Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

ワーキングウーマン(WW)同士で仲良くル・ブルギニオン♪

六本木のグランドハイアットの奥、やや広尾より、小さな交差点に立つ一軒家風フレンチ「ル・ブルギニオン」。
WW同士で仲良くアットホームに楽しんできました。

連日予約で満席の続くこちらのお店。
予約は約2ヶ月前。
当日ももちろん満席。
コース料理(真ん中の税・サ別の7500円のコースをチョイス)と程よくワインをいただいて1万5千円未満の良心的な価格。
ミシュラン獲得後お値段を上げるお店も多いと聞きますがこちらは従前のまま。
満席が続くのもうなずけます。

当日は、前菜×2、魚、肉、デザートと続くコース。
一番美味しかったのは、肉料理牛のハツの粒マスタード仕上げ。
コリコリとした食感のハツと粒マスタード、そして十分に甘みを引き出すほどにいためられたたまねぎとの相性がばっちりでなかなか楽しい一皿に仕上がっていました。
内臓系に自信、を実感!

サービスも欲しい時に欲しいものが、という優秀さ。
これに実は一番まいってしまいました。
ソムリエさんも相性バッチシ。
いただいたワインも伝えたイメージ通り。
ちょうど飲み頃を迎えているといわれた2001年マルサネ、お料理に合っていてとても美味しかったです。
P1000600(1).jpg

こうしてまた再訪を誓う客が増えて、そしてまた予約が取りづらくなっていくのね~。。。

ル・ブルギニオン (Le Bourguignon) (フレンチ / 六本木、麻布十番、広尾)
★★★★★ 4.5

スポンサーサイト

PageTop

1月30日金曜日 六本木のフレンチ【完了しました】

(08.12.26更新)満席になりました。2月以降の企画も近日中にUPします!
(08.12.19更新) 残席1になりました。

keyが前から行きたかったお店を記念すべき第1回の開催場所に選びました!
詳細は、メールで別途ご案内いたしますので、ここでは概要のみご連絡いたします。

日時:1月30日(金)19時半~2時間程度
場所:六本木のとあるフレンチ

続きを読む

PageTop

たかがミシュラン、されどミシュラン

昨年ミシュラン東京版が発刊され、お店選びの際はミシュランを無視することはできなくなりました。
期待して訪問したのに、普通に当たり前においしいだけのミシュラン掲載店もありました。
美味しいし、サービスも良いけれど心に残らないお店であることもありました。
でもやっぱり無視はできない。

会食という行為を考えてみると、食材の良さ、マッチングの妙など食事に関して楽しむ要素もたくさんありますが、食事以外にもたくさんの楽しみがあります。
私の場合、ワインとのマリアージュはとても大切。
その日のソムリエさんにうまくイメージを伝えるためには、ソムリエさんとの相性も大きな問題です。
誰とどんな会話をしながら食事をしたか、これも大切です。
その日の気分やお天気もそんなに意識していませんが、印象を左右するかもしれません。

心に残るお店はミシュランの星の数で決まるわけじゃない!という信念はあるものの。。。
でもやっぱり無視できないミシュラン。
特にグループで会食する場合、ミシュラン掲載店というだけで事前の盛り上がりがちょっと違う。
事前のわくわく感も会食の大切な要素。
だから、やっぱりこれからも無視できないミシュランなのでしょう。

PageTop

タバコをやめて5年が経ちました

タバコをやめて5年とちょっと経ちました。
タバコをやめた効果はすぐには出ないけれど、タバコをやめて不幸になったという話は聞いたことがありません。
keyも5年間じわじわじわ~っと実感が高まって、今は、タバコをやめて本当によかった、と深く実感できるようになりました。
今日のお話は、タバコをやめようと思ったきっかけです。

最近、タバコを吸える場所はとても限られています。
指定の喫煙所、又はわざわざ外に出かけないと喫煙できないことも珍しくありません。
あくまで概算ですが、移動時間を考慮すればタバコ1本、5分の時間がかかると仮定します。
keyは1日30本吸っていましたので、5分×30本=150分を毎日タバコのために消費していたことになります。

この事実に気がついたとき、と~ってももったいない気分になりました。
当時の私の平均帰宅時間は夜12時半、朝家を出るのは7時。
休日は月に2日程度でした。
仮に今、1日150分プレゼントされたら私は何が出来るだろうか。
75分を睡眠に回し、75分を仕事に回すことができるじゃないか。
もっと健康に、もっとたくさんの人の仕事を受けて差し上げられる。
このように思ったことが、タバコをやめるきっかけでした。

なお、、、もし今、1日150分のプレゼントがあったら、当時とは配分は随分違うと思います。
が、とにかく、タバコをやめて確実に時間的な余裕が増えました。
5年経った今、1日150分の積み重ねの成果を大いに実感しています。
なにより、5年間有意義に過ごせたと思えることが自信にもなっています。

効果を実感するのはすぐではありませんが、確実に実感はやってきたのです!

PageTop

いつものお昼ご飯

食べ歩きが趣味のkeyですが、普段仕事がある日の昼ごはんは、きわめてきわめて質素なものです。
オフィスにいる日のお昼ご飯は、
パターン1:大きなサラダとサンドイッチ、オニオンスープ(いずれもコンビニ)
パターン2:おにぎり2個、野菜たっぷり春雨スープ(いずれもコンビニ)
パターン3:スープストック東京の大きなスープとパン又はおにぎり
こんな感じです。

外出している時も、スタバでサンドイッチとコーヒー又はパン屋さんでイートインなどという簡単なものがほとんどです。

食べ歩きが趣味と言っているのに、これでは主義主張が一貫していないようですがそうでもないんです。
理由は3つあります。

理由1:お昼時間中も仕事して、早く帰れるほうが嬉しい!だから時間のかからない食べ物又は片手に書類を持てる食べ物のほうが便利♪

理由2:出勤からお昼までは3時間程度。全然集中力が途切れていないので、食べ過ぎて眠くなって集中力を切らすのが怖い。

理由3:時間も場所も限られているお昼。美食を求めるのは限界があるので、生命維持に必要な分だけ食べ、お楽しみはディナーで存分に味わう。

こんなところです。
人から見ると、食べるものの落差がとっても大きく、食べ歩きが好きなようには見えない昼間の私です♪
これもメリハリとして楽しめば、楽しいものです!

PageTop

第1回WWN(Working Women's Net)を終えて

先週水曜日、第1回目のWWN(Working Women's Net)を開催しました!
このブログ上は、募集の案内を削除してしまったのですが、削除する前にご覧になった方もいらしたかも知れません。
銀座のマダムシュリンプというダイニングバーで、海老づくしのディナーをワインと共に楽しみました。

大分ご報告が遅れましたが、お店の報告は二日前ブログにUPしてあります。
当日は、寒くて小雨の降る外の天気とは裏腹に、とても暖かい楽しい交流をさせていただきました。
WWN(Working Women's Net)に参加してくださっているメンバーの方二人とkeyの計3人のお食事会となりました。

WWN(Working Women's Net)の趣旨に賛同して集まってくださった方と、掲示板又はメール等でお話をさせていただくことがあります。
そのたびに、なぜこんなに素敵な方が集まってくださったのかとびっくりすることがしばしばです。
今回いらしていただいた方2名も、そんなメンバーです。
普段仕事でお会いしたとしてもなかなかお近づきになれそうもない方と、こういう機会を通じて親しくお話させていただけたことはとっても光栄でした!

会話が始まるとすぐに、3人とも少しずつ共通点があり、少しずつかぶっていることが発覚。
「え~、私もですよ!」という相槌がお食事会の最中に何度飛び出したことか。
面白いものですね。

盛り上がれば盛り上がるほど、酒量も弾みます。
楽しい会話がお食事とお酒をよりいっそう引き立てて、あっという間の3時間弱。
お食事もお酒も、そして会話も大満足♪

後日談ですが、時間が経つほどどんどん会話が広がり、あんなにおしゃべりしたのに、まだまだ話したいことがある!という気持ちで皆さん帰途に着かれたとのことです。
是非、また次回以降続きを堪能しましょう!
多分これからも尽きることのない会話と交流が続いていきそうです。

WWN(Working Women's Net)を立ち上げて本当によかった!
心からそう思えた第1回目でした。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

PageTop

横浜ロイヤルパークホテル68階フレンチ「ルシエール」

平日ゴルフのために有給GET!
が、、、あいにくの雨のためゴルフ→食べ歩きに予定を変更し、行ってきました。
みなとみらい、横浜ロイヤルパークホテル68階のフレンチ「ル・シエール」。

平日にもかかわらず窓際の席はすべて予約でいっぱい。
意外とこじんまりとしたお店のため窓際の当日予約は厳しいようです。
本日は、2列目でやや曇り空のスカイビューを楽しみながらのお食事です。

レディースランチ3500円(税・サ別)、優雅な午後をのランチコース5500円(税・サ別)とシャンパン含めグラスワインを計5杯いただきました。
メニューはこんな感じ。

レディースコース
・いろどり野菜のバリグール
・アイゴ・ソウ・デュー(スペイン風のガーリックの効いたコンソメスープです)
・真鯛のソテー
・仔牛のブランケット プロヴァンス風(クリーム煮込みというやつですね)
・ブランマンジェ(た~っぷりのメレンゲと、惜しみなく添えたフルーツがおいしい♪)
P1000583(1).jpg


優雅な午後コース
・小さなオードブル(サーモン、野菜のテリーヌ風)
・コーンフレークをまとったマグロのミーキュイ(マグロステーキですかね)
・鴨肉とフォアグラを薄いパイ生地で包み、焼いたもの
・仔牛のフォンダン
・フォンダンショコラ 抹茶のアイスクリーム

こちらの売りは、眺めとデザートの美味しさです♪
レディースコースはセットデザートが決まってますが、それ以外のコースですとケーキワゴンも選択できますので、こちらのほうがお勧めです。

味も雰囲気もどこかがずば抜けていいわけではないのですが、総合点の高いお店です。


ル シエール (LeCiel) (フレンチ / みなとみらい、桜木町)
★★★★ 4.0

PageTop

銀座「マダムシュリンプ」にて海老づくしディナー

念願の海老づくしディナー、ようやく訪問♪
オズのコースで、1ドリンク(シャンパンを選択)付きで5000円(別途コベルト500円)のコース。
お通しから海老です。
海老に厚めの衣を付けて揚げたものから始まり、その後出てくるお料理の7割が海老入り又は海老メインのまさに海老づくし。

こんな感じです。
・前菜3種盛り(ここに海老サラダと白海老の素揚げも入ってました)
・ボタン海老とアボガドのサラダ仕立て
・しまあじのカルパッチョ
・大海老の自家製マヨネーズいため(ライスペーパに乗って出て来るこれが一押し!)
・とろとろ煮豚のオーブン焼き
・手長海老のブルギニオンバター焼き
・海老チャーハン
・オレンジシャーベットフルーツ添え
P1000577(1).jpg


これに追加でイスラエルの白ワインと、赤のオー・メドックフルボディそれぞれ6000円~7000円クラスのワインを追加して楽しみました。

大通りに面した雑居ビルの地下2階。
小さなこじんまりとしたこちらのお店。
イメージは、楽屋又は芝居小屋の舞台裏。
靴を脱いでお邪魔する小さな店内は妙にくつろげます。
ただ、、、狭いので、タバコを吸う人が多いと厳しいかも。
分煙かどうかはわかりませんが、お店が小さいので分煙しても効果はなさそう。
ぷりぷりの海老好きなら一度は行ってみたい銀座の舞台裏でした。

マダムシュリンプ (マダムシュリンプ) (ダイニングバー / 新橋、内幸町、銀座)
★★★★ 4.0

PageTop

とっさの一言と自分磨き

とっさの一言という英語の本があったかもしれません。
でも全く英語とは関係ないお話です。

最近、WWN(Working Women's Net)に関心を持って下さる方が少しずつ増えています。
とってもありがたいことだなあとしみじみしています。
それと共に、寄せられる伝言やメールも少しずつ増えてきました。
これもとても嬉しいことだなあと思っています。

いただいたメールや伝言にはじっくり時間をかけてお返事したいのですが、なるべくその日のうちに返信したい!とも思います。
そうすると、メール等を拝見したあと、まるでおしゃべりをするかのような感覚でお返事を書いて送信!というふうになってしまいます。
もっと練って練ってよい文章を書いて送れたらいいのに・・・

特に帰宅時間が遅い日などは、まさに「とっさの一言」メールです(笑)。
そんなメールには、恥ずかしながらうそ偽りのない素のままの私がさらけ出されている気がします。

これからもきっと皆さんにとっさの一言メールをたくさんお届けしてしまうでしょう。
それをやめることはできないので、常日頃の自分磨きのほうをがんばります♪
至らぬ私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

PageTop

食べ歩きの回数が先週から激減・・・その理由は

このブログでも、食べログでも確認できますが、先週からめっきり食べ歩きレビューが減りました。
実際、食べ歩きに行ってないのです。
その訳は、1月10日土曜日にスタートした英語のクラスにあります。

3ヶ月を1クールとして、この1月~3月は発音のクラスを選択。
人生初めての発音クラス。
担当する先生も全く初めての方。
わくわくして初回の授業に臨んだ感想は、、、
「相当な時間を費やして復習にあてないとマズイ!!!!」

授業の必需品は、手鏡とレコーダー。
手鏡はもちろん自分の口の形を確認して、正しい発音をサポートするため。
そして、レコーダーは復習で確認するため。
パンフレットにも「十分な復習の必要があります」と書いてありました。
が、、、十分が2時間の授業時間に対しておおむね6時間以上とは誰が予想したでしょう。
甘かった。

というわけで、平日の夜及び日曜日の食べ歩きを控えて、英語の勉強時間を確保しているkeyです。
まだ昨日2回目の授業が終わったばかり。
残り8回、復習は9回分もあります。
せっせとがんばらねば。

でもこんな機会、滅多にあるもんじゃありません。
自分の意思だけではなかなかできないことですし。
強制的に訪れる1週間後のクラスに向けて必死に復習する自分は、テストに追われる学生のようで少しノスタルジー。

がんばった分は必ず自分に返ってくるさ~、と前向きに、汗をかきかきがんばります♪はい!

PageTop

虎ノ門カジュアルイタリアン「イ・プリミ」

虎ノ門と溜池山王の中間点、JTビルの1階にあるカジュアルイタリアン。
おひとり様利用から宴会利用まで。
ランチもディナーも、付近の会社の方が気軽に利用している人気店。
席数豊富なため、ふらっと行って入れるところも普段着使用の条件を満たしています。
平日のランチに、残業時の夕食にと多くの方が普段使いされている様子がうかがえます。
本日は念のため予約してうかがいましたが、金曜日以外は特に予約は必要なさそうです。

前菜、パスタ、ピザ、メインと一通り揃っているこちらのお店。
お店の雰囲気がカジュアルなので、メインをオーダーしないテーブルのほうが多いみたいです。
メインは、食材と調理方法を選んでセミオーダーする形式。

皆さんが書かれているように一番のお勧めはパスタ。
モチモチしておいしいので、是非太いパスタ(タリアテッレなど)で味わっていただくとその良さが堪能できます。
デザートもワゴンから好きなだけ盛り付けてくれるので女性にはGOOD。

なにより、ハウスワインで通せば、思い切り飲んで食べても5000円未満というCPがここのウリ。
お財布のこと全然気にしないで、おしゃべりに興じられます。
スタッフの方も丁寧に接してくださいますのでお得感がありました♪

イ・プリミ 虎ノ門店 (I PRIMI) (イタリアン / 虎ノ門、溜池山王、国会議事堂前)
★★★★ 4.0

PageTop

最近のちょっと嬉しい出来事

最近のちょっと嬉しかったこと。
なんでもない職場の一コマ。
現在出向中の私は、出向先ではお客様状態。
丁寧に扱っていただいているのはありがたいのですが、組織の一員として迎えられている温かさには出会えません。

そんな中、10歳も後輩の男の子たちから「ゴルフをやると聞きました。一緒に練習して春になったらコースに行きませんか?」とのお誘い。
びっくりしました。
出向先は年功序列が激しい組織なので、そんなお誘いを後輩から受けるとは思ってみなかったから。

出向元では、20近く年の離れた後輩たちや20くらい年の離れた先輩たちとゴルフに行ったり、コンペしたり、ゴルフ旅行に行ったりとゴルフを軸にした交流を推進していたkeyです。
60人規模のゴルフコンペを企画、開催、成功(自分で言うな!)させたこともあるんですよ♪
だから、その楽しさも十分知っているつもり。

あと1年半の出向期間。
少しでもここで出会えた方々と交流できれば幸せ。
そんな気持ちにこたえるちょっと嬉しい出来事でした。

明日は、boysたちとゴルフ課結成記念お食事会♪

PageTop

FAQ

Q1 入会金などはありますか?
いいえ。個人的な食事会ですので、参加していただいたときに原則として御自身の飲食に応じた飲食代をお支払いいただく以外、入会金も月会費等もございません。

Q2 参加するためには、メンバーになる必要がありますか?
メンバー登録をしていただいた方には、不定期でイベントの更新の状況をお知らせしております。ただし会員制ではないので、お食事会にはどなたでも自由にご参加いただけます。参加ご希望の場合メールフォーム(ブログ右下参照)でご連絡をお願いいたします。また、メンバーの方にはHPに掲載しない小規模の会の案内をすることもございます。メンバー登録の希望もメールフォーム(ブログ右下参照)でご連絡ください。

Q3 食べ歩きの経験がほとんどなくても、ワインに詳しくなくても参加できますか?
食べ歩き初心者、ワイン初心者大歓迎です。私も回数を重ねているだけで詳しいわけではありません。主目的は、前向きに働く女性同士の交流です。一緒に会話もお食事もワインも気軽に楽しみましょう。なお、keyがワイン好きのために、ワインのあるお店をセレクトしますが、基本的にお好きなドリンクでご参加いただくこととしております。アルコールがだめな方も歓迎いたします。

Q4 参加すると写真等が公開されまますか?
いいえ。食べたお料理、飲んだワインの写真は公開することがありますが、個人の写真を掲載することはありません。(よほど強いご希望があれば掲載も考えなくはないですが、、、)

Q5 参加にあたっては何を着ていけばよいのですか?
お店に失礼にならない程度であれば、大体何でも大丈夫だと思います。平日の夜のディナーがメインですので、お仕事帰りの服装でどうぞいらしてください。Tシャツ、生足に短パン等でなければ基本的に大丈夫では?

Q6 どうしても苦手な食材があるのですが。
初参加の際に、事前に苦手な食材をご申告いただいております。可能な限りお店に伝えて対応してもらいます。

Q7 募集はどこで行っているのですか?
こちらのHP(ブログ)に直接お越しいただいた方のほか、趣味人倶楽部というSNSではWWN(Working Women's Net)をコミュニティとして運営しております、食べログでもリンクを貼っております。現在、8割が趣味人倶楽部のコミュニティメンバーで、残りがブログ経由でお申し込みされたメールメンバーです。

Q8 男性参加も可能なお食事会を開催する予定はありますか?
現状は考えていません。また特にそのような需要が大きいとは感じておりません。今後そのような声が多くなれば検討したいと思います。

Q9 アルコールは飲めませんが、参加できますか?
アルコールを飲めない方も参加されていますし、歓迎いたします。ただし、圧倒的に飲める参加者の方が多いので、アルコールを飲む方と一緒の席でお食事をすることに抵抗のある方は、ご参加が難しいと思われます。なにとぞご了承いただけますと幸いです。

Q10 各人のお会計はどうやって計算しているのですか?
HPで事前に見積もり概算額を記載していますが、実際のお会計は、飲酒量あるいは、その方がオーダーされたものを考慮してご負担いただくように計算します。ただし、ワイン1本をシェアした場合等、厳密に飲んだ容量に比例して計算することが難しい場合も多いので、その点は合理的な範囲内で、ご了承いただけますと幸いです。お会計総額はちゃんと提示しますので、幹事だけ安い、と言うようなことは絶対にありません。安心して参加してください。なお、お会計の計算をする都合上、早退の方は最初にお申し出ください。

Q11 参加者にキャンセルが出てしまったら企画もキャンセルされるの?
少人数の企画ばかりですので、キャンセルが発生して参加者が2~3名になってしまうことも考えられます。ですが、いったん成立した企画は、keyがただ一人の参加者にならない限りは決行致します。なお、参加者がkeyひとりとなった場合でも、企画をキャンセルする前に一定の告知期間(直前の場合、とても短いこともあります)を経てから企画を削除いたします。検討中の方はこの告知期間にお申し込みください。

Q12 コミュニティの参加資格である「前向きに働く」女性の解釈を教えてください。
 「前向きに働く」、これは職種や労働時間、ましてやお給料のことをいっているわけではありません。女性の働き方は実に多様です。
 おしゃれやグルメにも女性として関心がおありと思いますが、それ以外のお仕事にも情熱を持っていらっしゃる方が、「前向きに」働く女性だと思っています。
 在宅で大好きな仕事をなさっている方、事情があって休職中、でも復職する日のために自己研鑽に励んでいらっしゃる方、ボランティアを仕事と思い夢中で取り組んでいらっしゃる方…皆さん素敵な「前向きに」働く女性です。
 働いている女性が集まる「単なる飲み会」ではなく、仕事にも人生にも前向きな女性、そんな女性同士が出会うお食事会を目指しています。えらそうなことを言う管理人も、コミュニティも発展途上です。でもそんな理想を目指し、運営しています!

PageTop

ハイリスクハイリターンなゴルフへ変貌中

昨日は久しぶりにゴルフに行ってきました!
最高気温8度ではあるものの、雲ひとつない青空とほとんど風のない気候が勝り、長袖シャツ1枚と防寒用のベスト1枚だけでプレーできました。
まるで春の軽装です。

年末年始~最近、一人のプロに付いてスイング改造をがんばっていたkeyですが、その甲斐あって3週間で以前とは見違えるくらい力強くクラブを振ることが出来るようになりました。
そうすると何が起こるか・・・
ゴルフの内容がハイリスクハイリターンになるのです。

今まではありえなかったFWの会心の一打で、見事パーオン♪なんてこともありますが、逆に今までだったら飛距離が出ない分助かっていた引っ掛け玉が確実にOBになる、なんてことも出てきます。
結果としてスコアには影響がないどころか、むしろ一見悪化しているように見えます。

しかし、ゴルファー5年目にしてようやくゴルフの上達の道筋を学び始め、こんなことでは落ち込まなくなりました。
むしろ成長のための一時的な現象と前向きに捕らえることができるようになりました。

実際本当にそうだと思うのですが、スコアに現れるまでにはまだしばし時間がかかりそうです。

表面的な進歩はなくても長い目で見ればそれも進歩の一つの過程。
こういう人生訓みたいなことを実感できるのもゴルフが大好きな理由の一つです!

PageTop

西麻布 創作系日本料理「ラ・ボンバンス」

六本木、西麻布、乃木坂のいずれの駅からも10分少々。
西麻布交差点のほど近くにたたずむこちらのお店。
HP予約をしてお邪魔しました。

翌日に、予約確認のTELをいただいた時からとっても感じの良い電話応対に期待度UP。
実際にお会いしたオーナーのまろやかな人当たりと、接客の距離感は想像以上にすばらしく、ゆったりとした時間を過ごすことができました。

お料理は、懐石にフレンチのエッセンスを加え、さらにメニューのネーミングに独特のセンス。
たとえば、付出しの「今年モー良い福がありますように!」は、牛トロとふぐの一口鮨のこと。
やや懲りすぎかな?と思う創作料理やネーミングもありましたが、十分に楽しめました。

お料理は1ヶ月ごとに変わるコース料理10000円のみ(税金、サービス料別)。
デザートは追加料金。
事前(予約時)に苦手な食材を聞いてくださるので、コース1本でも問題はありません。
むしろ、コース1本だからこそ一皿が終わったら小気味の良いテンポで次の皿が出てくるのだから快適です。

フレンチと和食の中間程度のこってり感もお店の雰囲気と合っていてとても良かったです。
ワインとあわせていただく和食と言う点でも好み!
カウンターの椅子がぎちぎちでかなり出入りが大変なのは、人気店ゆえしょうがないのかもしれませんが、そういう不自由さをもってしても、「あ~快適な時間だった」と言わせるチカラをもっているお店です。

小さなぐつぐつのお鍋が出てきたのはびっくりでしたが、心と体を温める美味しいお料理でした。

ラ・ボンバンス (La BOMBANCE) (割烹・小料理 / 六本木、乃木坂、広尾)
★★★★ 4.0

続きを読む

PageTop

銀座のニューオープン「リストランテ アル・ケントーレ」

銀座のコリドー街と外堀通りの中間地点に最近建った10階建てのニッタビル。
銀座側から、『三亀』や『むとう』のある通りを直進するとちょうど目の前に現れる大きなきれいなビル。
おしゃれめな飲食店ばかりが入るこのビルの最上階を独占しているのがこちらのお店。
リストランテを名乗るだけあって女性向けの華やかな内装がロマンチック。

席に案内されると銀座の夜景が窓越しに。
ロマンチックな気分をさらに盛り上げます。

本日は、一番リーズナブルなコース約7千円とワインを堪能。
前菜が、ホタテのマリネとライスコロッケ。
お魚が鯛のロースト、お肉が鴨肉。
デザートはバニラアイスとチーズケーキ。
P1000549(1).jpg


一皿のポーションは女性にちょうどいいくらいの分量。
味付けは上品な味付けなのでこれも女性向け。
ワインも比較的リーズナブルな軽めのワインが豊富なので女性向け。
全般的に女性を意識したお店づくり。

カップル又は女性同士のディナーを夜景と共に盛り上げてくれるお店です。
開店間もないのでスタッフのサービスはややぎこちない感じですが、真心が感じられることと十分な人数でサービスをしてくれるので不快感は全くなかったです。
もう少しこなれたころにまたうかがおうかな、という感じです。

RISTORANTE AL KENTRE (リストランテ アル ケントーレ) (イタリアン / 新橋、内幸町、銀座)
★★★★ 4.0

PageTop

明日から新年度(英語学校の)→今回は敵を知る!

昨年10月から週1回土曜日に1時間半英語学校に通っています。
3ヶ月ごとに1クール終了。
10月~12月は日常英会話をテーマにした講義を選択していましたが、1月からは発音講座に変更!

文章で読めばわかる英語もリスニングだとチンプンカンプンってことよくありませんか?
(すいませんレベルの低い話で・・・)
keyはこれを克服するためには、ひたすらリスニングを繰り返すよりも、「敵を知る」ことが重要なのではないかと考えました。
「敵」とはこの場合、しゃべる人です。
つまり、ある程度発音の原則をマスターすればスピーキングはもちろんリスニングもぐっと上達するのではないか?と考えたのです。

答えが出るのは3月末になりますが、とにかく明日から発音講座に通ってみたいと思います。
手鏡とレコーダー持参と言われているので、しっかりと自分のお口と声を確認してきます。

がんばれ私!フレ~フレ~。
この年になってのお稽古事ってなんだかとっても楽しい♪

PageTop

焼きたてパンは上級ファーストフード♪

パン屋さんのイートインスペースってとってもおいしいファーストフードだと思いませんか?
マックも速いけれど、場合によってはパン屋さんのほうがもっと速いかも!

本日は、軽めに&さくっとご飯をいただきたかったので自由が丘のDONQさんのイートインスペースを利用。
1階がパン屋さん、2階がイートインスペースになっており、2階のみのメニューとしてオープンサンドもあります。
もちろん1階のパン屋さんの商品を持ち込んでドリンクと一緒にいただくことも可能。

うれしいのは、1階のパンをさっと温めてくれること。
出来立てのパンの味がよみがえって、極上のファーストフードを満喫できます。
自由が丘の土地がらから夜の店内はとっても空いています。
白い椅子と木のテーブルで割合綺麗な店内をほとんど独り占めできることもポイント高!

本日いただいたのは、フランスパンの生地を使ってほうれん草、チーズを練りこんだパンと、クリームチーズを入れてトラ模様(?)に焼き上げたもの。
どちらも、生地の香り、風合い、そして噛めば噛むほどに広がる優しいバターの味が非常においしかったです。
飲み物はハーブティが3種類も揃っていたので、ローズヒップティーをオーダー。
ちょっとだけおしゃれ目なファーストフードタイムになりました♪
思わずさくっとではなく、がっつり食べてしまいました・・・

DONQ 自由が丘大丸ピーコック店 (カフェ / 自由が丘)
★★★★★ 4.5

PageTop

横浜そごうの京懐石「美濃吉」

横浜そごうのダイニングエリアにある京懐石のお店、美濃吉。
あちこちのデパート等に入っているようですがお邪魔するのは初めて。
本日は、デパートの初売り。
どのレストランも激混みになるのではないかと予想して事前に予約しておきまし
た。
この判断は正解。
普段はすんなり入れるお値段高めのお店も含め、ダイニングエリアのお店はすべ
て長蛇の列。

さて、本日は5000円のコースと7000円のコースをオーダー。
コース構成は以下の通り。
【初夢】5千円
食前酒
紅白なます
新春のいろどり前菜
京の白味噌焼き餅麩のお雑煮
本日のお造り
朴葉焼き国産牛やわらか煮
聖護院大根かにあんかけ
かにご飯
赤だし
香の物
フルーツ
くずきり
抹茶
お肉

【寿山】7千円
食前酒
紅白なます
新春のいろどり前菜
京の白味噌雑煮丸もち
本日のお造り
伊勢えび化粧揚げ
伊勢えび化粧揚げ
聖護院大根国産牛旨煮
釜炊き鯛ご飯
赤だし
香の物
季節のフルーツ
抹茶
お刺身

これに薬膳茶みたいなお茶をオーダー。
選べる効能は3つ。
本日はぽかぽか温まる効能のお茶を選びました。
お茶のブレンド内容は以下の通り。
【暖宮茶】
紅茶、紫蘇の葉、バラ、クコの実、紅花

京懐石と関東の懐石料理の違いが最後までわからなかった鈍感な私の舌。
若干、関東の懐石より味が甘めに感じました。
その分とっても舌あたりが柔らかです。

特に心に残ったお料理は伊勢えびの化粧揚げ。
あられを砕いたような食感の衣で揚げた伊勢えびに、身をくり貫いた伊勢えびの
よろいが添えられたお皿。
伊勢えびが柔らかくほのかに甘いのは想像通りですが、この化粧部分に含む油が
上質で甘みをさらに引き立てているところがとってもおいしかったです。
ん~、3口で終わりとはもの寂しい。

最後にいただいたくずきりは、私史上最高のお味。
ただし、くずきりの経験値があまりにも低いので、極上の1品には選びませんでし
た。

残念だったのは、本日、個室も含めて満席で、料理のタイミングが遅れがちだっ
たこと。
入店から退店まで2時間かかってしまいました。
ほとんどの席で次のお料理待ちの「間」が発生してしまっていたことが残念でし
た。

京懐石 美濃吉 そごう横浜店 (きょうかいせき・みのきち) (京料理 / 横浜、新高島)
★★★★ 3.5

PageTop

真夜中のプチストレッチ

keyの一番新しい趣味はクラシックバレエです。
もともとはヨガを習おうと思って入ったスポーツクラブでたまたま出会ったバレエに惹かれてしまいました!

ヨガを始めようと思ったのは硬い体をどうにかしたかったからです。
体をやわらかくするなら、ヨガよりもバレエのほうが向いている気がします。

が、、、始めて3ヶ月たちましたがなかなか体は柔らかくなりません。
特に年末年始バレエレッスンがなかったため、また少し硬い体に戻っている気がします。
ふ~。。。

でもそんな私も真夜中のストレッチだけは欠かしません。
といってもプチストレッチです。
負担にならない程度に続けているので、継続はしているのですがイマイチ効果は実感できていません。

方法は簡単。
お風呂上り、ドライヤーで髪を乾かすとき、床にペターンと座って開脚したままドライヤーをする。
これだけ。

今日もそろそろお風呂の時間。
また、真夜中の開脚をしてから寝るとしましょう♪
(1年くらい続ければ開脚も100度くらいから130度くらいに開けるようになるさ!と自分に期待してます。それにしても100度って女性にしてはかなり硬いですね・・・3ヶ月前は90度だったんです・・・)

PageTop

大好きだった新横浜プリンスの中華「胡弓」が間もなく閉店

大好きなお店がまたひとつなくなります。
去年から閉店の告知が出ていた、新横浜プリンスホテル地下の中華料理屋さん「胡弓」です。
とてもおいしかったので、もっと多くの人に味わってほしかったなあ。
コメントは一言、寂しいなあ、、、です。
新横浜にはもったいないくらいのお店だったので、もっとたくさん人が集まるところにリニューアルオープンすることを期待しています。

全部で4度訪問。すべてランチタイム。
いつ行っても味に外れのない大人の中華。

特に良かったのが辛味スープそば(スーラータン)でしっかり辛く酸っぱかった。
ん~、おいしい!
ホテルの中華ですが、ランチタイムは単品注文客や一人客も多く、手軽に利用できます。
味がいいのにキャパがあることと、少しだけ駅から行きづらいのでいつもあまり待たなかったのが災いしたのですね。
またいつかどこかで会いましょう!

PageTop

年越し蕎麦は一番お気に入りのお蕎麦屋さんで

現状、ゆで方、そばの風味、食感が一番私好みのお蕎麦屋さんはショッピングセンター、トレッサ横浜のグルメエリアにあるしなの路 トレッサ横浜店
ローカルな地元のお蕎麦屋さんです。

見つけたときは、本当に好みのそばがこんなところに!と思いました。
コシの強めのそば、香りの強いそば、少し甘めの汁が好みの方にはおすすめの1軒。
場所柄、大人の蕎麦屋の雰囲気は「ゼロ」です。
が、、、出てくるせいろは、香りといい、コシといい、味わいといいそば好きの大人の味です。

食べるときにふわっとそばの香りが漂います。
そんな蕎麦屋は横浜にはあまりありません。
貴重な1軒が、こんな近くにあるとは!です。

お店のサービスは普通、雰囲気はイマイチですが、冷やししなの路そばのなめこ、おろしに付けられた下味もなかなか良い仕事。
最近は、固定客と見られる年配の方が多いです。

いつもお蕎麦が好みにぴったりですので、冷たいおそばで味わわないともったいない。
オーダーはいつも冷たい蕎麦です。
いつも変わらぬゆで方、温度、そばの細さ、香り。
気に入ったお店で気に入った味がいつでも食べられる安定感は嬉しいものですね。

PageTop

真鶴の大人のプチホテル「ラ・シェネガ」でいただく至福のフレンチ&ワイン

近場にお気に入りの宿、こんな憧れをかなえてくれたのがこちら。
真鶴の海を目の前に建つクリーム色の古城風のプチホテル。
コンセプトは大人の隠れ家。
エントランス、館内に敷き詰められた絨毯、いろどりを添える絵と置物。
室内はやわらかい間接照明に照らされ、品の良い調度類が大人の質感を演出。
どれもが、落ち着いた大人の女性好み。

レストランは、ガラス張りで海に向かって円形に張り出したつくり。
東京ではあり得ないCPでお食事、ワインが提供されます。
2泊して、2日間とも新鮮な感覚でフレンチを楽しむことができました。
シェフの心配りに感謝!

メニューは以下のとおり。
(1日目)
・一口オードブル(小さなキッシュ)
・軽くゆでたボタン海老のサラダ シェリー酒とハシバミ油のビネグレット
・十六穀米のリゾットとフォアグラのポワレ 秋のきのこのフリット添え
・真鯛とホタテの網焼き 貝のだし汁を使ったクリームソース
・牛フィレ肉のポワレ 秋茄子と大根の煮込みを添えて 赤ワインとかぼちゃのソース
・デザート・小菓子・コーヒー
P1000515(1).jpg


これに、シャンパン・白ワイン・赤ワインを各1グラスずつ組み合わせたセットA(3500円)、B(4000円)を1セットずつオーダーし二人で飲み比べ。

(2日目)
・1口オードブル(小さなテリーヌ)
・小田原港よりシマアジのカルパッチョ サラダ仕立て
・オマール海老を詰めた地養鶏のガランティーヌと十六穀米のリゾット
P1000519(1).jpg

・真鯛のグリルとホワイトアスパラガスの生ハム包み 蕪のソース
P1000520(1).jpg

・仔鴨のロースト マスタードとカシスのソースと共に
P1000521(1).jpg

・デザート、小菓子、コーヒー
P1000522(1).jpg

ワインは、ロゼシャンパンのグラスと2005年もののムルソーをボトルでオーダー。
お料理が比較的ヘルシーなので、ムルソーとちょうどマッチングします。

今回最高の一皿は、1日目の十六穀米のリゾットとフォアグラのポワレ 秋のきのこのフリット添え。
リゾット、フォアグラ、きのこが4重に重ねられており、上からナイフを入れて少量ずつ一緒にいただきます。
きのこは、まいたけとシイタケが上下でサンドイッチ。
フォアグラの食感とフリットの食感がリゾットでバランスされた一品にナイフを入れるごとに、フォアグラの汁が全体にからまります。
進むにつれてマイルドな味わいに変化。
フォアグラもこれなら、ヘルシーな食べ物のごとく、です。

2日間通してワインのサーブのタイミング、ワインとお料理のCP、レストランの上質感などにレベルの高さを感じ、毎年1回は訪れたい宿となりました。

ラ・シェネガ (LA CINEGA) (フレンチ / 真鶴)
★★★★★ 4.5

PageTop

真鶴港近くの地魚寿司のお店「鮨処 葵」

真鶴への旅行で、こちらのお店を訪問。
地元の飾り気のない地魚料理のお店で、ハートフルな接客が心に残るお店でした。

真鶴駅前商店街は、真鶴駅から真鶴港まで長く延びる商店街。
数ある地魚料理のお店の中でも定評のあるこちら。
代表的なメニューが地魚寿司で、7貫から10貫までのセットが数に応じた値段で味わえます。
もちろん、単品オーダーもあります。

本日は、採れたてのイカがお勧めとのことでしたので、地魚寿司に加えイカはお刺身でオーダー。
身や足はもちろん、皮、タマゴ、ミソにいたるまで丸ごとお皿に盛り付けられた一品。
すべてを食べるのは初めての体験、イカ1はいでたくさんの表情を楽しめる味わいです。

P1000500(1).jpg

地魚寿司は、1貫あたりがとても小粒。
魚の新鮮さがぎゅっと詰まっておいしいのですが、せっかくなのでもっと肉厚にいただきたかったです。
指折りの新鮮さは、食事中にもお勝手口に現れる地元の漁師さんが証明してくれます。
吟味して漁師さんから仕入れたお魚はそのまま店内の水槽へ。
私も食事中ちょくちょく水槽を覗きに行きました。

板さんの笑顔と真鶴を愛する気持ちと一緒にいただくお寿司はなかなか素敵でした♪

P1000499(1).jpg


鮨処 葵 (あおい) (寿司 / 真鶴)
★★★★ 3.5

PageTop