Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

駅近至便な居酒屋さん~赤坂『ざんまい』

11月のある日、宴会で赤坂『ざんまい』を訪問。
赤坂駅にほど近いビルの地下1階。
大人向けの居酒屋といった感じのこちらのお店。

お店のウリは比内地鶏を使った焼鳥。
あまり居酒屋のジャンルには縁がないのですが、鶏は好き。
だからこの日は、幹事(=私)の好みに合わせてお店を選ばせていただきました。

比内地鶏がウリとはいえ、鶏が苦手な人も大丈夫。
事前に申し出れば、コース内の鶏を魚に変えていただけます。

焼き鶏の本数が多いことを除けば、いただけるメニューはオーソドックスな居酒屋メニュー。
この日選んだのは、飲み物別の4000円のコースです。
出てきたお料理をいくつか紹介すると、次の通りです。
(はじめの一品、ピーナッツと半熟卵)
P1030512(1).jpg

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

公園の片隅に~霞ヶ関『日比谷パレス』

日比谷公園内にはいくつかの飲食店が存在します。
その中にフレンチのお店は二つ。
こちらは、そのうちのひとつ『日比谷パレス』です。

ランチは『ヒビヤナチュール』ブランドで展開しており、こちらの名前でも食べログに登録がありますが、実際は同じお店。
単なるランチブランドを別名で呼んでいるだけだそうです。

さて、そんな日比谷パレスにお邪魔したのは11月の初めのこと。
以前ランチでお邪魔した際、2階のレストランスペースが随分とゆったりした空間で気に入ったから今度はディナーで再訪です。
いただいたのは、ミニマム4,000円(サ10%別)のコース。

まずはロワールのクレマンをいただきつつ、塩気の美味しいビスケットを。
お酒がすすむなぁ、なんて言い合いながら。
P1030506(1).jpg

続きを読む

PageTop

浅草『めん公望』~お蕎麦入門編☆3

せっかく浅草まで足を伸ばした休日。
はしごの2軒目で『めん公望』を訪問。
茨城県産と福島県産の自家製粉がウリのこちら。
店舗の奥には蕎麦打ちスペース。
店舗面積と同じくらい広く取られたそのスペースでは、お教室も行っているそう。
この日もお蕎麦の打ち方を学ぶ男性や、これから学んでみたいと検討中の男性など。
素敵な趣味を持っていらっしゃる男性の方を店内でお見かけしました。

オーダーしたのはかしわせいろ。
P1030505(1).jpg

続きを読む

PageTop

浅草『並木藪蕎麦』~お蕎麦入門編☆2

さ~て、お蕎麦に親しもう!
まずは有名系列のお店からかしら?
という安直な発想で訪れたのは浅草の『並木藪蕎麦』。
訪問前に調べたところ、こちらはどこより辛口のそばつゆが有名なお店だとか…
最初に訪問するならもっと一般的なお店の方が良かったかしら?
との考えもチラリと頭に浮かんだものの…
いざお店に着けば、お店の前には列を作る何組かの家族連れ。
いかにも「休日の浅草」を想わせる光景に?そんな考えは一瞬で消え、休日満喫モードに切り替わってしまいました。
仕事も好きなんですけど、やっぱり休日も好きなんだなぁ、とワクワクする心を実感しつつ考えるちょっと鈍い私です。

昔ながらの店構えのこちらのお店。
お店の中もやっぱり昔ながら。
最近とんと御無沙汰のお座敷席も年季の入ったお店の柱にも…ず~っと有名店として存在し続けてきた年月が刻み込まれているように感じます。
改めて思うことですが、掘りごたつタイプでない座敷席って最近本当に見かけていないような気がします。

続きを読む

PageTop

お蕎麦ブームに朗報です

関西出張から戻ってみると、家の近所にお蕎麦屋さんがOPEN!
立ち食いそばには入りづらいけれど、そこはファーストフード的お蕎麦屋さん。
食事を食べそびれたまま22時過ぎ…という日に良く利用させていただいている個人的ヘビーユース店です。

閉店時間の早いお蕎麦屋さんにあって、こちらは22時30分ラストオーダーというのも嬉しいところ。
この日は、せいろ蕎麦とねぎたっぷりの卵焼きをオーダー。
P1030502(1).jpg

P1030503(1).jpg

朝の早い私にとって、夜の重いお食事は避けたいところ。
その点、お蕎麦ならば安心です。
レビューをする日は来ないと思いますが(基本的にチェーン店はあまりレビューしないので…)、個人的にはなかなか使い勝手に満足しているお店です☆

PageTop

ランチワインもたまにはいいな~銀座『オエノン・カフェ』

オレンジ色が印象的な『オエノン・カフェ』。
お食事のセットが1500円という魅力的なそのカフェスペースは、レストランスペースとは違って予約不可。
以前おやつの時間にうかがってカウンターでワインをいただいたことはありますが、お食事は初めて。
10月のとある日、ランチタイムにお邪魔してまいりました。

「予約不可」のためなのか、1500円ランチが相場より高いからなのかはわかりませんが、カウンター席ならピーク時でも比較的簡単に入れるように思うこちらのお店。
この日もカウンターにお席をいただき、オーダーしたのはランチワイン付き2,000円のコース。
選べるランチワインは、泡、白、赤、ロゼ各1種。
この日は、ホバル、テンプラニーリョのロゼワインをオーダーしました。
なお、さらに500円プラスしますとチーズ付きのランチセットが楽しめるそう。
次回はそれもいいかもしれません。

(前菜のサラダ。素揚げした芝エビにパルメザンチーズのニュアンスが加わってとても香ばしい香りが)
P1030499(1).jpg

続きを読む

PageTop

おめでとうございます!~大阪『コンヴィヴィアリテ』

関西出張の最終日、今年もまた星を維持した『コンヴィヴィアリテ』さんを訪問。
おめでとうございます!

またお邪魔しますね、と申し上げたのはこの夏のこと。
まさかこんなに早くに再訪するとは思ってもいませんでした。
こういうのを嬉しい誤算というのかしら。

小さなお店のランチタイム。
月曜だというのに満員御礼。
選べるコースは4000円と8000円の2種。
ほとんどのテーブルのチョイスは8000円、シェフのお任せコース。
私たちのテーブルもそちらをチョイスさせていただきました。

接客業であってもそうでなくても、社会人であれば見習いたいマダムの柔らかな物腰。
お客様を自然とくつろがせてしまうその雰囲気にこの日も随分気持ちを柔らかくしていただきました。
P1030485(1).jpg

続きを読む

PageTop

写真撮影はまた次の機会に~大阪『Hajime』

昨年初訪問したのは秋のこと。
もうしばらく訪れるチャンスはないだろうな…と覚悟したのは、予想通りHajimeさんが三ッ星を獲得した時。
が…嬉しいことに予想に反して、人生3度目の訪問。
今年2回目の訪問は、関西出張の機会を利用して。
P1030478(1).jpg

前回失念した記念写真を撮りたい!!
と…前日まではしっかり覚えていたのに、この日もお預け。
理由は…化粧ポーチをホテルの部屋に置き忘れてきたからです。

続きを読む

PageTop

リゾート気分の朝食を♪~岡本『カサブランカ・フランセーズ』

一軒家フレンチレストランには珍しく、朝食営業をしている『カサブランカ・フランセーズ』。
P1030457(1).jpg

結婚式に使われることも多いこちらのお店のテラスに席をいただけば、気分はもうリゾート。
大通りに面した都会の中の一軒で、この雰囲気。
とても貴重なお店だと思います。
P1030470(1).jpg

前日あいにく結婚式のために訪問できなかったこちらのお店。
満を持して翌日に訪問してまいりました。
いただいたのは、ビューティーブレックファースト1320円。
メインは3種類からのチョイスで、有機野菜たっぷりのオムレツを選びました。
こちらは有機野菜にこだわったフレンチですので、使われているのはすべて有機です。

続きを読む

PageTop

ワイン好きの愛情いっぱい~大阪『ミルカレス』

仕事を終えた21時半。
軽めの夕食と素敵なワインを楽しみに『ミルカレス』にてお一人様。
当日の予約でしたが、運良く最後の1席をいただきウキウキと訪問してまいりました。

喫煙者がいることに若干びっくりしつつもお席をいただいたのはカウンター。
(きっと、多分)ワイン好きであろうお店の方とのお話を楽しめそうなカウンターは私にとって特等席。
この日の気分ははじめから赤。
こちらはまずは一口のお楽しみ。
P1030464(1).jpg

オーダーしたのは、2004年のヴォーヌ・ロマネです。
こちらのAOCには珍しく、やや大人しい香りが特徴とのこと。
どうぞ、他のピノ・ノワール(後で出てきます)との違いをお楽しみください、と。

続きを読む

PageTop

好きを仕事に♪~岡本『神戸シフォン』

関西出張のランチ。
たまたま見かけたこちらのお店。
その柔らかいお店の雰囲気と1日10食限定、具たくさんスープのランチセットに惹かれてお店を訪問しました。
1階はシフォンショップ。
民家を改造したと思われるショップの昔ながらの急階段。
その階段を上った先にカフェがあります。
P1030460(1).jpg

P1030459(1).jpg

続きを読む

PageTop

雰囲気のあるビルの2階に~大阪『TERRA』

関西出張初日の夜、有機野菜にこだわったイタリアン『TERRA』を訪問。
お店選びの決め手は有機野菜に加え、お店のジャンルに「ワインバー」の文字があったこと。
美味しいワインと美味しい野菜。
大好きなものに囲まれてエネルギーをチャージ♪との目論見です。

大阪駅から徒歩5分程度。
雰囲気のあるビルの2階にこちらのお店があります。
うかがったのは週末のディナー。
お席をいただいたのは、入り口に一番近いカウンター。
途中予約なしの訪問者が訪れるたびに開かれる扉、繰り返されるお断りの言葉。
思わず、譲りましょうか?と言ってしまいたくなるほど?大人気のお店のようです。

オーダーしたのは、以下の通り。
まずはグラスのロワールのクレマン(1,100円)に合わせて、旬野菜の温製(1800円)です。
好みに応じて、アンチョビソース、塩、オリーブオイルをつけていただきます。
P1030454(1).jpg

続きを読む

PageTop

恵比寿『板蕎麦 香り家』~お蕎麦入門編☆1

お蕎麦に親しむ!と宣言した後まず訪れたのはこちらのお店。
恵比寿駅ほど近く、深夜営業の嬉しいお蕎麦屋さんです。
いただいたのは天ぷらそば切り。
P1030451(1).jpg

お蕎麦は太打ちをオーダーしました。
P1030452(1).jpg

まずはこれがお蕎麦入門の1回目。
細かいことはよくわからないので、せめて写真で全容を見ていただければ、と思います。

続きを読む

PageTop

まずは心をゆるやかに~白金台の某カフェにて

ゆったりと楽しみたい会食の時間。
仕事のスピード感を一旦拭い去って、心から優雅な気持ちでスタートできることが理想。
ぎりぎりまで仕事をして、お店に駆け込むような事態も(よく…)ありますが、出来れば30分は余裕をもって向かいたいと思っています。
その30分を見越して早めに仕事にとりかかれば一日の充実感がぐんとUPするような気がします。
ま…目指してはいるものの、実情はなかなか…なのですが(^^;

で、この日は珍しく作戦成功♪
白金台の某フレンチに行く前に、素敵なカフェで心のリセットタイムを過ごしました。
ビルの三階にあるこちらのお店。
ゆったりしたソファに身を沈めて、眺めるのはこんな景色。
P1030421(1).jpg

続きを読む

PageTop

慌ただしいお昼時にホッと一息~虎ノ門『Bistro le vin』

新橋、虎ノ門、内幸町、御成門…
いずれの駅からも等距離あたりに『Bistro le vin』。
訪れたのは10月の平日、時刻は12時少し前。
ランチ激戦地のこのエリアにあって、比較的ゆとりのあるランチを楽しめるお店です。

ランチコースは、サラダ、スープ、デザート付きで1000円。
魚、肉、パスタ、カレーの4種類から選択が可能です。
1500円のサーロインステーキコースもありますが、皆さんだいたい1000円ランチを選択しているようです。
別注文のコーヒーは250円、そして同じく別注文のグラスワインは赤白ともに500円。

この日オーダーしたのは、魚のコース。
そして、グラスの白ワイン。
シャルドネを中心としたテーブルワインには、ユニブラン等カジュアルなぶどう品種が数種アッサンブラージュされています。
お肉に合わせてもお昼ならば大丈夫そう。
そんな印象のある果実味豊かな白ワインです。

続きを読む

PageTop

大好きなお店、大好きなグループで~銀座『ロオジエ』

2011年3月末で一旦休業となってしまう大好きなお店『ロオジエ』。
なかなか気軽に行けるお店ではありませんが、行けば必ず楽しませてくれる大きな安心感が嬉しいお店です。

10月のある日、大好きな『ロオジエ』に大好きなメンバーで訪問。
9月訪問時にはその後の予定の関係で十分にワインが堪能できませんでしたので、この日は特にワインを楽しみにしての訪問です。
ランチであってもディナーであってもお店のワインリストの素晴らしさは変わりません。
この日は、シャンパーニュ⇒赤ワインの流れ。
特に赤ワインの保存状態の良さにうっとりと「さすがだなぁ」と。
弱いヴィンテージのブルゴーニュなのに、まったく弱さを感じさせないクオリティ。
存分に堪能させていただきました。

本日いただいたお皿のうちLOVEのお皿はキノコの温かい前菜。
詳細な説明は省略いたしますが、その香りだけでうっとりさせていただけるような素敵な一皿。
前回くらいからはっきり気付き始めたのですが、ここ半年くらいでロオジエのお皿のレベルがぐんぐん上昇しているような気がします。
特に、この一皿にますますその確信を得たような気がいたしました。

続きを読む

PageTop

21時過ぎのご飯にも~目黒『yuuan』

東急目黒線の駅の真上、アトレ2の2階に位置する『yuuan』。
ちょっと雰囲気のあるダイニングバーにしか見えないお店のカテゴリーは、食べログ上、自然食。
最初に登録した方が間違っているのでは?と疑いつつお店に入ったのはラストオーダー(22時)のほんの数分前。
「間もなくラストオーダーなんですけど…」という表情のかけらも見せずに明るい「いらっしゃいませ」で出迎えていただきました。

メニューを拝見すると、ダイニングバー使いも定食屋使いも出来そうなラインナップ。
「自然食」というカテゴライズは間違っていないのだとようやく納得しました。
この日は、サクッと夕ご飯のために訪問。
オーダーしたのは、惣菜3点盛り、鶏肉と野菜の煮物、黒米のごはんセット…そしてグラスの赤ワインです。
(まずは惣菜の3点盛り。右側はキュウリとウナギです。一日30品目、といいますからこういうお皿は外食がちな身にとって有り難いものです。)
P1030437(1).jpg

続きを読む

PageTop

はじめてのランチタイム~白金台『カンテサンス』

10月のとある日、数えてみれば今年4回目の『カンテサンス』。
初めてのランチタイムにお邪魔しました。

この日のランチの趣旨は、ある方のお誕生日のお祝い。
一度もお会いしたことのない方のお誕生日祝いに便乗してしまう私の図々しさ。
しかも…こんなに予約困難なお店での御相伴。
光栄です~、と素直に喜んでばかりじゃいけないような気も…
本当にありがとうございます。
P1030423(1).jpg

今回使わせていただいたのは前回と同じくセラーに面した個室。
思った以上にたくさん保管されているグランヴァンを前回よりじっくり眺めながら、コース料理を楽しみます。

続きを読む

PageTop

フランス国旗に引き寄せられて~中目黒『a table』

10月のとある日。
ランチライムを逃した14時半過ぎ、歩いていたのは山手通り。
まだ綺麗なフランス国旗がはためく姿を見かけて、お店に引き寄せられると…「ランチタイム LO15:00」の看板。
急遽、ランチタイムを取り戻すべく『a table』を初訪問いたしました。

中目黒から歩くこと10分程度。
まだ新しい店内には清潔感が漂います。
オーダーしたのは、スープ、メイン、デザート、コーヒーから構成されるランチコースのB。
メインに鶏モモ肉のロースト、シーザーサラダ添えをチョイスし、白ワインをグラスでいただきます。
白ワイン630円はローヌの白。
ぶどうは多分マルサンヌ。
若いヴィンテージながらも十分こなれている感じがそれっぽく感じたのですが、自信はありません。

続きを読む

PageTop

言葉に乗るもの

「頼りにしているぞ。よろしく。」
そんな一言メールにほろりと来ました。
あまりにも光栄で。

言葉にはその人の過ごしてきた時間が乗るのだな。
そう思いました。

仕事のうえでも、人間的にもず~っと憧れだったパワフルな上司。
一緒に働く日を望みつつ2度ほど不運なすれ違いを経験しました。
「いつかは(先輩のような)そんな存在になりたいです」とお話したのは4年前。
「いつか一緒に働ける機会には最高のパートナーになってみせましょうぞ」と大ボラ?吹いたのは2年前。

これまでに歩んできた道の長さと険しさ。
これまでに仕事に傾けてきたエネルギーの大きさ。
それを僭越ながらも知っている私には、いただいた一言はあまりにも重く、そして光栄でした。

続きを読む

PageTop

駅近のニューオープン小皿イタリアン~恵比寿『ATRIO CUCCINA TACUBO』

Ariaのあるビルの1階、カフェからトラットリアに生まれ変わったのがこちらのお店。
P1030398(1).jpg

プレオープンの翌日、オープン初日にお邪魔してまいりました。
Ariaは、ちょっとした記念日に、こちらは普段使いで、とコンセプトを聞かせていただきましたが、5500円(コペルト500円別、税サ込)で小皿12皿とメイン料理が味わえるコース1本勝負のこちらのお店。
お皿の出し方を順不同とするなど、コストや手間を省いてCPにこだわったお店です。

ワインのボトルは5,500円と7,500円の均一価格。
かなり絞ったラインナップですが、イタリアの南から北まで満遍なくリストにONされていますので、その時の気分でチョイスすることも可能。
この日は、スパークリングをグラスでいただいた後、白は南から、赤は北から選択。
白ワインは若干酸化のニュアンスがあるものの、土着ぶどうの面白さを味わわせてくれる1本。
赤はネッビオーロらしい酸と香りが楽しい1本。
お皿の傾向に合わせて選ばれているワインですから、軽快な印象のワインです。

続きを読む

PageTop

駅の真上のビストロです~白金高輪『kif-kif』

10月のある日、移動中のサクッと夜ごはんに選んだのは『kif-kif』。
途中下車駅の真上という立地、サッといただけそうなビストロメニューに加え、サラダ類が充実(3種類ですが)しているところに目をひかれ少し前からマークしていたお店です。

公共の施設がある建物内の2階に位置するこちらのお店。
お一人様(私)からお友達同士、ワイン会利用のグループ等様々なお客様がいらっしゃいます。
そんなお店でこの日はオーストラリアのシャルドネをグラスで、そしてエピスを効かせた鶏のサラダ、バゲット、キノコのマリネをオーダー。
1時間以内の時間制限の中、簡単な夕ご飯をいただくことにいたしました。

キノコのマリネ。こちらは390円。とてもお得な一皿です。
P1030394(1).jpg

続きを読む

PageTop

ワインの素敵なイタリアン~中目黒『ICARO』

ワインをいただきながらのお食事がとても楽しい中目黒『ICARO』。
10月のある日、グループで訪問。
この日いただいたワインのうち特に印象に残ったのは96年のバルバレスコ。
イタリア直輸入ではなく、アメリカを経由して輸入されたもの。
長旅を経たせいもあるのでしょうか、抜栓後すぐ、きれいに花開いたワイン。
お値段6,000円はとても破格。
怒られてしまうかもしれませんが、リーマンショックの恩恵と言うことなのでしょう。

オーダーしたボトル2本以外にも、途中途中お皿に合わせて出していただくワイン(白、赤、甘口)のマッチングもやっぱりさすが。
私の中でイタリアンでワインと言えば必ず選択肢にのぼるお店です。
イタリアワインは難しいと言われるけれど、その多彩なぶどう品種は面白い経験にもつながります。

続きを読む

PageTop

貴族気分のランチタイム~銀座『ロイヤルクリスタルカフェ』

10月のとある日、簡単なランチをいただきに銀座『ロイヤルカフェ』を訪問。
大理石っぽい外壁が印象的な宝飾店の入ったビル。
自動扉を入れば絨毯敷きの階段。
そこを下りて地下へ。
現れるのは「カフェ」あるいは「喫茶店」というより…「サロン」という言葉が似合う空間。
名前に付けられたロイヤル、クリスタルという単語も「なるほど」と納得できる(喫茶店にしては)華やかな空間です。

何組かいらっしゃるお客様の大半は綺麗めの格好をなさったご婦人たち。
そんなお店でオーダーしたのは、白ワイン(アメリカのシャルドネ)のグラスとシーフードグラタン。
メニューはいかにも喫茶店なところがかえって面白く感じます。
P1030374(1).jpg

続きを読む

PageTop

2010.11.7(日)神楽坂のフレンチでランチ会♪【募集締切】

(11.4更新) 募集を締め切りました。

神楽坂のフレンチレストランで日曜日のランチ会を企画いたしました。

日時:11月7日(日)12時30分~3時間程度

場所:神楽坂のフレンチ(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:コース料理(アミューズ、前菜、魚料理、口直し、メインディッシュ、デザート、コーヒー、紅茶、又はハーブティ、プティフル)

会費見積:11,000円前後
(見積内訳:コース5,800円、ドリンク4000円強、サービス料)

続きを読む

PageTop

ワイン好きに嬉しいイタリアン♪~恵比寿『Aria』

Open当初から機会をうかがいつつ、ようやく初訪問を果たしたのは10月。
秋風が気持ち良い休日、女性同士でランチに訪問してまいりました。
駅に近いビルの4階。
1階でないというだけで立地的には不利なはずですが…店内はカウンターも含めきっちり満席。
凄い人気なのですね。

「きっと気に入ると思う」そうお勧めして下さった方もいたこちらのお店。
入店後すぐに触れることができる、その柔らかなサービスはとても私好みです。
お席をいただき、店内を眺めれば、白い壁と遊びのある窓の配置。
そんな内装の造り出す柔らかい雰囲気も、とても私好みです。

本日の参加者を待つ間に眺めているワインリスト。
いくつか気になるワインの説明を聞きながら、その品揃えも私好みなことに気付きます。

そして味わったのはお任せコース5000円。
(冷前菜はサンダニエール産の生ハム。16カ月の熟成だそう。)
P1030364(1).jpg

続きを読む

PageTop

小暮写真館

最近意識的に本に親しむようにしています。
ビジネス書が多いのですが、今回は珍しく小説。
大好きな宮部みゆきさんの作品「小暮写真館」です。
http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/kogure/

主人公は男子高校生。
私とは全く違う環境の主人公ですが、何度かほろりと心を緩ませてくれた温かい作品です。
ちょっと変わった出来事もたくさん起こるのですが、その中には普遍的な人間の感情が細やかに描かれています。
ですから、とても親しみを持って読むことのできる作品です。


続きを読む

PageTop

初めての美術館~香水瓶の世界

美術館に行ったことは数えるほど。
けれど、そのどれもが誘われて、又は連れられて。
これまでの人生の中で自発的に美術館に行ったのは、これが初めて。
駅で見かけたポスターに心を奪われ、休日のとある日、目黒の庭園美術館を訪問してまいりました。
P1030313(1).jpg

今回の訪問のきっかけは、私が香水好きなことと無関係ではないとは思います。
でも、最近少し心境に変化を感じていることとも関係があるのだと思います。
とにもかくにも、自発的な美術館という行動に驚いたのは私自身でした。

綺麗な香水瓶を眺めながら、ひととき芸術に触れあう時間。
訪問者に若いカップルが多いことが予想外でとても新鮮。
周囲より少しだけ速いペースで展示物を見て回って、紀元前~現在までの香水瓶の世界を堪能してまいりました。

これからも意識的にたくさんのものに触れていきたいと思います。
食べる一辺倒ではなく、仕事一辺倒でもなく。
そういう心がけだけでも大切にしていくことで、心の懐を広げたいな、と思っている今日この頃です。

PageTop

挨拶は元気よく!~目黒『テオドーラ』

10月のある日、ビストロ感覚でサクッとお一人様ご飯ができないかしら?と目黒の『テオドーラ』を初訪問。
時刻は21時まであと少し。
目黒駅にほど近いビルの階段を上ってお店に入ると「いらっしゃい!」の元気の良い御挨拶。
あまりの元気の良さに、だれもお客様がいないのかと誤解しちゃいましたが、店内には、お誕生日祝いのカップルが1組。
とても陽気なお店なのですね。

天然の木の質感をそのまま残したようなテーブルが置かれた店内。
南仏料理のもつ「素朴」なイメージとお店のイメージがちょっとだけ重なる感じ。
そんなお店でオーダーしたのは、スペインの赤ワイン(テンプラニーリョ100%))をグラスで。
合わせたのは前菜を2皿。

1皿目は、サーモンマリネとキャベツのプレッセ。お店の照明の関係で写真がうまくとれなかったのですが、ピンクとグリーンのコントラストがとても素敵なお皿です。

続きを読む

PageTop

夜遅い時間でも~恵比寿『CHIBIKURO-SAMBO』

21時過ぎのお食事ならば、なるべく体にいいもの&負担にならないものを口に入れたいと思います。
早朝から走り回り、ようやく一息ついた平日の21時過ぎ、そんな思いでこちらのお店を初訪問。
名前だけ見るとわかりづらいのですが、こちらは、自然食らしいカフェ飯系のお皿を出してくれるお店。
誤解を恐れずに言えば、女子向き定食屋で、軽く飲むこともできるお店、と表現できるかもしれません。

この日オーダーしたのは、野菜たっぷりのトマトソースパスタ&グラス赤ワイン。
P1030357(1).jpg

油がきつくないパスタですので、夜遅い時間でも胃もたれの心配はありません。

そして、これはお通しのポテトサラダ。
P1030356(1).jpg

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。