Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まっすぐなお店~平井「レストランコバヤシ」

5月某日ディナータイム。
GWの賑わいからホッと一息ついた頃。
人生初めての平井下車は、評判の高い「レストランコバヤシ」に導かれて。
初めてのお店、初めての駅へいつも通りの好奇心で初訪問です☆

事前に8000円のコースで、とお願いしてあったこの日。
作っていただいたのはオリジナルな以下のコース。
途中からお腹がはちきれそうになるそのボリュームも、素朴なお店の雰囲気を反映しているように感じました。

まずはムルソーをいただきながら。
赤貝とビーツのゼリー寄せ、木苺酢風味 パパイヤとともに。
P1040118(1).jpg

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

お得に楽しむおまかせ串~銀座「銀座 磯むら」

お決まり串なら3500円、おまかせなら15本程度の串で3500円。
アルコール類は、ビール、焼酎、日本酒の他に、赤白2種ずつのワインも。
銀座駅から徒歩1分の便利な空間にあるそのお店は、価格帯、メニューともとても使いやすい串揚げのお店。
後から後から予約なしのお客様が訪れるほど、ふらりと寄りやすいお店です。

あまり行く機会もない串揚げのお店。
友人に予約をしてもらって訪れたのは5月のとある日。
私にとって人生で2度目の串揚げ体験です!

アスパラ、トマトにチーズ、豚と玉ねぎ、もち明太子…続々到着する串のうち、写真を撮ったのはわずかに数枚。
熱々のうちにいただくのが礼儀かしら?と思ったわけではなく、弾む会話に撮り忘れ頻発…だったのです。
P1040114(1).jpg

続きを読む

PageTop

2011.6.25(土)京橋のフレンチでランチ会♪【完了】

京橋のフレンチで土曜日のランチ会を企画いたしました。

日時:6月25日(土)13時00分~2時間半程度

場所:京橋のフレンチ(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:お店のスペシャリテをいただく約8,000円(サ別)のコース。メインは羊肉となります。

会費見積:約15,000円
(見積内訳:コース8,000円、ドリンク5,500円強、サービス料10%)
※あくまで目安のために算出しております。ご了承ください。ただしこれまでの会で、本人のご都合以外の理由で大きく相違したことはございません。
※羊肉が苦手な方は別途のお皿となりますので、約12,000円となります。

続きを読む

PageTop

気になるお店~広尾「天現寺カフェ」

Incantに行くたびに、ラシェット・ブランシュの食後のお散歩として広尾へ抜ける道を通るたびに、ちょっと気になるお店がありました。
それがこちら「天現寺カフェ」。
外から少しだけうかがえるお店の中にはいつも素敵なお客様。
広尾という場所柄にぴったりはまった素敵なお店だなぁ、と、ずっと気になっていたお店です。

そんなお店に訪れるきっかけがやって来たのは5月のとある雨の日。
移動中にぽっかり空いた1時間。
ちょっと小腹を満たそうと、ようやくの初訪問をいたしました。

オーダーしたのは、ニース風サラダ(1,575円、サ10%別以下省略)
P1040111(1).jpg

続きを読む

PageTop

グラスワインがぐんとパワーアップ~学芸大学「イグレック」

GWには空前のお客様でお店が大変賑わった(と聞いた)イグレック。
相変わらずマイペースの私は、GWも過去のものとなった5月のある日、ただただワインをいただきたくこちらのお店を再訪。
今まで赤白各3種の品揃えだったグラスワインは、いつの間にか各5種に(4種だったかな?いえ、多分5種です)。
ワインが飲みたくてこちらに訪問している私にとってはすごい朗報です。

まずはスプマンテを楽しみつつ、サラダを。
P1040109(1).jpg

続く、オーストリーのグリューナー・フェルトリナーにもぴったり合う爽やかさ。
上に乗せていただいた白トリュフが季節を感じさせる一皿です。

続きを読む

PageTop

母の日孝行?~元町中華街「霧笛楼」

私にとって神奈川NO1フレンチの霧笛楼。
特に年配の方とご一緒するには間違いのないお店だと感じています。
そんなお店のランチタイムに再訪したのは母の日のこと。
「もうカーネーションはいらないからね」というさり気ない(?)その他の物品の要求に応える形でこちらのお店を訪ねました。

この日選んだのは、3500円のコース。
お皿数はいただけないわ、という母に合わせての選択です。

グラスシャンパーニュをいただきながらいつもの一皿目。
小エビのタルタル、ホワイトアスパラガスのブランマンジェ。
P1040105(1).jpg

続きを読む

PageTop

目黒「川せみ」~お蕎麦入門編☆48

目黒駅からだらだらと坂を下ること約5分。
ちょっとだけお洒落で、人の出入りが激しいお店は、周囲のお店とは少し一線を画した雰囲気。
お蕎麦屋さん=年配の方の嗜好に合う店、と思いがちではありますが、こちらの店内には若い人(主に周辺にお住まいと思われるカップル)がたくさん!
一人しかいないサービスの女性は終始大忙しです!

2011年4月から全席禁煙となったお店で、オーダーしたのはまずは山菜辛み大根(500円)。
お蕎麦屋さんだと不足しがちな野菜を補給する!の作戦です。
P1040103(1).jpg

6席のカウンターは奥行きが広々としていていい感じ!
そこで、2色鴨せいろう(1,500円)をいただきます。
P1040102(1).jpg

続きを読む

PageTop

意外な立地の北イタリアです~田町「ラ・チャウ」

田町駅の海側の出口。
私にとってあまり馴染みのないエリアにあるのは、北イタリアはピエモンテの郷土料理が得意なリストランテ。
リストランテ、というには温かい親しみを感じるお店で、5月のある日、比較的大人数の女性でディナーにお邪魔してまいりました。

田町駅に降りるのが初めて!という同席者も多かった(実はほとんど…)この日。
そのくらい、田町とお洒落なお店は「≠」の関係だと思うのは私だけでしょうか?
ず~っとず~っと狙っていたのに、なかなか訪問に踏み切れなかったのは、場所が私に抱かせていた誤ったイメージのせいだったことは、今さらながらに大いに反省です。

この日オーダーしたのは、ピエモンテの郷土料理のコース(確か7000円)に3種のワインをつけた8800円のコース。
ぐるなびのクーポンでさらにワインを1杯オマケしていただいて、とてもリーズナブルに楽しんでまいりました。
大いに語りながらお料理を楽しんだこの日。
いただいたのは以下のお料理です。

続きを読む

PageTop

バラ色に囲まれたスペシャルランチ~赤坂見附「トゥール・ダルジャン」

新緑がまぶしい季節。
期間限定で行われたこちらのお店のランチ営業。
「花の女神の午餐会」と名付けられたそのイベントのお知らせには、バラ色が溢れる綺麗な写真。
ず~っと行きたかったお店での素敵なイベントは、3種のワインが付いて20,000円(税・サ・飲料すべて込)と、(このお店にしては)とってもお得な設定です。

イベントでセッティングされたいくつかのテーブルコーディネイトを楽しみながらお席に案内いただくと、今日のお店のあちこちにはバラの色。
普段は寒色系が支配する空間にこの日だけは暖色系がチラホラ。
大きな窓から差し込む光も手伝って(恐らく)普段よりずっと女性を華やかに見せてくれるカラーコーディネート。

イベントのテーマに合わせて選ばれたシャンパーニュはやっぱりロゼ。
可愛らしいピンクのボトルから注いでいただき、ランチタイムのスタートです。


続きを読む

PageTop

白い画廊のその上に~広尾「ひらまつ本店」

ひらまつグループのフラッグシップ的なお店と言えばやはり「ひらまつ本店」。
優雅な雰囲気たっぷりのそのエントランスの前を通るたび、画廊と信じて疑わなかった学生時代。
上品に書かれた「Hiramatsu」の文字にはその後ず~っと気がつかぬまま、御縁のないまま…

こちらはリストランテASOと同様、なかなか土日祝日の訪問が難しいお店。
理由はほとんどが結婚式で貸切となってしまうため。
でもやっぱりどうしても行きたくて…ある日「土日祝で一般営業している日を教えていただけませんか?」と問合せ、それから約2カ月後の4月のある日、女性同士4人で訪問。
最初はお一人様を考えていたのですが、あれよあれよという間に人数が膨らみ、とても楽しいランチタイムとなりました☆

いただいたのは前菜が1種の6300円(サ15%別)のコース。
グラスシャンパーニュで乾杯して、楽しいランチタイムのスタートです。

続きを読む

PageTop

暖色系の小さな空間~六本木「ラ・グラップ」

3年ぶりの「ラ・グラップ」。
この日はワインを楽しみましょう、という趣旨で訪問。
お皿数はほどほどにして、余裕のある状態でワインを楽しみたい、と選んでいただいたのがこちらのお店。

震災後のプチ不況を反映してか、この日は思いもかけない貸切状態。
サービスもシェフお一人でこなしていただきながら、この日のオーダーはミニマムコース(チーズをプラスしました)。

まずはグラスシャンパーニュで乾杯し、人参のムースとコンソメジュレ、ウニを添えたもの。
なつかしい一皿ですが、3年も経つと味覚も記憶も変わるもの。
この日はこのお皿を「さっぱり」感とともにいただきました。
P1040069(1).jpg

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。