Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

余韻の長さを楽しんで~新橋「ラ・フィネス」

平日の夜、仕事モードを切り替えてプライベートタイムのスイッチが入るのはいつ?
その日のシチュエーションに合わせて、あるいは、その日の気分に合わせて。
いくつかのスイッチを持っている大人であれば素敵だと思います。
日中は、それぞれに忙しい時間の中で動いていても、せめてレストランでは、エレガントなひと時を過ごしたいもの。
だから、その日の気分に合わせたスイッチを入れて、プライベートモードに舵を切り・・・
お店に入ったその瞬間からは、深いくつろぎを楽しみたいな、と思うのです。

新橋に突如現れたグランメゾン「ラ・フィネス」。
事前に情報を得ていた方も多いと聞きますが、情報に疎い私にとっては、お店の登場は本当に突然。
銀座ではない新橋地区。
そこに、久しぶりのグランメゾンの登場です。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

久しぶりに~広尾「incant」

近くのフレンチレストランでディナーを終え、あと1杯だけと立ち寄ったのは、天現寺近くのリストランテ「incant」さん。
初めてのバースペースの利用となりました。
この日も満員御礼で、早2回転目のお客様が訪れる中、相変わらずの賑わいを背景にいただいたのは白ワイン。
最後は、すっきりと締めたいのだけれど、すでに酔いの回る体が感じるスッキリってどんな感じ?というリクエストのような、問いかけのようなオーダーで。

お連れした方がお店の雰囲気に一瞬で魅了されたこと。
直前の連絡にもかかわらず、きちんと出迎えて下さったこと。
それらはすべて、店内の賑わいの結果として現れています。
いつの間にか、充実したスタッフの数も、きっとお店がいつも盛況なことの証拠。
今までも、これからも、ワイン好きを楽しませるお店でいてほしいな。
そんな気持ちで短い滞在を終えました。
P1010162.jpg

PageTop

祭りの後に笑顔で行くわ~広尾「レストラン マノワ」

(私なりに)めいっぱい神経を張って、(あくまで私の精一杯で)ぶんぶんと頭を回し続ける1週間は、ナチュラルハイな私を作ります。
週の終わりを迎える頃には、疲労感を超える妙な達成感。
これって何だかお祭り騒ぎの後みたい(笑)。
疲れてない、と言えば嘘になるこんな1週間を、笑顔で締めたいから、今日は、こちらにお邪魔します!

というわけで、4月のある土曜日の夜。
(あくまで私基準の)大忙しの6日間を締めるディナーに選んだのは、広尾のマノワさん。
ア・ニュにいらした中村さんがOPENさせた新しいお店。
すでに色々な方がレビューしている通り、早くもリピーターに恵まれているお店です。

グランメゾンのゴージャスできらびやかな空間はないけれど、だからこそ、こんなお祭り騒ぎの後に行きたいお店。
ホッとさせて下さる笑顔のサービスがあって、誰をお連れしても緊張をさせない空気があって…
それなのに、カジュアル上限いっぱいのハイクラス感。
いっぱい食べて、元気にな~れ、というボリュームも楽しめるお店です。
私も、すっかり元気になれましたし(^^)。

続きを読む

PageTop

2012.5.20(日) フレンチランチの会 in 代官山(恵比寿)【完了】

(5.6更新)満席となりました。

代官山(恵比寿)のフレンチレストラン。
何度訪れても、また行きたくなるお店です。

日時:5月20日(日)12時30分~2時間半程度

場所:代官山又は恵比寿のフレンチレストラン(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:3,500円のコース
※お飲み物は上記料金には含まれません。
※別途サービス料がかかります。
※各人の頼まれた飲み物によって会計金額は変わります。グラス2杯のワインをオーダーした場合は、7500円程度、3杯ですと9000円程度くらいのイメージです。

続きを読む

PageTop

本日もありがとうございます~学芸大学「イグレック」

いつも心地の良い時間を下さるこちらのお店で、本日はしっかりめの白ワインをボトルで堪能。
前菜、パスタ、メイン、チーズ、デザートとひとしきり頼んだものは、イタリアらしい果実味にぴったりあうお皿ばかりだったから。

ひとしきり堪能したこの日のお皿のうち、一皿だけを紹介すると以下の通り。
桜海老のパスタです。
P1010149.jpg

一通り食べて、ワインを楽しんでも一人約8500円。
学芸大学ならではの贅沢かもしれません。
そんなこちらのお店は、どうやら今年も私の強い味方になってくれそうです。

PageTop

たったひとつのオリジナル~六本木「ル・ブルギニオン」

約1年ぶりの訪問となったこちらのお店。
お昼も夜も素敵だけれど、どちらかと言えば夜のほうがお勧め。
初めて訪れる方と行くのなら、私は夜のブルギニオンが、いいように思います。

ゆっくり流れる時間とは裏腹に、店内を支配する明るい雰囲気。
ディナーといえど、女子会が多いのは、このクラスのお店ではひとつのポイントではないかしら?
場所的にも、価格帯的にも、メニュー構成も、サービスも…
似たようなお店は最近とても多いのだけど、定期的にこちらに通いたくなる「何か」があるのが再訪の理由。
しばらく会わないと淋しくなってしまうところに、たったひとつのオリジナルを感じながら…この日いただいたのは、以下のお皿たち。
これまでUPしたメニュー以外だけを紹介します。

鰻とフォワグラのテリーヌ、フォンド・ヴォーとカレー風味で仕上げたお皿
P1010142.jpg

続きを読む

PageTop

ゆらりゆらりと過ごせるお店~東銀座「アンテリブル」

4月のとある平日の夜。
1年ぶりくらいの再訪となったのは、東銀座から徒歩5分くらいの「アンテリブル」さん。
以前と比べて、大幅にスタッフの方の数。
残念ながら、懐かしいお顔にはお目にかかれなかったけれど…人気ぶりは健在。
この日もやっぱりほぼ満席です。
個室に席をいただき
P1010136.jpg

いくつかのお料理のうち、写真を撮ったものだけを紹介しますと…

イトヨリのマリネ
P1010138.jpg

続きを読む

PageTop

もう少しだけ近くにあれば~丸の内「ポワン・エ・リーニュ」

新丸ビルの地下1階にある、黒い内装がノーブルなお店。
一見して、何のお店かはわからないのですが、よく見ればパン屋さん、とわかります。
1個1個のパンが整然と並べられる店内は、パンへの想いが溢れているようにも見えますし、パンのイメージを格上げしてあげているようにも見えます。
そんなお店の奥には、ダイニングスペースが用意されています。

4月のある日の帰り道、軽く夕食を、と立ち寄ったこちらのお店。
クレマン・ダルザスに一日の頑張りをねぎらってもらいつつ、選んだメニューは以下の通り。

スモークサーモン
P1010126.jpg

続きを読む

PageTop

2012.5.6(日) 和食ランチの会 in 銀座【完了】

(4.6)満席となりました。

銀座の日本料理店。
こじんまりしたお店ですが、実力は本格派。
そんなお店のカウンターで日曜日のひと時、お弁当と評判の鯛茶漬けをご一緒しませんか。

日時:5月6日(日)12時30分~2時間半程度

場所:銀座の日本料理店(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:3,500円のコース
※お飲み物は上記料金には含まれません。
※各人の頼まれた飲み物によって会計金額は変わります。
※お飲み物込みのお会計の目安ですが、何を頼むかによりますが、たいていの場合7千円以内に収まるように思います。

続きを読む

PageTop

思い立ったが吉日で~西麻布「オッジ・ダルマット」

オッジ、女性誌で見かけたその単語は、イタリア語で「今日」という意味。
何カ月も前から楽しみに待つレストランも楽しいけれど、その日の気分で選べるお店も捨てがたい。
その日のお天気、仲間の顔色、気分…それらの答えがイタリアンだったら、こちらのお店はいかがかしら?
原則として当日予約のみ受け付けます、というレストランって、ありそうでなかなか見つかりません。
当日でも予約できるお店はたくさんあるけれど、当日「しか」予約できないお店とは似ていて非なるものだと思うのです。

4月のとある平日。
西麻布「オッジ・ダルマット」に初訪問。
この日の条件は「その1  堅苦しくない」「その2 出来れば8000円未満」そして「その3 美味しいところ」の3つ。
「好きなところを選んでいいよ」の言葉を受けて選ばせていただいたのは、こちらのお店の個室です。

こちらで味わえるのは、5500円(前後)のお任せコース。
デザートやコーヒーは付きませんが、もともとデザートにはあまり興味のない私には望むところ。
さらに、お財布に優しいハウスワインの飲み放題は、なんと1500円。
ワインリストには6,000円~のボトルが並びますが、カジュアルなお席ならハウスワインで十分!
というわけで、この日は、コース、ハウスワイン、そして食後のコーヒーと共に、たくさんのおしゃべりを楽しんでまいりました。

続きを読む

PageTop

2012.5.4(金・祝)フレンチディナーの会 in 神楽坂【完了】

(3.31更新)残席1です

神楽坂にあるフレンチレストラン。
GWの合間ではありますから、東京で過ごす、ちょっと豪華なディナーというのはいかがでしょう。

日時:5月4日(金・祝) 19時00分~3時間程度

場所:神楽坂のフレンチ(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:12,600円のコース(サービス料10%別)
※お飲み物は上記料金には含まれません。
※各人の頼まれた飲み物によって会計金額は変わります。
※お飲み物込みのお会計の目安ですが、ワインを3種類程度グラスで楽しむ場合で19,000円程度、ボトルで楽しむ場合で23,000円程度かと思われます。

続きを読む

PageTop

神様が微笑んだ~表参道「L’AS」

人の縁に恵まれるって…ある意味偶然で、ある意味必然。
時々、客筋なんて言い方をする人もいるけれど、お客様の数だけでなく、質に恵まれるか否かも、ある意味偶然で、ある意味必然。
レストランの先には人がいて、その人の先には、また人がいて。
偶然に見えるようないくつもの奇跡が集まって、ある時大ヒットが生まれるんだと思うの。

今年2月、表参道にOPENしたこちらのお店。
シェフの経歴、シェフソムリエの経歴は、HPで確認するまでもなく、多くのレビューにある通り。
お二人の努力家が手を携えてオープンしたお店は、オープン後2カ月を経たずに満席続きの人気店に。

努力する人にはそれ相応の報酬があればいいなと思う。
背水の陣で臨むチャレンジにはそれ相応のご褒美があればいいなと思う。
だから、このお店に神様が微笑んだことは、私にとっても嬉しいこと。
なんだかお祝いしたい気分で味わったお料理は以下の通り。
びっくりするほど良心的なワインに、さらに気分を高揚させながら♪

続きを読む

PageTop

堂々とゆるやかに~代々木「キノシタ」

代々木駅からまっすぐ続く1本道。
かつて、一世を風靡した「キノシタ」というお店。
巷ではすっかり丸くなった(?)と言われるシェフは、今では荻野さんの師匠として有名な存在。
そんなシェフに会いに、そして、その繰り出すお皿に会いに、4月のとある平日の夜、初訪問を果たしてまいりました。

この日オーダーしたのは、真ん中のコース。
前菜、スープ、そしてメインとデセールが続きます。

シャンパーニュをいただきつつ、まずは野菜の詰め物をしたヤリイカのポワレと真だこのジェノベーゼ、サラダ仕立て
P1010113.jpg

続きを読む

PageTop