Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

ぐっと雰囲気がよくなったホテルにて~みなとみらい『アジュール』

今から6~7年前のこと。
三日月形が印象的なみなとみらい地区のインターコンチネンタルホテルへお邪魔し、その雰囲気に愕然としたことがあります。
メインロビーには、おみやげ物を多数乗せたワゴン。
のぼりをいくつも立てたワゴンの周囲には、バッグや衣類などのショッピングコーナーも見えます。

「…ひなびた地方の大型温泉旅館…?」
と思わせるその光景に、以来6~7年間足が遠のいていたのですが、ほとぼりの冷めた?12月のとある休日、ホテル内のフレンチ『アジュール』にお邪魔しました。

この『アジュール』という店名は、ハワイのコ・オリナゴルフコースを有するマリオットホテル内のトップレストランと同名。
昨年訪れたハワイのアジュールは、味だけで言えばハレクラニの「ラ・メール」を上回っている、と感じたお気に入りのお店。
単純な私は、きっと「Azur」の名がつくこちらのお店も美味しいに違いない、と思ったのも正直な訪問の理由です。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

駅前で手軽にワインを少々~田園調布『caffe gino』

横浜に向かう電車の中、1杯だけでもワインを飲まない?となったのは15時過ぎ。
自由が丘のワインバーが開くにはまだ数時間。
ならば、と田園調布で下車し駅前の『caffe gino』に向かいました。
訪問したのは3ヶ月ぶり。

お店のスタッフは全員前回とは違う方(アルバイトのシフトの関係?)、が…店内に前回もいらっしゃった50歳くらいの夫婦を発見。
3ヶ月前と同じく、スパークリングワインのボトルと共にお食事をされているお姿。
前にも感じた常連さんらしき雰囲気がただよう品の良さそうなご夫婦です。
こういう姿を見かけるお店は、愛されるいいお店なんだろうな、と感じます。

この日は、1時間弱の滞在でワインをグラスで2~3杯、それにチーズの盛り合わせをいただきました。
年末仕様ということでこの日はいつもよりグラスワインの選択肢が豊富だったそう。
赤6種、泡2種(白はいただかなかったのでわかりません、すいません)。
グラスのお値段は750円~1850円。
チーズが1000円ちょっと。
駅前にある手軽なワイン処としては十分ではないでしょうか。

田園調布を過ぎてしまうと、昼間から飲める場所は横浜まで記憶にないのが東急東横線。
そんな中、こちらは貴重なお店。
イタリアワインらしく、バラエティ豊かなぶどう品種を楽しめるようなグラスワインの品揃えも好感が持てます。
一人で昼酒、は多分しないような気がしますが、3時のお茶ならぬ3時のワインも誰かと一緒ならありかな♪

PageTop

女性のためのエンターテイメントレストランでランチ♪~代官山『リストランテASO』

前から行きたいと思いつつ訪問が叶わないお店だった代官山の『リストランテASO』。
土日祝日は結婚式利用で通常営業はなし。
訪問するとしたら平日のみ。
となると、働く身にとって行けるのはディナー。
でも、ぶらりとおひとり様の雰囲気でもありません。

少なく見ても3時間はかかるディナー。
代官山は(個人的には)ちょっと微妙な場所。
人によっては、平日に行くにはちょっと遠い、と感じる方もいらっしゃるから。

と言うわけで、ずっと狙っていたのが年末の平日。
まずはランチで訪問してまいりました。
ご一緒したのは、私と同じように働く女性の皆さん。
中庭の素敵なお店に似合う華やかな女性のお食事会となりました。

続きを読む

PageTop

オーナシェフ不在時に再訪~中目黒『ビストロ ド エル』

間もなく新年を迎える12月の平日、前回と同様に、仕事帰りに中目黒『ビストロ ド エル』を訪問しました。
今回は、訪問1時間前にちゃんと電話をして混み合っていないことを確認してからの訪問です。

前回ふらりと訪れようと思ったら店内は10名弱の団体様の宴会(多分忘年会)中。
仕事帰りのおひとり様のイメージとはちょっと違った様相を感じたので、その日は結局他のお店を訪問。
この日は電話で確認したとおり、女性グループ1組のみの落ち着いた店内。
違うのは、前回お相手をしてくださったオーナーシェフが不在だったこと。

本日お相手をしてくださったのは、前回シェフのアシストをされていた女性の方。
本日はオーナーシェフではなく、もう一回り若い男性の方がメインシェフ。
女性の方も本日の男性シェフもとってもお料理好きなのが見ていて伝わります。
「お料理が大好き、っていう感じですね。」と声をかけたら
「そりゃそうですよ~。うちにいるのはみんなそうですよ~!」と、とてもいい笑顔で答えて下さいました。

前回、色んなこだわりが詰まってそうだと感じたお店。
今日は、オープンキッチン内の床の低さについて教えていただきました。
オープンキッチン内の床を低くすることで、カウンターに座っているお客様と同じ目線に立つことが出来ます。
また、カウンターのお客様がキッチンの様子をやや見下ろす構造となります。
ここにもシェフの想いがあるそうです。

続きを読む

PageTop

この雰囲気、どこかに似てる~三越前『シグネチャー』

三越デパートのお隣、マンダリンホテルの37階。
東京の東側にあって、西側の眺望をのぞめるホテルは恐らくこちらだけ?
12月の休日、ミシュランガイドに掲載された眺めの良さそうな写真に魅かれ、三越前『シグネチャー』を訪問しました。
案内されたテーブルは、窓際から2列目。
景色を楽しみたいとはいえ、無用な紫外線は不要の私にはちょうど良い席です。
P1020122(1).jpg


この日ご一緒した方は、ウニ、エビ、カニが苦手な方。
なかなか安上がり。
そこで、この日はこれらの食材が含まれていない一番お財布に優しいコースをチョイス。
5000円(サービス料10%別)です。

続きを読む

PageTop