Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

手軽なフレンチ~表参道「ル・ブルターニュ」

日本食にも色々あるように、フレンチにも色々ある。
タコ焼きやお蕎麦だって日本食。
とても身近な日本食。
そんな位置付けにあるフレンチの代表がガレット。
…と教えられたのは恐らく数か月前のこと。

用事と用事の合間にいただく夕ご飯。
いつもなら手軽なお蕎麦…となるところを、この日はガレット。
手軽なフレンチをいただきます☆

ガラス張りでカフェ風のお店。
平日の夜のこの日のお客様は、私を含めて全員女性。
インテリアの一部となっている可愛らしいキッチンの中にも女性が二人。
絵の描かれたタイル張りのキッチンには女性の姿が似合うなぁ、と。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

新しくなってからの初訪問~麻布十番「カーザ・ヴィニタリア」

アロマフレスカが抜けて新しく生まれ変わった「カーザ・ヴィニタリア」。
何が変わったのか、何が変わらなかったのか…
そこらへんを知りたくて、4月のとある日曜日、大好きな14時半スタートでお邪魔してまいりました。

私の中で好きなイタリアンをあげるとすれば、間違いなく名前があがる「カーザ・ヴィニタリア」。
初夏の天気が気持ち良かったこの日は、オープンエアになった空間でお食事を楽しみました。
P1040055(1).jpg

この日選んだのは、サービス料、税金込み7,500円のコース。
一部追加料金のかかるお皿もありますが、私の選んだお皿はすべてコース料金内です。

続きを読む

PageTop

露出抑えめ隠れ家イタリアン~学芸大学「Pontevita」

今年の4月7日、学芸大学にオープンした隠れ家的なイタリアン。
賑わうエリアからはちょっと外れていて、そのエントランスがちょっと引っ込んでいるせいで、お店の前に着いて初めてその存在に気付きます。
商売的にはもしかしたらとても厳しい立地なのかもしれないけれど、たまたまお店の前を通りかかれば「あら?こんなところに可愛らしいお店が!」と、ちょっとした発見に嬉しくなれてしまう効果が。
そんな露出抑えめのお店のエントランスは、白い木の印象がとても可愛らしく、女性一人でふらり、という訪問もきっとあり。
抵抗なく入れてしまうのです。
というわけで(?)思わぬ発見に縁を感じ、4月のとある平日、お一人様でカウンター体験を楽しんでまいりました。

まずはスパークリング600円をいただきつつ、メニュー選び。
初訪問ですから、お店のお勧めの味を堪能したいな、と、お任せコースをオーダーしました。
お任せコースは3800円~。
その日使用する食材によって価格が変動するそうです。
この日の私のコースは4,300円でした。

続きを読む

PageTop

ディナーの顔は別の顔~代官山「マダム・トキ」

4月某日、お気に入りの「マダム・トキ」にディナー訪問。
レストランには昼と夜の顔があると思っていますが、こちらのお店もそんな感じ。
前回うかがったランチとは全く別の夜の顔を堪能してまいりました。
なお、落とした照明の下で撮った写真は相変わらず炭のよう…
せっかくの美味しさが伝わらないのが不本意ですので、写真はUPしません。

震災の影響でこの日の営業は10,500円のプリフィックスメニューのみ。
冷前菜、温前菜、お魚、お肉とそれぞれが2種類からのチョイス。
デザートはいつも通りデザートワゴン又はプリフィックスデザートのチョイス。
今回いただいたのは以下の品々。
・アミューズ:フルーツトマトとイチゴのスープ
・冷前菜:ホワイトアスパラのブランとグリーンアスパラのオランデーズソース
・温前菜:ラングスティーヌ、リードヴォーにたっぷりの春野菜を添えて

続きを読む

PageTop

代官山「SOBATERIA」~お蕎麦入門編☆47

代官山のボエムの2階。
美容院かしら???と思わせる看板を良く見れば、実はカフェ&お蕎麦屋さん。
階段を上がって2階に足を踏み入れたのは4月の仕事帰り。
翌日の朝を考えれば30分以内で済ませたい夜ごはん。
でもワインの1杯も飲みたいし…
そんなわがままをこちらのお店で叶えていただきました。

オーダーしたのはスパークリングワイン(600円)。
こだわりのワインでないことは金額を見れば明らかですが、それでいいんです!

そして、自家製豆腐とトマトのサラダ(800円)。
P1040026(1).jpg

もっちりしたお豆腐はさながらモッツァレラチーズ。
カプレーゼ風にオリーブオイルと塩でいただきます。

続きを読む

PageTop

2011.5.22(日)代官山のフレンチでランチ会♪【完了】

(4.6更新)満席となりました。
代官山のフレンチで日曜日のランチ会を企画いたしました。

日時:5月22日(日)12時30分~2時間半程度

場所:代官山のフレンチ(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:3150円(サ別)のミニマムコースを考えておりますが、希望者はさらにランクの高いコースに変更することも可能です。

会費見積:約7,500円
(見積内訳:コース3,150円、ドリンク3500円強、サービス料10%)
※あくまで目安のために算出しております。ご了承ください。

続きを読む

PageTop

小一時間の滞在です~西麻布『エレバージュ』

ワイン単体だけで楽しむ方がとても多いこちらのお店。
本当にワイン好きの集う場所なのだなぁと改めて思ったのは4月のある日のこと。
次の予定まで小一時間ほど。
軽くワインと軽くお食事を、ということで立ち寄ってまいりました。
まずは、この日のシャンパーニュ(70ml・1,200円)をいただきつつハーフポーションのレバーのパテ(500円)を。
P1040028(1).jpg

P1040029(1).jpg

続きを読む

PageTop

体が喜ぶお店です~麻布十番「ラ・リューン」

たっぷりのお野菜、爽やかなブルーを基調とした店内。
光溢れるシーズンに向かう今、いつも以上にこちらのお店が気になります。
麻布十番「ラ・リューン」、定期的に訪れていたいこちらのお店にこの日は遅めのランチで訪問。
ご一緒していただいたのは、いつも私を気にかけてくれるお姉さん的な存在の頼れる先輩です。

アミューズ1品目(?)はアーモンドの粉たっぷりのビスケットにタケノコのポワレを載せて。
P1040018(1).jpg

アミューズ2品目(?)は菊芋のピューレ、うずらの生卵、フランボワーズビネガーを添えて。
P1040019(1).jpg

続きを読む

PageTop

フレンチとお蕎麦が好きな人へ~学芸大学「尚古庵」

フレンチとお蕎麦。
一見似合わないその組み合わせですが、都内にはこちらを含め蕎麦フレンチのお店が数軒存在します。
コースでも単品でもオーダー可能なこちらのお店では、コースには〆蕎麦がセットされ、カルトメニューにも単品のもりそばが用意されています。

碑文谷公園の夜桜見物を兼ねて(たつもりだったのは私だけですが…)長年ブックマークし続けていたこちらのお店をようやく初訪問。
ほんの数日前に都内のソメイヨシノが満開となった日のことです。

日本酒、焼酎もそこそこ揃うお店ですが、私のオーダーしたのは(やっぱり)ワイン。
グラスでいただけるのは赤白各1種のハウスワインのみ。
どんなお食事にも合いそうな素直なハウスワインをいただきながら、以下のお皿を楽しみました。

続きを読む

PageTop

楽に過ごせる小洒落た空間~白金台『ルカンケ』

東京のソメイヨシノが満開になりました!
急にシャンパーニュがいただきたくなったのはそんなニュースを目にした時。
白金台と目黒の間にある自然教育園の桜はきっと綺麗だろうな…
そんなことを考えながらふら~っと白金台に向かい、ふら~っと「ルカンケ」へ。
予約なしの訪問でしたが、温かく迎えていただき、まずは念願の(?)グラスシャンパーニュ(1,300円サ7%別途、以下省略)をオーダー。
本日のシャンパーニュはリシャール・シュルラン。

まずは、サバの冷製、白ワイン蒸し(1,200円)。
P1040009(1).jpg

値段から想像していたよりずっと身の厚い大きなサバ。
爽やかなジュレの酸味をややコクありのシャンパーニュに合わせて満足です☆

続きを読む

PageTop

初体験、坐・和民

青年社長、新・青年社長を読んで、すっかり渡邉美樹ファンとなった私。
本の中で何度も出てくるワタミグループのお店は、居酒屋にあまり馴染みのない私にとって未訪の地。
色々な系列店があることも知りましたが、どれひとつとして訪問したことがありません。
「是非ワタミファームで作られた野菜をワタミの精神で運営されているお店で食べてみたい!」そう打ち明けたところ、4月のある日、ようやく初訪問が叶うことに。
ご一緒して下さった6人の女性には大大感謝です!

選んでいただいたお店は「坐・和民」。
ご一緒いただいた方の中で初訪問は私だけ。
先輩の(?)皆さま方にリードしていただきつつとても楽しい時間を過ごしました。

メニューを彩るたくさんの華やかなカクテル、驚きのお料理メニューの価格、とてもスピーディーに供されるお皿。
日本全国で多店舗展開している実績は、色々なポイントに支えられている!
そう感じられたのはある意味想像通りでした。
あまり経験値のない私が言うのも説得力に欠けますが、一般的な居酒屋さんの中でキラリと光るものがたくさんあるように感じました。

続きを読む

PageTop

試練に負けない強いチームでいたいから

がんばっている人には「がんばっているね」と声をかけたい。
人それぞれちゃんと頑張っている部分がある。
それを見つけられる私でありたい。
そして、私のかける「がんばっているね」の声が、ちゃんとみんなの胸に届くように…
私もがむしゃらに頑張っていたいと思う。

「がんばっているね」と声をかけられるより、的確に「がんばっているね」と声をかけていたい。
いつの間にか、そんな立場になっている。

たくさんの温かい目に育てていただいた。
これからは温かい目で人を育てていきたいと思う。
自分の本分をきっちりがんばりながら、その一方で小さな功績も逃さず見ていられる私でありたい。
私の小さな頑張りを見守り続けてくれた多くの先輩たちのように。
これからも続く大小さまざまな改革のために。

PageTop

恵比寿「なゝ樹 奥社」~お蕎麦入門編☆46

恵比寿駅、可愛らしい神社(?)の近くにあるこちらのお店。
本店と奥社があるらしいのですが、この日うかがったのはビルの3階にある奥社のほう。
居酒屋さん風なお店ですから「お蕎麦だけでもよろしいですか?」とお断りしてからの入店。
夜のお蕎麦屋さんに対する私なりの(?)気遣いのつもりなのです。

戸隠そばを扱うこちらのお店でこの日オーダーしたのは、みすずそば(1,400円、税別)です。
地方の名物だそうで、凍り豆腐の天ぷら、厚焼き玉子、しょうゆ味の鶏のロール、茹でた人参、いんげんなどが別皿で来るのが冷たいお蕎麦。
温蕎麦と冷たいお蕎麦、お勧めなのは冷たいほうとうかがったのでこちらをオーダーしました。
お品書きに記された通り、ボリュームたっぷりのお蕎麦です。
P1040007(1).jpg


続きを読む

PageTop

力強いポーション、味付け!~元町・中華街「アルティザン」

4月のとある休日。
早めスタートのディナーを堪能しようと訪れたのは、最近とても気になっていた「アルティザン」。
こちらのお店を知ったきっかけはツイッター。
以後何度も目にする「アルティザン」の文字が脳裏に焼き付きまくってしまったのです(笑)。

予約をするために訪れたこちらのお店のホームページ。
赤を基調とした可愛らしい店内に似合わぬ「男らしさ」をウリにするレストラン。
その個性的なところもよかったのでしょう。
訪問した日もきっちり満席。
店内を埋める家族連れ、グループ、カップルなど。
どのテーブルにも男性が最低一人はいらっしゃるところがやっぱり男のレストランです。

続きを読む

PageTop

居心地の良さに楽しく長居~東銀座「アン・テリブル」

先月お一人様の初訪問をした東銀座の「アンテリブル」。
気持ちの良い接客に、迷わず次回を予約して…楽しみに訪れたのは4月はじめのある日のこと。
4名から利用可能な奥の個室に初チャレンジです☆

今日こそは!と、まずはボランジェのグラスをオーダー。
今日もやっぱりたっぷりの量がグラスになみなみと(笑)

うかがったのは金曜日。
予想はしていましたが、お店はやっぱり満員御礼。
キッチン、フロアとも2名体制でいっぱいいっぱいのはずなのに今日も笑顔の接客は健在。
だからかな・・・?
ゆっくり出されるお皿を楽しみながら、弾む会話に弾む食欲!!!
うん、やっぱり良いお店です(^^)。

なおこの日いただいたのは以下のお皿です。

(炙りサゴチのマリネ、マンゴーとクレソンのサラダ1,800円)
P1030994(1).jpg

続きを読む

PageTop

エスニックな女子会で~銀座1丁目「カイバル」

北インド料理をいただくのならこちらが一番のお気に入り。
得意分野ではありませんが、たま~に食べたくなるのがエスニック。
そんな時、こちらのお店が頭に浮かびます。

辛いものが苦手な方には残念ですが、特にお勧めなのは香辛料たっぷりのタンドール料理。
辛いものが苦手でもいただけるチーズクルチャは万人受けするくせになるお味です。
せめてチーズクルチャだけでもいかがでしょう?とお勧めしたくなるくらい。

この日は女子会と称して、タンドール料理、カレー、サラダ、ビリヤニ等々と泡、白、赤のインドワインを堪能。
おしゃべりに夢中になり過ぎて、写真を撮ったのは以下のお皿だけ。
P1030991(1).jpg

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。