Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

点心ランチと貴女の笑顔~麻布十番「中国飯店 富麗華」

休日お昼時の麻布十番。
入れ替わり立ち替わり人が出入りするお店があります。
それが、麻布十番「富麗華」。
中国料理の二つ星レストラン。

ディナータイムには、それ相応の雰囲気があるのだけれど、ランチタイムは本当に良心的。
ビックリするくらいカジュアルなお値段で、みんなを楽しませてくれるから、いつも大勢の人でにぎわうお昼時。
お客様の中心を占めるのは、付近の家族連れ、付近のカップル、少し遠くから来た(と思われる)友人同士でしょうか。
カップルのお客様もいらっしゃいますが、メインターゲットではないようです。

そんなお店に、この日は女性同士で訪問。
ランチタイムの王道(?)としての使用方法。
他にもたくさんの女性グループがいらっしゃる中、他のテーブルとの違いは、飲み物。
中国茶を楽しむグループが大勢の中、私たちのテーブルにはワイン。

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

清楚な中華~都立大学「チャイニーズレストランわさ」

いつかは行ってみたいレストランだったこちらのお店。
予約困難だそうですが、とりあえず、と、お電話したのは訪問予定日の1か月前。
運良くあっさりと予約が取れ、8月のある休日、半信半疑で初訪問を果たしました。

都立大学から歩くこと10数分。
小さなお店の入り口には、「本日満席につき…」の張り紙。
予約困難店を実感したのは、お店の中に足を踏み入れる数秒前という失礼な(?)私でしたが、ちゃっかり&しっかり堪能してまいりました。

ワインリストにわくわくしながらも、まずは生ビールをオーダー。
いただいたのはカウンターのお席。
中華料理らしい調理場の炎を眺め、油の音をBGMに、以下のお皿を楽しみました。
なお、事前予約のアユの春巻きのみ、写真は省略。
御主人が手から手へと渡して下さった春巻きは、せっかくですので、熱々をそのまま楽しみました。

続きを読む

PageTop

ワインとヘルシー中華~表参道『エッセンス』

12月のとある休日、遅めのランチを楽しみに向かった先は珍しく中華。
ワインと中華、をテーマに表参道の「エッセンス」にお邪魔しました。
私にとって「中華」のイメージは比較的こってりしたお皿。
ですが、こちらのお店はちょっと違います。
とてもヘルシーなお店と聞いていた通り、出されたお皿のほとんどは、(あくまで私にとっては)「家庭料理」のイメージ。
毎日でもいただけそうなとても親しみやすいお料理たちでした。

アミューズは白子の油淋ソース。ボイルした白子にゆずの風味が合わさって季節感いっぱいの味わい。
いただいていたシャンパーニュよりは、枯れ気味の白が合いそう…ということで熟成された80年代の白を一緒にいただきました。
P1030664(1).jpg

続きを読む

PageTop

平日夜の煌めき~新橋『桃花源』

新橋駅近くの小奇麗なビジネスホテル。
その2階に位置するのが中華料理の『桃花源』。
HPを見ますと、中心ジャンルは四川料理のようですが、メニューには北京ダックや各種点心も。
幅広く中華料理を扱っていらっしゃる万人向けのお店のようです。

食の好みがわからない方との会食に便利なジャンルが中華。
お住まいのわからない方との会食に便利な場所が銀座。
ということで、この日は初めてお食事の席を共にさせていただく皆さまと一緒にこちらのお店を初訪問。
幹事たるもの一度は訪問したことのあるお店から選ぶべし、というポリシーも(ほんの)わずかに持っているのですが、比較的寛大な方々に甘えて初訪問のお店の中からチョイスさせていただきました。

お店に入ったのは19時。
これから御出勤と思われるお姉様たちとご飯を共にする恰幅の良いおじ様たち。
そんなテーブルがちらほら。
平日夜のきらびやかな銀座の光景の一端を目にすることができるこちらのお店。

続きを読む

PageTop

宴会利用でお邪魔しました~六本木『御膳房』

中国の雲南省ってどこだろう???
と思いながらも、宴会をセッティングしたのは、個室で円卓というコンセプトが宴会を盛り上げてくれるかしら?と思ったから。
また、幹事の立場から考えれば、金額の終着点を睨みながらアラカルトで色々頼むよりも、飲み放題付き7800円(税金等すべて込み)という均一料金は有り難いもの。

というもっぱら幹事目線で選んだこちらのお店。
中華料理の円卓では、大皿から小皿へ取り分けを行うのも幹事業務?のうちと思っている私ですが、こちらはすべてのお料理を小皿に取り分けて出していただけます。
その点でもとても幹事に優しいお店です。
その甲斐あって(?)ハイスピードで消費されるビールと紹興酒をお注ぎするという幹事業務とたくさんの方との会話のみに専念し楽しい時間を過ごさせていただきました。

なお、飲み放題メニューにはワインはなし。
あったとしても頼まない気もしますが、とりあえずこの日はかわいらしく杏露酒のソーダ割りで。
ワインかサワーしか飲めないって…やっぱりちょっと偏食な気もします。

続きを読む

PageTop