。
メインは、たくさんのオプションの中から選べます。

まずは前菜の盛り合わせ
P1010734.jpg

続きを読む

PageTop

美かさというウルトラブランド~宮崎台「美かさ」

天ぷらと言えば、美かさ
きっぱりとおっしゃる方の多いこちらのお店は、東京に近い神奈川県の宮崎台という場所にあります。
駅からの距離はほんの数分なのですが、それでも東京からわざわざ通うのはちょっとだけハードルが高いもの。
それでも通ってしまうお店の秘密が知りたくて、12月のある日、19時半からの回を予約して初訪問を果たしました。

全員が揃ったところで、コースがスタート。
ですから、遅刻は厳禁です。

特に寒い冬の日には、次の2点からも早めの到着が望まれます。
・お店の待合スペースに限りがあり、遅いと玄関で待たされ、かなり体が冷えます
・早い順に奥の席に案内されますので、玄関で待っている組は、出入り口に近いカウンター席に案内されることになります。この席ですと、食事中もかなり冷えます。

なんてことを知らずに、私が利用したのは、予約時間5分前。
とても寒い真冬のある日のことでしたらから、終始体が冷えたままのお食事となってしまいました。

続きを読む

PageTop

酔うだけ酔って楽しんで~渋谷「アバスク」

週末のレストランが賑やかなのは、お客様の数が多いからだけではなくて…
きっとみんな、それぞれに頑張った1週間を振り返って
思わず、「私こんなに頑張ったのよ!」って叫びたくなるからなのかしら?

青山学院に程近い場所にある、アバスクさんは、フレンチともスパニッシュとも言えるお皿を出して下さるビストロさん。
狭い店内に詰め込まれた座席を考えると、とってもカジュアルなお店なのですが、照明を落とした店内と、そのお値段帯を考えると、少しハイクラスのカジュアルかしら?というお店。

そんなお店への初訪問は、ちょっとだけ頑張った自分に「いい子いい子」をしたかった金曜日の夜。
当日予約の当日訪問ですが、ラッキーにもカウンターにお席をいただくことができました。

もっとお酒はいかが?もっとお皿はいかが?
こまめに何度もお勧めして下さるサービスの方でしたが、気になるのは席の間隔。
一番奥に席をいただきましたので、お店の方が通るたびに、お客様はちょっと窮屈そう。

続きを読む

PageTop

2013.3.7(木) ワインビストロディナーの会 in 広尾【残席1】

広尾にあるワインビストロにて、木曜日のディナーの会を企画いたしました。
ワインを楽しまれない方には厳しいお店をチョイスしてしまい、申し訳ございません。
アラカルトで楽しい夜を過ごしたいと思います。

日時:3月7日(木) 19時00分~3時間程度

場所:広尾のワインビストロ(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:アラカルトでオーダーします
※各人の頼まれたお飲み物あるいは飲まれる量によって会計金額は変わります。
※お会計の目安ですが、ワインを3杯ほど楽しんだ場合で1万円弱とイメージしていただければよろしいかと思います。仮に1ボトル(6杯)程度の飲酒量になりますと、1万5千円弱となります。

続きを読む

PageTop

和風ジビエに体温も気分も上々!~六本木「またぎ」

秋冬はジビエの大変美味しい季節。
「ケモノ」と言ってしまうと、なんだかちょっとはしたないように感じてしまうけれど、その時期ならではの味わいは、野菜もお肉もやっぱり格別です。
一年中いただけるジビエであっても、この季節ならではの味わいがありますし…
もちろんこの時期ならではのお肉もありますし…

そんなジビエの季節は、チャレンジの数だけ面白さがある。
そう言っても言い過ぎではないかもしれません。

本日のチャレンジは、和風ジビエで有名な「またぎ」さん。
いつか行きたいと思いつつのびのびとなっていたお店に、ようやくの初訪問。
行きたいお店があるんだ、とのお声掛けに、「私も!」と即答して、この日の訪問となりました。

半個室もありますが、楽しいのはやっぱり囲炉裏を囲むカウンター席。
外の寒さを一瞬で忘れさせてくれるのは、右から左から、お鍋や焼肉の炎の熱が漂ってくるから。
オマケにお肉いっぱいの食事ですから、時間が進むごとにぐんぐん体温も上昇しそう。
そんなエネルギッシュなお店です。

続きを読む

PageTop

笑顔の溢れる接客が好き~下北沢「クォーレ・フォルテ」

「もうこんな時間、そろそろ、夕食を…」
「できればワインとともに…」
池ノ上駅近辺で迎えた日曜日の夜、20時過ぎ。
付近にはビストロやワインバーもあるけれど、色々トラブルありの接客がどうしても居心地が悪く、さまようことおよそ1時間半。
でも、そのおかげで、出会えてよかった!
21時半にようやく空いた1テーブルにジャストで滑り込み!
ひと言で表現すれば「苦あれば楽あり!」というところかしら。

店の外にまで楽しげな雰囲気が漂うこちらのお店は、下北沢駅から少しだけ歩いたところに。
この日、お席をいただけたのは、ちょうど2回転目に入る時間だったから。
カップルやグループ、そしておひとり様の集うお店は、入れ替わりがあっても、ず~っと満席。
迅速で笑顔いっぱいのサービスを見れば、当然かな、という状況です。

続きを読む

PageTop