Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

2013年10月25日ロオジエ再会の日

ロオジエアミューズ

2年半という時間は、過ぎてみればあっという間。
もちろん色々なことがあったわけですが、過ぎてしまえば今、ここで笑顔で過ごしている。
当時思っていた自分にはなり切れず、まだまだ道の途中ではあるけれど、またこうしてここに、こうして来られたのも何かの縁なのかもしれません。

「このお店にふさわしい女性になりたい」

その思いを新たにしてまた明日からがんばりなさい、ということなのかしら(笑)。

ロオジエリニューアルオープンのこの日、階段を上がるのではなく、下りてお邪魔した先は、新しくなったプライベートルーム。
車で来る場合には、プライベートエントランスからの入場になるそうで、メインダイニングとは反対の場所に位置する個室は、階段を下りて右側に。

写真禁止となったことを知らずにとってしまった一枚は、個人ブログにひっそりと載せておきます。

ボトルでいただいたワインにそれぞれベストマッチしたお皿を上げるならば…
まずは、アミューズ。
すべてがお菓子のようにかわいらしい写真の一皿(個人ブログのみ)。
テーブルの上の清楚ないくつもの白い生花と一緒に眺めると、本当に心が和らぎます。
ルイナールのシャンパーニュのコクを楽しみつつ、大切にいただきました。

白トリュフがアクセントのリゾットには、コントラフォンのムルソーがぴったりマッチ。
その前の、キャビア、キクイモといった食材にも合わなくはなかったけれど、やはりきのこ類がないと何か物足りない気がするのはある程度の白ワインの宿命なのかしら…?などと思いつつ。

モメサンの99年クロ・ド・タールには、アマダイよりも和牛かしら?
アマダイ自体は、細工をしっかり、けれど、とてもシンプルにソースなしでいただくお皿。
その付け合せのカブの酸味が、ワインのまだフレッシュなところに合っていたものの…
シンプルな和牛のロースト香とワインのロースト香、加えて和牛のオイリーなテイストにピノのチャーミングさを合わせた時に生まれる複雑な甘やかさと爽やかさがぴったりだったように思います。

フロマージュ、小さなデセール、デセール、お茶菓子と続いた中での、一番は、フロマージュのアイスクリームの下に宝石のようなグレープフルーツ、マンゴーが敷き詰められていた1品。
ワインの最後を一口を飲み終えた後、しっかり気分を切り替えてからいただきました。

この日に訪れられたことに感謝。
そこに何か意味を持たせるとすれば、
これからも人とのご縁を大切に、仕事とのご縁を大切に、初心を忘れずに生きるということ。
それぞれのプロフェッショナルの道で生きる皆様とのかけがえのない時間に、そして生まれ変わったロオジエに…
ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

PageTop

近くて遠い、そんなお店~銀座「ル・マノアール・ダスティン」

銀座と有楽町の境目があるとしたら、私にとってこのお店がちょうどそのライン上。
銀座は休日の匂い、有楽町は平日の匂い。
自分勝手なそんな感覚が妙にぴったりとくるのは、こちらのお店を利用する方にビジネス利用の方が多いことも影響しているのかもしれません。
確か、私も前回の利用はビジネス利用。
そして、今回はプライベート利用。
どんな利用にも器用にフィットしてくれるから使い勝手の良いお店なのです。

本日は、アラカルトから好みのメニューをチョイス。
シェフが歩まれてきた時間を楽しむには、アラカルトのほうが楽しそう、そんな予感を感じたからかもしれません。
ボトルオーダーしたピノノワールのワインを楽しみながら、合わせたのは以下のお料理。

まずはアミューズのフリット
P1010773.jpg

続きを読む

PageTop

大志を抱き~代官山「ル・ジュー・ドゥ・ラシエット」

そのサービスが素晴らしく秀逸で、フレンチの醍醐味のひとつって絶対にサービスといつも実感させてくれる。
箱の豪華さばかりをフレンチの象徴のように言われてしまうと、それとは違った豪華さを主張したくなって、そんなお店を知っていることを、ちょっとだけ誇りに思ってしまう。
小さな小さなこの店は、目立たないところに、存在していて…
いつも誰かを迷子にさせちゃう困ったお店なのだけど…
たくさんのリピートの理由があって、一番私を惹きつけているのがそのサービス。

この日、ぜひ一度ご一緒に!とおっしゃっていただいた女性の皆さまと、鹿島Mのサービスを楽しみに、訪問させていただきました。
なお…本日いただいたもののうち、いつものアミューズは割愛…
サバの燻製にフルーツトマトとナス

蝦夷鹿のカルパッチョ
(ロース肉とビーツと黒大根)

続きを読む

PageTop

大阪の中…いえ、私の中で大好きなワインバー~大阪「ミルカレス」

初めて訪問したのは、今から1年半くらい前のことだったかしら。
あまりにも印象が素晴らしかっただけに、時間が経てば経つほど、自分の過去の感覚が怪しく感じられてきた今日この頃。
旅先ゆえの高揚感だったのかしら???
いつもと違う景色に感覚が麻痺していたのかしら???
なんて。

だから、絶対に再訪して、もう一度しっかり堪能したいな…と思い続けること1年半。
ようやくめぐって来たチャンスをしっかりつかまえたのは、9月のある日のこと。
またしても、おひとり様で訪問してまいりました。

いただいたのは、前回と同じお席。
そして本日も、シャンパーニュから。
1年半も前の会話を覚えていて下さったお店のサービスに、驚きと実力を感じた嬉しいスタートでした。

いただいたお皿は以下の通り。
とうふチーズ

続きを読む

PageTop

メレンゲのような優しい気持ちで~江戸川橋「ラバリックトウキョウ」

イタリアワインを楽しむならば、こちらのお店を候補に挙げる方は多いのではないかしら?
ワインはもちろん、立地もお皿も内装も!
色々なポイントが楽しめるお店には、いつだってたくさんの笑顔が溢れています。

いつもは、グループでボトルを楽しむ私ですが、この日は初めてグラスワインをオーダー。
まるで、ダイニングのオブジェ!
メインダイニングにはずらりと本日のグラスワイン。
たくさんの選択肢の中から、この日は、お皿に合わせて4種類ほどを楽しんでまいりました。

写真も割愛、メニューも割愛の簡単な追記レビューですが、過ごした時間はふわふわの優しい時間。
メレンゲのような優しい気持ちで楽しんだランチタイムは、相変わらずの精一杯のサービスのおかげかしら?
私にとって江戸川橋は、決して通いやすい場所ではありません。
でも、またいつかお邪魔します。
本日もありがとうございました。

PageTop