Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

来年も今年以上に仲良く!で、よろしくお願いいたします!

本年お世話になりました皆様。
顔を拝見することはなくてもメール等でやり取りをさせていただいた皆様。
こうして一方通行のコミュニケーションでも、私からのメッセージを受け取ってくれた皆様。
1年間大変お世話になりました。どうもありがとうございました。

このブログでも何回か書きましたが、来年は人とのコミュケーションを特に大切にして1年間過ごしてゆきたいと思います。
引き続きよろしくお願いいたします。

まもなく、新年を迎えることになります。
2008年までは、直接お会いしたことのある方々とのネットワークを中心にしてきましたが、2009年はこれに加えて「働く女性」のキーワードでつながるネットワークの構築に力を注いでいきたいと思っております。
人が大好きなkeyですので、ようやく好きを具体的な形にする方向性が見えてきてわくわくする気持ちでいっぱいの新年を迎えることができそうです。
これまで力を貸してくれたたくさんの皆様にこの場をお借りして感謝したいと思います。
本当にありがとうございます。

2009年、笑顔で皆様とお会いできること、とても楽しみにしています。
皆様とお会いしたとき少しでも楽しい時間を過ごせるよう、引き出しの多い自分になりたいと思います。
そう思うと自己研鑽にも弾みがつきます!
この元気をほんの少しでも皆様に届けられる新年となりますように!

そして皆様の1年が2008年以上に輝く年になりますように!!!

スポンサーサイト

PageTop

湯河原のパン屋さん「ブレッド&サーカス」

湯河原でダントツ有名なパン屋さんといえばここ。
世界のパンが食事パンを中心に味わえるお店です。
無添加、天然酵母使用というのも時代にマッチしているのでしょう。

本日は、真鶴に旅行ついでにこちらに立ち寄りました。
お客さんは地元の方中心で、大家族の1食分と思われるくらい大きなカンパーニュや食パンなどがバンバン売れていきます。
一人当たりの買い物量がすごく多いこと、地方発送の依頼をするお客さんがかなりいること、接客がとても丁寧で大きなパンをお客さんの要望に応じてスライスして渡していること。
これらが原因でお店の前にできた行列がなかなか進まない。とにかく並ぶ並ぶ。

店内は人がいっぱいでお店の外にはみ出した行列。
到着時にお店の外の5組目でしたが、店内にいる7組がなかなか進まず。
特に本日は本年の最終営業日。
一人山盛りトレー2枚のお買い物なんてザラ。

で、結局お会計が終わるまでなんと40分!!!!
え~っ、なぜそんなに時間が??というくらいかかりました。

確かにおいしい。
でも、味は横浜の『ヴィクトール』に似ていて、スムーズに買えるヴィクトールに分がある。
小ぶりの惣菜パンの印象は葉山の『ブレドール』のほうが上。
となると、、、ここまで並ぶならまたの機会にということになるのかな?
あくまで個人的な感想ですが、スムーズに買えるのならば是非もう一度というところでした。

ブレッド&サーカス (BREAD&CIRCUS) (パン / 湯河原)

PageTop

真鶴到着、ホテルのファーストインプレッションは

本日から2泊お邪魔するホテル ラ・シェネガに到着!
薄いクリーム色の概観、目の前は真鶴の海。
ヨーロッパの古城を思わせる入り口から階上のフロントへ。
敷き詰めた絨毯、飾られているオブジェ、飾り窓の絵はどことなくオリエンタル。
バリ島のリゾートホテルにありそうな置物がセンス良く内装に取り入れられています。
クラシックな中にセンスの良い遊び。

フロントは背の低いデスク2つだけ。
アットホームにお迎えです。
これから始まるリラックスタイムがとても楽しみ♪

最上階のお部屋からは、窓一面に海の景色。
部屋の天井が高いので、それほど広くはないお部屋ですが開放感。
間接照明でやわらかく照らされた室内、ベージュとブラウンでまとめられた調度類、壁にかかる絵に少しオリエンタルな香り。
私の大好きなハワイのハレクラニのように、クラシックな中に大人のかわいらしさがただよう雰囲気。

今から、ホテルのメインダイニングでフレンチを楽しんできます。
期待できそう♪
UPは自宅に帰ってからゆっくりと。
しばし、いつもとは違う時間の流れに身を任せてみたいと思います♪

行ってきます!!

PageTop

近場に行きつけの宿が欲しい!

家から2時間以内の距離に、お気に入りの宿を持っていたい!
最近、強くそう思います。
出来る女は、近場に自分の隠れ家を持っている。
というイメージに憧れてるのかもしれません。
(隠れ家にできる行きつけのすし屋を持ちたがる男性みたいなものかな?)

お昼ごろゆっくり出発しても余裕でチェックインに間に合う距離が2時間以内。
そこで、おいしいものを食べてゆっくり海(又は緑)を眺めて、日常からいったん自分を隔離する。
そして完全にリフレッシュして、翌日の午後からまたパワー全開で走る!
と、こんなシナリオです。

11月は3連休を利用して葉山の某プチホテルに訪問。
そこは残念ながら大人の宿というイメージとは違っていたので、いまだお気に入りの近場の宿は見つかっていません。
が、、、明日から2泊で今度は真鶴のプチホテルに行ってきます。
ディナーのフレンチと、海を見ながら、あるいはジャクジーに入ってゆっくり過ごす時間を楽しみに行ってきます!

旅行というと常にゴルフがセットでしたが、今回は読書をセットに本当にゆっくり過ごすつもりです。
でも、そんな休日は記憶にある限り初めて。
どんな本持ってこう???
とりあえず、小説、ビジネス書、英語勉強本(←一応、がんばりたい心の安定剤。見るかどうかは不明です)を1冊ずつ。

PageTop

間に合ってよかった!

やっとブログを開設しました!と言える状態になりました。
ホッとしました。やった~!!!

2009年を迎えるに当たって、大掃除より何より大事に思ったことが、WWN(Working Women's Net)を含むブログの準備です。
仕事の合間、亀の歩みでやってきてようやく完成!
これからどんどん充実させていきたいと思います。

ワーキング・ウーマンの皆様にとっては、時間のある年末年始だからこそ、ゆっくり来年のプランを考えられるのではないかなと思うと、絶対に年末年始のお休みまでに準備を終えたかったのです。
一人でも多くの素敵なワーキング・ウーマンの方にアクセスしていただき、WWN(Working Women's Net)を検討していただけるように。

幸いWWN(Working Women's Net)とは、のページも、FAQのページもご覧いただける状態になりました。
運営方法もほぼ構築したので後は実践のみです♪

今は2月の企画のUP準備中です。
2月もちょっと贅沢に華やかなランチとディナーを企画します!

年末年始、ほっと一息つきながら、来年の人脈やネットワークつくりについて検討していただけると幸いです。
そのとき、WWN(Working Women's Net)がお役に立てる存在になれますように。
一緒に素敵なコミュニティを作っていけますように!!!

PageTop

WEBビジネススクールに投稿したkeyの2009年の乗り切り方

ちょっと長くなります。
webのビジネススクールで、2009年の乗り切り方という課題があったので、自分の考えをまとめて投稿してみました。
2009年の目標として、肝に銘じたいのでこちらに転載いたします!

【お題】
ぜひ「感性」を利用して、打開する方法を考えてみて、2009年を明るく乗り切りましょう!
みなさんも、一緒に考えてみてください。

Q
リーマンショック以来、バブル崩壊時より深刻な事態がやってきた、と言われるのですが、もともと金融の恩恵をあまり受けていない身には、実はあまり実感がありません。

一方で、社会全体に漠とした不安があり、いまいち、先への布石が思い至らないのです。
逆風なら踏ん張れる、追い風なら奮起できる。
しかし無風に感じる今、どうやってモチベーションを上げればいいのか・・・
2009年の年頭に、掲げられることばを探しています。
                             
【keyの回答】
2009年の社会のトレンドは決して明るいものではなく、この男性のように、漠然たる不安を感じたり、モチベーションが上がらなかったりするかもしれません。
ただ、社会が無風であっても追い風であっても逆風であっても、切り開くのはやはり自分のパワーだと思います。
この男性のモチベーションが上がらないのもパワー不足のせいかも知れません。
パワフルに2009年を楽しむために、私は「コミュニケーション」を大切にしたいと思います。

人とのつながりを大切に、人に興味を持って接すると、人間関係からより多くを得られるように思います。
新しい視点を発見するだけでなく、意外な興味の対象を発見することもあります。
たとえば、今まで読まなかったような本を読んでみたくなったり、考えても見なかったオペラや寄席などに一度は行ってみたいと思ったり。
どんどん実行して自分の引き出しが増えると、体の中にパワーがたまります。
また、パワーがさらにたくさんの人を集める相乗効果もあります。

さらに、一歩進んで、人が自分に何を求めているのかを考えながら接してみます。
人に関心を持って、その人の期待を読み取ります。
自分の信条に反しない範囲でその期待に沿って行動してみると、思った以上に喜んでもらえたり、自分自身に大きな進歩が訪れたりします。
その結果、次につながるモチベーションを得られることが多々あります。
たとえば、淋しいと感じている友人のために、思い切って以前親しかった友人同士の集まりを企画して実行してみる。
上司の期待にこたえるため、休日に勉強して、職場で利用価値の高いスキルを身に付けるなど。

さらに、コミュニケーションの中では、人を知るだけでなく人を通して自分を見ることができます。
その結果、自分の進みたい方向性、こうなったらいいのにな、という思いに気付くこともあります。
それこそモチベーションの自然発生です。

人とのつながり、コミュニケーションを大切にする。
2008年以上のパワーで2009年も盛り上がりたいと思います!

追伸:2008年は仕事、健康、仲間を大切にする、が目標でした。結局のところ2009年も本質的には同じことを言ってるだけかもしれません。

長くなりまして申し訳ございません。

PageTop

中欧のリゾート、クロアチア料理のお店に行って来ました♪

京橋、宝町からそれぞれ1分。
東京駅からもわずか6分。
良いお店がまばらに広がるエリアにDobroというお店があります。
どこの国旗かわからないけれど、フランスに似た国旗がお店の前にはためく小さなお店。
ここは、中欧のリゾートと呼ばれるクロアチアのお料理をコースで味わうお店です。

クリスマスの店内は、照明を落とした荘厳な雰囲気。
お店に入ると下へ広がる丸い空間が、円形の小さな劇場又は儀式を行う場所のようにも見えます。
意外に改まった雰囲気の店内で各テーブルに灯るろうそくが、晩餐会っぽい雰囲気を出しています。

本日は、クリスマス会と称してグループで訪問。
クリスマス特別メニューとクロアチアワインを味わいました。
クロアチア料理といっても、フレンチにちょっとロシア料理のニュアンスが加わったもので、見るからに独特、というものはありません。
どれも抵抗なくおいしくいただけます。
オーロラソースやキャベツを使った包みもののお料理がちょっとそれっぽい感じ。
パンは、ちょっと甘めのぎっしり詰まったカステラ風。
温かい前菜の鹿のお料理がコンビーフっぽかった。
クロアチア料理かどうかはわかりませんが、かにとかに味噌のリゾットは絶品!

店内がかなり暗かったためうまく写真が取れていないのですが、なんとなくニュアンスを写真で感じていただけると嬉しいです。
牛ロースのクロアチアワインソース

手長海老と白身魚のクルピネット(キャベツ包み)


クロアチアワインは、比較的あっさりとしたものが多かった。
酸味も控えめ、タンニンも控えめ。
白ワインはシャルドネ、赤ワインはピノノワール。
非常に酸味がまろやかなのが特徴なのかもしれません。

え???クロアチア???
と抵抗を示さず、誰でも興味深くいただける味ですので、是非話の種に訪れてみてください!

クロアチアレストラン・ドブロ (Dobro) (西洋各国料理(その他) / 京橋、宝町、銀座一丁目)
★★★★ 4.0

PageTop

ただいま準備中!

12月いっぱいかけて、ブログ開始の準備をちょっとずつ進めて行きたいと思います。
来年はブログだけでなく、働く女性同士のお食事会(WWN)も企画できるよう準備中。
しばし、準備中のままですが、ちょっとずつやってます。
今後ともよろしくお願いいたします。
keyより

PageTop

クリスマスイブのバレエレッスン♪

本日はクリスマスイブ。
keyは、いつもとは違う先生のバレエレッスンに参加してきました♪
いつも8~9人の教室なのに、今日はなんと3人だけ。
たっぷり教えてもらって、いつもの2倍の濃さのレッスンを受けることができました。

ここ数年クリスマスイブといえば、年内に片付けなければいけない仕事に追われて夜中まで仕事の日々。
それに比べたらなんて優雅なクリスマスイブ!

素敵なディナーもホテルステイもいいけれど、自分のインナーマッスルを優雅に鍛えるクリスマスイブもなかなか素敵な体験でした♪
先生が違うと鍛えられる筋肉が違うので、明日は相当厳しい筋肉痛に襲われること間違いなし。
職場の皆さんに怪しまれないよう明日はゆっくりゆっくり行動せねば。

PageTop

元町中華街のイタリアン「SALONE2007」

元町商店街から中華街に向かって、中華街に入る一歩手前に評判の良いイタリアン。
食べログでいつの間にか神奈川県のTOP5に名を連ねるようになったこちらのお店。
聞いたことがなかったってことは評判が急上昇しているってこと?
早速有望株に会いに行って参りました。

10組程度のキャパのこじんまりとした店内。
外観のブルーはノーブルな印象ですが、一歩お店に入ればウッディーな内装に白いテーブルクロスがややカントリー調の印象。
ランチからビシッと決めた店員さんを統率するマネージャーが温かく迎えてくれます。

ランチはプリフィックス3000円のみ。
カブのポタージュ、前菜4種盛り、パスタ、メイン、お口直しのポモドーロ、デザートという構成のプリフィックスは、3000円では申し訳なくなる充実感。
マネージャーがすべてのテーブルに一生懸命目配りして、かなりがんばって接客している姿がとてもすがすがしく映りますが、それもこれもランチを呼び水にディナーに来てもらうためのPRなのでしょうね。
ランチは絶対にお得ですが、お店にとってはディナーのための広告宣伝。
とはいっても、ランチのお値段でここまでサービスしてもらえると本当にいい店だなあと思います。

今日の1番は、パスタでした。
私のオーダーしたイノシシをワインソースで煮込んだパスタも、同行者のオーダーした豚肉のラグーソースのニョッキも秀逸!
特に、ニョッキは「うちのニョッキは白玉のようなとろける味わいです」の言葉通り。
もちもちでありながらするっと体の中に溶けていくような食感のニョッキが豚肉の濃厚ラグーソースと合わせて素敵な一皿。
ディナーメニューでいただくのでも十分満足なお皿がプリフィックスランチでいただけちゃうんです。
いや~、嬉しい。
イノシシ肉のソースのパスタ

豚のラグーとニョッキ


いくつかいただいたワインのうち、一つ印象に残った白ワインがあります。
華やかな香り、蜂蜜のような色合いに反して、まるで癖のないソーヴィニヨンブランのような味わいのワイン、エミリオロマーニャのビオワインIL VEI Bianco 2007。
香りはベルガモットやすずらんを思わせる華やかさでクリスマスシーズンにぴったりとはまっていました。

前菜盛り合わせ

SALONE 2007 (イタリアン / 元町・中華街)
★★★★★ 4.5

PageTop

代官山のひとつ星フレンチ「レザンファン ギャテ」

女同士で華やかに(?)行って参りました。
ひとつ星フレンチ、テリーヌ自慢のこちらのお店。
今日は、友人のお勧めで初訪問。

お店は、代官山、恵比寿、渋谷のちょうど真ん中。
同じ住所(番地)にはレベルの高いフレンチが他に2つ(有名どころとニューフェース)、有名カフェが一つ。
みなこじんまりとしたお店ですが、お店同士が切磋琢磨しあってる高レベル区域です。

小さなツリーの飾られた入り口の周りに、バーカウンターとウェイティングスペース。
奥に白いテーブルクロスがきれいにセッティングされたレストランスペース。
店内は1組を除きすべて女性同士のグループ客。
こじんまりとした店内を意識してか、大人数のグループはなく、すべて2人又は3人のグループ。

今日はクリスマス間近のため、いつものコース(テリーヌ1個の約7000円のコース、テリーヌ2個の約9000円のコース)に加えてクリスマス特別メニュー(13650円、サービス料別途)が登場。
クリスマス気分で、全員迷わず特別メニューをオーダー。

メニュー構成は次の通り。
・小さなテリーヌ
・ランド産フォアグラ、セップ茸、スモーク地鶏のテリーヌ モザイク仕立て
・阿久根港より直送された天然ヒラメの低温蒸し焼き、黒トリュフのソースと根セロリのエミュルション
・北海道産仔鹿のロティ、クラシックなソース・ポワヴラード
・テリーヌ・ドゥ・ショコラ、ピスタチオのグラスと赤い果実を添えて
・コーヒーとマカロン・オ・シトロン
(メニューを記念に下さったので正確に記載できました)
蝦夷鹿のロティ

私はチョコレートが苦手なので、最後のデザートは洋ナシとプラムのコンポートのテリーヌに変更してもらいました。

心に残ったお皿は、蝦夷鹿のロティ。
かたまり肉のままじっくりローストされたお肉は、赤身でさっぱりとしているのに、まるで霜降り牛肉のようなやわらかさ。
やわらかい肉に、しっかりとした固めのソースが実に良くしみ込んで、バランスの良い歯ごたえ。
一口いただくと、さっぱりしたお肉の味が舌に残るソースの味わいに変化。
長い余韻を残す印象的なお皿。

また、自慢のテリーヌにも新発見が。
来店前は密かにテリーヌの脂っぽさを心配していた私でしたが、全く取り越し苦労。
テリーヌのコクとスモークチキンのハーモニーで脂感を気にせずおいしくいただきました。
本当に自信のあるテリーヌって実は万人受けするものなのかも、という発見。

お皿に合わせて選んでいただいたシャンパンも白ワインもとてもGOOD。
ソムリエさんに伝えたイメージ通りのワインが出てきて、さらに居心地がよく感じました。
共感した!って思えることは嬉しいこと。
大好きなフレンチがまた一つ増えました。

レザンファン ギャテ (Les enfants gates) (フレンチ / 代官山、渋谷、恵比寿)
★★★★★ 4.5

PageTop

新横浜・日本料理「羽衣」のふぐコース

新横浜プリンスホテルの40階。
年に1回くらいの割合でお邪魔する羽衣に、本日はふぐコースを食しに行ってきました。

この時期お目見えのふぐコース。
前日までの要予約。

毎年シーズンに1回だけふぐを味わうのですが、ここで食べるのは初めて。
ホテルレストランの中で界隈では評判が良いだけあって、テーブル間の広さ、従業員の丁寧さはもちろん満足レベル。
加えて違いが出るのがふぐのから揚げとてっさ。
から揚げの実の多さと、てっさの皮のおいしさ。
てっさの皮はしっとりコリコリした食感で、飽きずにた~くさんいただけます。
てっさです

鍋の野菜の新鮮さはもちろん合格レベル。
雑炊にしたときのスープのおいしさも特質もの。
ふぐエキスがしみ込んでいるだけでなく、もともと丁寧にだしをとって作った透明なスープ。
お腹がいっぱいで雑炊はほどほどにしかいただけなくても、このスープだけは存分に堪能していただきたい。
スープだけごくごくいっちゃえます。

唯一の残念なところはグラスワインが赤、白、ロゼシャンパンと各1種(多分プリンスのハウスワイン)しかないところですが、日本料理ですから想定の範囲内。

来年もまたここにしようかな。

PageTop

ワインスクールに行きたくなりました。

昨年くらいからワインの面白さにはまり、外でお食事をするときも家で飲むときも8割がワイン。
いくつか本を買って自習しているのですが、やはり本だけでは限界が。
本に書いてある「酸味」とか「樽の香り」とか、味わいながら読まないとなかなか理解できないですから。

ネットで調べると、7~8回で1クールのワインスクールが結構あります。
ワインの造り方から始まって、産地ごとの特徴やヴィンテージごとの特徴を味わいながら教えてくれるみたい。
来年はチャレンジしてみようかな。

グラスワインを豊富にそろえているレストランでは、お皿が運ばれてくるたびに「このお皿にあうワインをお願いします」と言えばソムリエさんがお勧めのグラスを持って来て下さいます。
それだけでも楽しいのですが、自分でワインリストの中から「これ」と思うものをチョイスできたら大好きな食べ歩きが何倍にも楽しくなるかもしれません。
そう思うだけでワクワクします。

参考までに、今までワインの合わせ方が上手だなあ、と思ったお店を3つ紹介しておきます。
ヴィーノ・ディラ・パーチェ霧笛楼ブルディガラです。

PageTop

赤坂見附・会席居酒屋「花暦」

赤坂見附の駅ビル、ベルビー赤坂の8階。
天才華道家(と言われているらしい)假屋崎省吾のフラワー教室とこちらのお店があります。
店内に飾られている生け花はすべて假屋崎省吾監修とのこと。
お昼の会席コース(2000円~3000円くらい)が売りであるということは、華道を楽しむ女性をターゲットとしたお店なのでしょう。
本日はこちらで関係者だけのプチ忘年会を行いました。

店内は、忘年会シーズンのため同じような8人程度のグループだらけ。
ここで、お店の配慮が裏目に。
本来、店内は見通しのよいフラットな内装。
このため、グループのために、無理やりパーテッションで空間を仕切って個室っぽく演出。
それが、、、多分かなり失敗。
店内に飾られたたくさんのお花は、ほとんどパーテッションに隠れ、味気ない会議室の中で忘年会をしているみたい。
また、パーテッションが邪魔してフリードリンクのオーダーがなかなか通らない。

お料理は、まずまず。
特にもつ鍋とその鍋を調理して作る雑炊はよかった。

パーテッションさえなければ雰囲気もまずまずなのに。
とても残念。
コースと3時間飲み放題で7500円。
CPは普通といったところ。

御仕立て会席 花暦 (はなごよみ) (会席料理 / 赤坂見附、永田町)
★★★☆☆ 3.0


PageTop

思いもかけずクラシックバレエにはまりました

プロフィールにも書きましたが、keyの趣味のひとつはクラシックバレエです。
観るほうでなく自分で踊るほうです。
まだ始めて3ヶ月の入門者です。

クラシックバレエを趣味とするようになったのは、まったく思いもかけないことでした。

現在keyは中央官庁に出向しています。
いわゆる天上がりというやつです。
生活が一変し、週に1回程度なら平日の夜お稽古事に通えるくらい時間的な余裕ができました。
(このブログを始めたのも、WWNを立ち上げようと思ったのもこれがきっかけです)

最近、自分の体の柔軟性が失われてきたことを気にしていたこともあり、流行のヨガでもやろうかなと、スポーツクラブに入会しました。
そこで、たまたま受講したクラシックバレエのクラス。
体はかたく、音楽に合わせてうまく踊れない。
優雅でもなくて悔しい!
なのに、、、すっごい楽しかった!
もっともっとうまくなって楽しみたい!

うまくなるためには、ちゃんとお教室に入って練習!
ということで、早々にスポーツクラブは退会しバレエスタジオに入会しました。

そして3ヶ月。
進歩を実感するまでには至らないけれど楽しくレッスン継続中。
びっくりしたのは同じように、30代、40代でバレエを始める女性がとっても多いこと。
皆さんも一度だけ体験してみてはいかがですか??

PageTop

人と人を取り持つということ、ほんのちょっとの勇気

keyの職場の上司に、毎週金曜日飲み会をセッティングする方がいらっしゃいます。
職場の方を誘うのではなく、取引先や業界の関係者などで毎回7~9人の出席者がいます。
毎週ですからすごい!
行ってみるまで誰が誘われているのかわからず、行ってみても毎回2~3人の方は初対面だったり、お顔だけ拝見したことがある程度の方です。
顔が広いんですね。

keyは今の職場のプロパーではなく、出向者です。
上司から見ると、部下と言うより預かりもののお客様的に思っているようです。
そのため、よくこの会にお誘いを受けます。
都合の良いときに、月に1回くらい顔を出させていただき、出席するときは幹事として会場の押さえ等をするようにしています。

こういう人と人との仲を取り持つってなかなか素敵なこと。
そう思ったので早速まねしてみました。
私の周囲のゴルファー数人を集めてお食事会を開催することに。
少し疎遠だった方も含めて、数人の方に突然お誘いメールを出したところ、意外なほど「すごく嬉しい」「素敵な会を企画してありがとう、是非出席」などの積極的なお返事をいただきました。
なるほど、ちょっと勇気を出せば人と人をつなぐ素敵なことができるのね♪

蛇足ながら、この上司、人と人とを取り持つ意向もあるのでしょうが、大酒のみなので割り勘勝ちして飲みたいという下心も大きいようです。とほほ。

PageTop

虎ノ門の中華料理「新橋亭」

新橋に新橋亭があるのは知っていましたが、虎ノ門にも支店がありました!
新橋の新橋亭は本店です。
接待需要も多いお店で有名ですね。
虎ノ門の新橋亭は、ちょっと古びたビルの地下1階にあり、忘年会需要にぴったり。
ちょっと接待と言う雰囲気でないのですが、同じお料理が6掛け程度の価格でいただけるのは見逃せません。

本日は、食べ盛り(30歳くらいまでのサラリーマンのこと)が7割を占める忘年会でした。
コース料理4000円と2時間の飲み放題1500円で計5500円。
お店にあるドリンクはすべて飲み放題になるので1500円はお得です。

特質すべきは、食べ盛りにはうれしいお腹にたまるお料理ばかりなこと。
角煮、春巻き、水餃子、焼きそば、などなど。
大皿料理も一人前の分量が定食の2分の1程度。

私の一押しは、杏仁豆腐。
杏仁豆腐といっても、とろとろのまったりしたお味は、カスタードクリームに近い食感とコク。
牛乳の味が濃厚な一品は、デザートで締めた~という気分にさせてくれる優秀なお味です。

是非若者の多い飲み会にどうぞ。

虎ノ門 新橋亭 (トラノモン・シンキョウテイ) (中華料理 / 神谷町)
★★★★ 4.0

PageTop

1月の日程

1月29日木曜日又は30日金曜日に第1回のWWNを開催しようと思います。
詳細は決定しご連絡いたします。
1万円強のフレンチ又はイタリアンを検討中です。

PageTop

趣味~ゴルフ

keyの趣味のひとつはゴルフです。
初めてちょうど5年。
技術的にはまだまだですが、とっても楽しんでいます。

きっかけは、恥ずかしながらゴルフウェアでした。
旅行で軽井沢に行った時のこと。
アウトレットショップにカラフルで可愛らしいゴルフウェアがたくさんあるのを見て、
「こんな素敵なゴルフウェアでフェアウェイを歩きたい!」と思ったところからスタートしました。

当時は、スコアよりウェア!でしたが、今ではもっともっとうまくなりたい!
と、スコアのほうを追求しています。
気がつけば、あまりゴルフウェアを買わなくなりました。
その代わり、週に1回は練習場に通いたいkeyです。

ラウンドは平均で月1回程度。
今年からなるべくレギュラーティーで回るようにしており、スコアは平均で110くらいです。
最近、30歳前後の女性にゴルフが流行っていると聞きます。
女同士でゴルフ話も面白そう♪

keyの思うゴルフの長所は3つ。
①ラウンド中は完全に日常から切り離されるので、約5時間のラウンドで完全な気分転換ができること。
②ゴルフを通してたくさんの方とコミュニケーションできること。ゴルファーだとわかると、初対面の方でも話が弾むことがよくあります。
③少しずつですが、練習は自分を裏切らないこと。3歩すすんで2歩下がったりもしますが、確実に成長するのがわかること。

PageTop

回転寿司ならこの2店!

女性のおひとり様の場合、スタバなどのコーヒーチェーンやマックなどのファーストフードを利用することはありがちですよね。
やっぱり、さっと食べられることは嬉しいですし。

keyは回転寿司もよく利用します。
同じくらいの短時間で、ファーストフードより体に良い食事ができるかもしれないところも気に入っています。

また、カウンターのおすし屋さんよりずっと大きなポイントがひとつ。
それは、ガリが食べ放題なこと。
時々、近所のお刺身・御鮨コーナーでガリのみ購入するほど(ふつうにおかずにします、、、)ガリ好きなのです。
カウンターで、お茶碗1杯分のガリを食べていたら変ですが、回転寿司では目立ちません(笑)。

とはいっても、安さだけが自慢の回転寿司や、やたら混雑している回転寿司には興味がありません。
今のところのお勧めは、下記の2店。

ぴんとこな六本木ヒルズ店:ほんのちょっとだけ高いですが、外国人の多いインターナショナルな雰囲気、店員さんの元気のよさ、握りの見た目へのこだわり、駅から近いことなどがGOOD。

回転寿司沼津港横浜ポルタ店:結構並んでますが席数が多いのでそんなに待ちません。回転が速いので新鮮なお皿がたくさん流れています。お椀も色々あってお勧め。

是非機会があれば利用してみてください♪

PageTop

グルメカテゴリーの概要

グルメカテゴリーは、keyの食べ歩きの記録です。
お店の雰囲気、気に入ったお料理などについてコメントしたいと思います。
庶民の舌ですので、お恥ずかしいのですが、食べログも書いています。
ハンドル名はkeyではないのですが、、、

少食ですが、食べ歩きが大好きです。
何を食べるかだけでなく、誰と食べるか、どんな雰囲気で食べるか等楽しみがたくさんあるから。
特に、人とのコミュニケーションで一緒に食事をすることをとっても大切に思っています。

食べる量が少ない分、お店の雰囲気を存分に味わって、丁寧にコメントできれば、と思っています。
どうぞよろしくお願いいたします♪

PageTop

市ヶ谷・鳥元

取引先との少人数の懇親会でお邪魔してきました。
市ヶ谷駅から徒歩1分の鳥元市ヶ谷店、焼き鳥と十割蕎麦を売りにしている居酒屋さんです。
keyは初めてうかがいましたが、関東に幅広くチェーン展開しているお店みたいです。
今日は、取引先の一番若手男子がお店を抑えてくれました。

チェーン店の一番良いところは、お料理に大きなはずれがないこと。
思い切り飲食してもお値段が安く抑えられるところだと思います。
自分からはすすんでチェーン店に予約をしませんが、初めての方とのリーズナブルな飲食には無難な選択で良いと思います。

こちらのお店は、ボックス席が比較的たくさん用意されており、4人以下のグループでしたらゆったりと使用できます。
5人以上ですとボックス使用より、フロア使用のほうがのびのびしていてお勧め。
席数が豊富なので、フロア使用でも騒がしくて窮屈という感じではなさそうでした。

お料理ははずれはないけれど、お勧めを挙げるのも難しい。
一番のお勧めは何を頼んでもまずまずなところ!
強いて挙げるならば、よ~く味のしみたおでんとおろし蕎麦。
私はいただきませんでしたが出席者全員おろし蕎麦にはにっこりしてました♪

PageTop

自由が丘・ジュノエスクベーグルカフェ

最近、おひとり様でも、ダイニングバー、フレンチなどに出没してディナーを楽しめるようになったkeyです。
ほんの少し前までは、ファーストフード又はカジュアルカフェくらいしかおひとり様では行けませんでした。
でも、一歩踏み出してみると、自分の仕事の都合だけを考えて食べ歩きができるので、おひとり様ディナーはとても気が楽で、大好きになりました。

今日は、おひとり様入門者でも気軽に楽しめる
ジュノエスクベーグルカフェ
で一人ご飯を楽しみました。

ベーグル大好きなkeyは、自由が丘店だけでなく東京ミッドタウン店、東京駅店にも出没しますが、圧倒的に自由が丘をよく利用します。
他の店舗に比べると、お店が広く、ディナー利用のお客様が少ないのでゆったり利用できるからです(ランチはものすご~く混みます)。
自由が丘店限定メニューや限定ベーグルがあるのもポイントです。

昔まだ、ここのベーグルがマコーズというブランドだった頃からのファン。
現在はベーグルだけなら成城石井でも購入できます。

最近月に2回は通ってます。
今日はスタンプカードがいっぱいになったので、ベーグル3個無料プレゼントでした♪
(雨の日はスタンプ倍なのでお得です!)

PageTop

ブログを始めようと思った理由(素敵な女友達の輪が作れますように)

ワーキングウーマンのkeyです。
ブログを始めたのは、素敵なワーキングウーマンと交流する機会を持ちたい!と思ったからです。

仕事上、いろいろな方とお食事をともにする機会があります。
年齢は20代から60代まで幅広。
しかし、圧倒的に男性が多く、少数派の女性もunder30又はover50の方がほとんど。
同世代のワーキングウーマンって滅多に出会えません。

でも、仕事「も」大切にしている同世代の女性はきっといて、それぞれの世界で忙しくも生き生きと働いているはず。
そんな女性と出会いたい♪
お互いに刺激し合える仲間になれれば素敵!

そのためには自分を磨きをしながら、待つだけではだめでしょう。
私という人間を知ってもらう機会が大切だと思いました。
だから、日々の私をそのままブログで表現したいと思います。
考えてること、がんばってること、楽しんでることなどなど。

それが素敵な出会いのきっかけになりますように。

PageTop

センター南・イタリアン・Trattoria Salumeria al Borgo

センター南駅からすぐ、食べログで評判のイタリアンがあると知り、休日ランチで初訪問。
賑わう方面とは逆に進むので、本当に素敵なお店があるのかしら?と心配になりますが、確かにありました♪
お店に入ったとたん、「あ、ここは良さそう!」と直感できるお店が。

今日は友達の1歳の子供も一緒。
予約の際、事前に確認したけれどこんなに雰囲気の良いお店に平気かしら?
でも心配は、メニューを開いた途端消えました。
「ディナー営業も、お子様連れ、歓迎いたします」の記載。
さすが、子育て世代の町港北ニュータウン!

さて、本日はスペシャルランチ3150円+スパークリングワイン890円をオーダー。
コースの内容は、前菜盛り合わせ、きのこのミートソースパスタ、スズキと鎌倉野菜の白ワイン蒸し、デザート盛り合わせ、パン、コーヒー。
どれも平均以上のお味と見た目。
その中でも1番は、きのこのミートソースパスタ。

パスタの太さ、縮れ具合ときのことひき肉の分量、そしてソースのからみ具合がどれもピッタリ。
太めでやや縮れたパスタに、ソースが存分にからまって、これがメインでもOKな満足感。

お子様もおいしさに満足だったせいか、終始ご機嫌で楽しいランチタイムとなりました。
お店の方も予約からお見送りまで温かく接してくださったことも高ポイント!
子供連れでのランチは初体験でしたが、本格的なお料理を出すお店で、こんな風に温かく迎えてくれるお店って、きっとママにとっては涙が出るくらい嬉しいんだろうな、と思いました。

今度は大人同士でディナーも良いな。

PageTop