Key’sRoom~キャリアも大切にしたい私たちの輪!!!

わかりやすく、面白く~九段下「トルッキオ」

とても難しいことを優しい言葉で伝えるのは、本当に頭を使うことだと思っています。
それに比べて、本当においしいお料理には、優れた才能と長い経験とたくさんの工夫が必要だけれども、伝えるのはほんの一瞬で済みます。
とにかく食べる。
それで、即座に伝わります。
けれど、その一皿の成り立ちを伝えるのはとても難しいこと。
だからレストランではその一端だけを切り取って伝えます。
調理方法に興味がある人には調理方法を、イメージに興味がある人にはそのお皿に込めたイメージを、バックグラウンドに興味がある人にはそのお皿が生まれた地方の話を…
どの部分を切り取って伝えるか、ここにセンスがあるように感じます。
おいしいお皿をおいしく食べてもらえるよう、この部分でシェフとサービスの方との二人三脚の成否が決まるのかな、と思うことがあります。

ずっと訪問したかった九段下のトルッキオ
訪問した方の感想の中で、パスタのおいしさを真っ先に挙げる人が多いことから、わかりやすい美味しさを伝えるのがとても得意なお店だと期待しての訪問
昔からのリピーターが多いことから、きっと味またはサービスに面白さがあるのだろうなと期待しての訪問

最初の入りはちょっと硬かったけれど、最終的には期待通りにわかりやすく、面白いお店だったトルッキオ
またきっと再訪する、そんな予感を残したお店でした
ピエモンテの白ワインと合わせていただいたお料理は以下の通り
コース前に見せていただいたアラカルトの場合の食材たち



しかし本日は、一休を通して予約させていただきました、とてもお得なコースです

イワシのベルディッキオ


生ハム、サラミ、ナスのカポナータ、カルパッチョ、マリネ、カプレーゼ



キャベツ、からすみ、イカのタリオリーニ



霧島豚のロースト



本日のワイン、グラススパークリングのあとはずっとこれで通しました



トウモロコシのタルトとフルーツポンチ



わかりやすく、面白く
次回はそんなトルッキオのパスタを存分に楽しみたく、アラカルトで訪問しようかなと思いました。
ありがとうございました。

トルッキオイタリアン / 九段下駅市ケ谷駅半蔵門駅

夜総合点★★★★ 4.0

スポンサーサイト

PageTop

品質の良い日本のワインを知るために~長野「ヴィラデストカフェ」

ここ数年の日本ワインの品質の向上には目を見張るばかり
ほんの数年前に、やっぱりまだまだだわ、と思った方にも、もう一度試してみていただきたいもの
記憶の中のワインとは思えないクオリティが絶対にそこにあるはずで、それが今の日本ワインの進化のスピード

そんな全体的な底上げの大きな要因となっているヴィラデストワイナリー
エッセイストの玉村さんが立ち上げたワイナリーという話題性だけではありません
特にシャルドネの品質に見られるクオリティの高さ
諸外国のように、ワイナリーを人々の憩いの場として演出しているという試み
その他いろいろなきっかけを作ったのが玉村さん、詳細は、ここでは関係ないので省略しますが…

日本の中ではだいぶヨーロッパ寄りの気候の東御の地
育てるブドウはヨーロッパ品種が中心
併設したカフェで出すのはフレンチのコースとそんな東御の地でワイナリーが作るワイン
それを、販売価格と同じお値段で楽しませていただけるのがヴィラデストカフェ

この日はグラスでほぼすべてのワインを試しつつ、、、いただいたのは以下のお皿たち
アミューズとして新玉ねぎとベーコンのパイ
野菜の前菜(アスパラのムース、温泉卵、蒸し煮の野菜、ワラビたちのサラダ)
ハーブ鶏をヨーグルトマリネして焼いたメイン
レモンのムース、ココナッツアイス、メロンのスープ

こちらに訪問するのであれば、少し早めの予約がおすすめ
窓際のお席にご案内いただければ、広い窓からワイナリーを下に望みつつ、開放的な気分でお食事を楽しむことができるから

ひとつひとつのワインが比較的高価なワイナリー
無料試飲はなく、テイスティングをするなら、こちらのカフェで有料オーダーとなります
それであれば、ランチと共に味わったほうが数倍面白いのでは?
というのが私の意見

こちらのワイナリーの出現によって、新たなワイナリーのチャレンジャーが全国に続々生まれていると聞きます
そんなみんなに対する支援の意味も込めて
また来年、日本ワインのクオリティ向上を確認しに、お邪魔したいと思っております
本日はありがとうございました。

ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリーフレンチ / 田中駅大屋駅

昼総合点★★★★ 4.4


PageTop

2016.1.9(土) 薬膳中華でワインディナーの会 in 外苑前 (満席)

外苑前の薬膳中華にてワイン会を企画しました。参加人数によりますが、メンバーから供出いただく流通数の少ない日本の白ワイン、管理人からはフランスワイン、オーストラリアワインを出して雑多に楽しみたいと思います。

日時:1月9日(土)18時00分~3時間程度

場所:外苑前の中華料理(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:アラカルト

ワインの本数は一人1本を目安に持ち込む予定です。

会費:ワイン代として、持ち込み代とワイン代を合わせ5~6千円/人に調整したいと思います。これに料理代を足してお会計としたいと思います。オーダーするお料理の料金にもよりますが、合計で1万円強くらいかと思われます。

続きを読む

PageTop

2015.3.11(水) 持ち込みワイン会 in 薬膳中華レストラン【残1】

週の真ん中ではありますが、すでに定例となりつつある薬膳中華のお店の持ち込みワイン会を開催します。安定した化学調味料なしの美味しさにワインをに合わせます。この日にワインを味わえる幸せをかみしめつつ開催します。

日時:3月11日(水)19時30分~3時間程度

場所:外苑前の薬膳中華レストラン(店名はお送りしているメールでご確認ください)

お料理:6500円(税別)のお任コース

ワインの本数は一人1本を目安に持ち込む予定です。

会費:一人13,000円(食事・税金・サービス料・ワイン代・ワイン持込料・ワイン配送代などすべて込み)

続きを読む

PageTop

ワインと共にがお勧めです~赤坂「オステルリースズキ」

9月平日のランチタイム。
付近のオフィスから吐き出されるビジネスパーソンでにぎわう時間帯。
例えば1000円未満ならお店には行列ができていて、例えば1000円台なら少し待てば座れそうで…
もう少し頑張って2000円台なら確実にすぐにお席に案内されて、そこまで混み合わない店内で本物のお料理をいただける。

こちらのお店があるのは、相場観としてはそんなエリア。
だから、この日私が選んだお店のスペシャリテ牛ほほ肉のワイン煮込みを味わっている間、店内に付近の混雑の様相は皆無。
平日の混み合う時間帯にも関わらず落ち着いた時間を過ごすことができました。

本来はワインがあってこそのお料理なのですが、この日はウィークデーのためお水でいただいたお料理。

サラダにアンチョビドレッシング

牛ほほ肉のワイン煮込み
本来は絶対にワインと共に!と思う本当にしっかりした味付けなのですが、それがこの日はかないません。
贅沢な時間をいただいている代償というには、少し大きかった気もします。

デザートはビュッフェ形式で、好きなものを3つ選ぶ方式。
私が選んだのはこんなお皿。

ランチタイムにもかかわらず、最後にはシェフにご挨拶をいただき、恐縮しながらお店を後にします。
急階段の下に表れるこちらのお店。
フレンチ好きな方でしたら、皆さんきっと名前は聞いたことがあるはず。
ランチでも、ディナーでも楽しめると思うのですが、訪問するなら、ぜひワインの飲める時間帯に。
私の心からの後悔を繰り返してほしくないほど、ワインを引き立ててくれる素敵なお皿がありました。
私も次回は絶対にワインをいただきたいと思います。

オステルリー・スズキフレンチ / 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

PageTop